社内ゴシップの渦。「あの人、不倫してそう」と噂される40代女性の特徴って?

「あの人、絶対に不倫していそう」と周囲に陰口を叩かれるのは、アラフォー女性にとってあまり名誉ではない噂です。不倫をしているわけでもないのに、いえ、仮にしていたとしても、ヒソヒソと面白おかしく噂をされるのは、やっぱり避けたい女性が多いはず。

ところで、実際に不倫をしているかはともかくとして「あの人、絶対にそうよ!」と、不倫の噂を流されやすい女性には共通項もあります。

そこで今回は、周りから「あの人は、不倫しているに違いない」とあらぬ噂を立てられやすい40代女性のちょっとした特徴に迫ります。

 

1:上司や同僚などの“既婚者”に気軽にスキンシップしてしまう

 

ベタベタとしたスキンシップではなくとも、軽口をたたいた上司や冗談を口にした既婚者の同僚に気軽にスキンシップする習慣があると「あの人、不倫していそう」の疑惑を向けられやすい傾向にあります。

一般的には、職場の同僚男性へのスキンシップは意識的に避ける女性も多く、相手が既婚者となればなおのこと。そこをやすやすとスキンシップしてしまう姿には、妙な“既婚者慣れ”のオーラが出てしまうというわけです。

本人としては、コミュニケーションの一環、場を和ませるため、などの理由があったとしても、周囲の女性の目は思いのほか厳しいのでご注意を。

 

2:恋愛や婚活の話を不自然に避ける

 

若い頃とは異なり、年齢を重ねるごとに“恋バナ”をしなくなる女性も増えますが、あまりにも恋愛や婚活の話が出てこない40代独身女性には「なにか訳アリなのかも?」なんて邪推する人も。

みんなが恋の話を始めると一貫して聞き役に回って自分の話は何を尋ねられてもひた隠しにしたり、結婚願望について訊かれても「それほどでもないかしらね」なんて含みをもたせた言い方で煙に巻いたような返答を返したり。

同僚にはプライベートをあまり明かしたくないだけだったとしても、その場の雰囲気を崩すかのようにこの手の話題に不自然なガードを張ってしまうと「不倫しているから?」なんて思われやすい傾向にあるので、気をつけて。

冗談ぽくでも「結婚したーい」のひと言やふた言を口にしておけば、簡単に疑惑(!)は払拭できます。

 

3:結婚している女性を“目の敵”にした発言をする

 

「専業主婦なんて、何が面白いのかしら」「結婚のせいで容姿に気を使わなくなる40代女性って、本当にかわいそう」など、結婚している女性をまるで“目の敵”にするような発言をしている女性には、周囲は違和感を覚えると同時に「なんか事情があるのかしら?」と感じるもの。

単なる非婚主義者だったとしても、“結婚している女性”に敵意をむき出しにしているあたりに、不可解な事情を推測してしまうのです。

誰かに「あんな風に“妻”を悪く言うなんて、もしかして不倫している負け惜しみ?」と思われた時点で、あらぬ噂の対象へも向かいやすいので、気をつけて損はありません。

 

「あの人は、不倫していそう」と噂になるのは名誉なお話ではないだけに、社内ゴシップの渦には巻き込まれたくないもの。そんな噂を聞きつけて「ならば俺も」なんて、既婚者から言い寄られる引き金にもなるだけに面倒です。

不倫なんてしていないのに「きっとしているに違いない!」と言われてしまう女性は、些細な言動がキッカケになっていることも少なくありません。お心当たりのあった女性は、ぜひ“ちょっとした言動”を変えてみて。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

自覚のない「恋は盲目」にご用心…! 離婚する男の3大傾向がアンケート調査で判明

今は、離婚歴のある男性と、交際を考えたり実際にお付き合いをしたりする40代女性も少なくない時代。本来であれば、一度は「生涯を添い遂げる」と決めた相手とは、何があろうとも運命をともにするのが理想ではあるも…

気づけばゴールインも…! 40代で大恋愛を掴んだ女性たちが「意識的に変えていたこと」3つ

ここ最近、アラフォーから40代女性までのご縁を立て続けにつなぐ機会に恵まれた私が思うのは「男女はなんだかんだ言って、収まるべきところにちゃんと収まるのだな」という点です。20代や30代前半までは“いい恋愛”と…

僕は遠慮します…男が引く40代女性の「私ってこんな人」アピール3パターン

40代ともなると、いわゆる“雑魚モテ”と呼ばれる不特定多数からのモテよりも、狙った相手からの“本命モテ”を求めたい女性も増えてきます。真剣交際できる相手を探していたり、婚活を成就させたいと考えている場合には…

ソレは勘弁! 男がドン引きした、40代独女3つのお泊りコーデ

外で会うデートを経て、“お泊まりデート”にまで進展する関係になれば、意中の彼との間柄も「順調に進んでいる」と思えるもの。こんなシチュエーションに臨むとき、20代の頃よりはドキドキしなくなっている40代女性だ…

安っぽいオバサン…!? ゴージャス狙いで「むしろ貧相になる」40代のNGメイクテク3つ

デートやちょっとしたイベントごとがある日のメイクでは、普段よりも“ちょっとゴージャス”な仕上がりを狙いたくなるものです。ところが、そんなシチュエーションでこそ、40代が陥りがちなワナも!自分では華やかなメ…

「キミのことはもう女として見られない…」40代女性がやらかす3大NG美容とは!

デイリーの美容で愛用しているグッズを見て、恋人や夫が「それ、今ここでやる必要あるの?」なんて内心で毒づいている……そんなシチュエーションって、実は結構「あるある」です。美容術は、どんなテクであれ「やらな…

気づけば男が引いていた!? 「育ちが悪い40代女」と思われるダメファッション3例

40代になったとしても、男性たちからは「育ちが悪そう」と思われるよりも「育ちが良さそうな女性だ」と思われたほうが嬉しいのが、私たち女性の本音。他方で、巷の男性たちが第一印象で抱く感想って意外と辛辣でもあ…

紹介話がザクザク舞い込む!? 「ほったらかしでモテる」40代女性のSNS写真ってこんな感じ

先日、紹介話を断られやすい40代女性の“顔”にまつわる印象を書きましたが、一方で、写真のイメージがいいというだけで「この女性を、紹介して!」と男性が群がる女性もいるのが真実。言ってみれば「ほったらかしでも…

気づけば一生シングル…!? 「紹介話を断られる」40代独女の写真とは?

40代ともなると「これまでの生き様が、顔に出る」なんて言われることもあります。異性との出会いのシーンでは、パッと見の“表情の印象”が、想像以上に重要と言っても過言ではありません。最近では、SNSでの写真投稿…

真夏にありがち…! 男性が青ざめる「40代独女のドン引き部屋」3つの例

夏場は部屋の中を片付けるのも、億劫に感じがち。意中の彼を自宅に招くシーンでは、普段より自らのチェックが甘い部屋に通すハメに陥りやすい季節でもあります。ところで、そんな“たまたま片付いていなかった部屋”に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事