社内ゴシップの渦。「あの人、不倫してそう」と噂される40代女性の特徴って?

「あの人、絶対に不倫していそう」と周囲に陰口を叩かれるのは、アラフォー女性にとってあまり名誉ではない噂です。不倫をしているわけでもないのに、いえ、仮にしていたとしても、ヒソヒソと面白おかしく噂をされるのは、やっぱり避けたい女性が多いはず。

ところで、実際に不倫をしているかはともかくとして「あの人、絶対にそうよ!」と、不倫の噂を流されやすい女性には共通項もあります。

そこで今回は、周りから「あの人は、不倫しているに違いない」とあらぬ噂を立てられやすい40代女性のちょっとした特徴に迫ります。

 

1:上司や同僚などの“既婚者”に気軽にスキンシップしてしまう

 

ベタベタとしたスキンシップではなくとも、軽口をたたいた上司や冗談を口にした既婚者の同僚に気軽にスキンシップする習慣があると「あの人、不倫していそう」の疑惑を向けられやすい傾向にあります。

一般的には、職場の同僚男性へのスキンシップは意識的に避ける女性も多く、相手が既婚者となればなおのこと。そこをやすやすとスキンシップしてしまう姿には、妙な“既婚者慣れ”のオーラが出てしまうというわけです。

本人としては、コミュニケーションの一環、場を和ませるため、などの理由があったとしても、周囲の女性の目は思いのほか厳しいのでご注意を。

 

2:恋愛や婚活の話を不自然に避ける

 

若い頃とは異なり、年齢を重ねるごとに“恋バナ”をしなくなる女性も増えますが、あまりにも恋愛や婚活の話が出てこない40代独身女性には「なにか訳アリなのかも?」なんて邪推する人も。

みんなが恋の話を始めると一貫して聞き役に回って自分の話は何を尋ねられてもひた隠しにしたり、結婚願望について訊かれても「それほどでもないかしらね」なんて含みをもたせた言い方で煙に巻いたような返答を返したり。

同僚にはプライベートをあまり明かしたくないだけだったとしても、その場の雰囲気を崩すかのようにこの手の話題に不自然なガードを張ってしまうと「不倫しているから?」なんて思われやすい傾向にあるので、気をつけて。

冗談ぽくでも「結婚したーい」のひと言やふた言を口にしておけば、簡単に疑惑(!)は払拭できます。

 

3:結婚している女性を“目の敵”にした発言をする

 

「専業主婦なんて、何が面白いのかしら」「結婚のせいで容姿に気を使わなくなる40代女性って、本当にかわいそう」など、結婚している女性をまるで“目の敵”にするような発言をしている女性には、周囲は違和感を覚えると同時に「なんか事情があるのかしら?」と感じるもの。

単なる非婚主義者だったとしても、“結婚している女性”に敵意をむき出しにしているあたりに、不可解な事情を推測してしまうのです。

誰かに「あんな風に“妻”を悪く言うなんて、もしかして不倫している負け惜しみ?」と思われた時点で、あらぬ噂の対象へも向かいやすいので、気をつけて損はありません。

 

「あの人は、不倫していそう」と噂になるのは名誉なお話ではないだけに、社内ゴシップの渦には巻き込まれたくないもの。そんな噂を聞きつけて「ならば俺も」なんて、既婚者から言い寄られる引き金にもなるだけに面倒です。

不倫なんてしていないのに「きっとしているに違いない!」と言われてしまう女性は、些細な言動がキッカケになっていることも少なくありません。お心当たりのあった女性は、ぜひ“ちょっとした言動”を変えてみて。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

男がひと目でギョッとする…「ダメな40代おばさん」にありがちな化粧ポーチのダメ中身3選

深い仲になった女性の持ち物は、意外と細かい部分まで、チェックしている男性も少なくない実情にあります。「この子は、もしかして浪費家かもしれない」「持ち物を見る限りでは、いい加減な女性っぽいな」など、持ち…

呆れてモノも言えない…男が心底ゲンナリした40代女性の「非常識メール」3選

今どきは、メールよりもLINEでコンタクトをとる男女が一般的。でも、まだLINEのアカウントを交換していないタイミングでは、メールでのやりとりも一般的。特に、名刺交換だけを済ませている間柄だと、名刺に書かれて…

ゲッ、この女とは付き合いたくない…男が見た40代女性の「ダメなバッグの中身」3選

日々の持ち物には、性格が出やすいと言われます。仕事やデートに持っていくバッグの中身も、男性は見ていないようで、意外とチェックをしていることが。そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得…

男ウケ最悪!「調子こいてるオバサン」と思われる40代女性のLINE3選

「この女、調子に乗ってるな」と男性たちから思われれば、恋愛にも悪影響。しかし関係が順調に進んでいるときほど、うっかりテンションが上がりすぎて失態をおかしてしまうのも、男女関係にはつきものかもしれません…

お節介オバサンすぎる…男が「余計なお世話」だと思った40代女性の気づかい3例

「良かれ」と思って、彼にしてあげたことでも「余計なお世話」と感じさせてしまう言動は、意外とあります。40代女性ともなると、経済的にも経験値的にも若い頃と比較して余裕があって然るべきですが、女性が彼のため…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もたくさん。本格的な遠出をして、ホテルステイ…

シェアドコスメって知ってる?男性と一緒に使って愛を深めて♡

彼や夫とシェアして使えるアイテムがあると、今よりももっと大きな顔(!)をしてデイリーの美容に取り組めると思っていらっしゃる40代女性も、決して少なくないのではないでしょうか。実際、限られたスペースを埋め…

やっぱりデパコスは頼りになる…!40代が「ガチ自腹買い」して大満足だったこの秋の名品3選

プチプラコスメにも名品はたくさんあるけれど、デパコスには、40代女性にとって頼りになる名品が揃っているのも、また事実。個人的には、スキンケアでもメイクアップでも、デパートに進出しているブランドのアイテム…

立つ鳥跡を濁しまくりオバサン…二度と会いたくない「デートの去り際」40代女性の3選

デート終盤の去り方によって、その日1日がいい思い出になることもあれば、微妙な感想で終わる引き金にもなるほど、“去り際”は意外と男の脳裏に残るもの。それはまさに「終わりよければすべてよし」になることもある…

気づけば恋愛対象外…! 「ムダに勝気なオバサン」に見える40代女性のLINE

勝気な女性を「強がっている感じが、かわいい」と口にする男性もゼロではないものの、恋人にするとなると「うーん、ちょっとご遠慮したい」などと言い出すのも珍しくないお話。友人としてなら許せても、自分のパート…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事