「させて頂く」とメールに書くのがこれだけ失礼なワケ

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうしていけないなのか、お答えします。

 

「させていただく」のルールとは

「させていただく」については、文化庁の見解があります。

・相手側、または第三者の許可を受けて行う場合
・そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合

この2つの条件がある場合だけ「させていただく」が適切だとしています。
文化庁 文化審議会答申より

「させていただく」」は、こちらが何かを依頼して、それが許可された時に使うのが適切とのこと。

例えば

  • こちらがお願いして、部屋をお借りした時の「使わせていただく」
  • こちらがお願いして、資料を写した時の「写させていただく」

などはOKです。

こちらの記事に詳しく書きました。

メールでも同様です。

言葉にすると、「させていただく」が連発していることが「SASETE」の音と共に印象に残りますが、文字にした場合にも「させていただく」は7文字の繰り返しになり、相当目障りです。

  • ……つきましては、この件を再検討させていただきます。なお、代替案がありましたら、こちらからもメールを送らせていただきます。そちらでも意見が出ましたら、 拝見させていただきますので、お知らせください。

このように「させていただく」が連続している例もけして少なくありません。
へりくだっているつもりが、大変しつこい印象を与えてしまいます。

 

「させていただく」連発予防対策は?

実はこの「させていただく」が付いている動作は、許可がいらないことがほとんどです。ですから、「させていただく」が連発してしまった時は、思い切り省くのがいいのです。

先ほどの例文

  • ……つきましては、この件を再検討させていただきます。なお、代替案がありましたら、こちらからもメールを送らせていただきます。そちらでも意見が出ましたら、 拝見させていただきますので、お知らせください。

こちらを直してみましょう。

  • ……つきましては、この件を再検討します。なお、代替案がありましたら、こちらからもメールを送ります。そちらでも意見が出ましたら、 拝見しますので、お知らせください。

ね。スッキリしたでしょう?

 

「させて頂く」は誤用!?

さて、「させていただく」と7文字も使うことでしつこさが出ると判断し、「いただく」を漢字「頂く」や「戴く」に直してしつこさを回避しようとする人もいますが、これは実は、文法的に間違いなのです。

「いただく」には二種類あります。

  1. 「いただきます」「いただきました」の「いただく」
  2. 「〇〇していただく」「〇〇させていただく」の「いただく」

1の「いただく」は、「もらう」の謙譲語です。この場合は漢字で書いてOKです。

  • プレゼントを戴いた。
  • 有り難きお言葉を戴く。

2の「いただく」は補助動詞なので、基本的にはひらがなで書くのがルールになります。

平成22年 内閣訓令第1号 – 公⽤⽂における漢字使⽤等について

ここに挙げられている例は、考えもなく漢字にしている場合も多いので、一度チェックをしてみると良いと思います。ちなみに、私の文章指導では「この言葉はひらがなで書くのよ」と指導しています。

上の訓令より引用。各業( )の右側に漢字にした例を書いてみますね。

次のような語句を,( )の中に示した例のように用いるときは,原則として,仮名で書く。
ある(その点に問題がある。)×在る
いる(ここに関係者がいる。) ×居る
こと(許可しないことがある。) ×事
できる(だれでも利用ができる。) ×出来る
とおり(次のとおりである。) ×通り
とき(事故のときは連絡する。) ×時
ところ(現在のところ差し支えない。)×所
とも(説明するとともに意見を聞く。) ×共
ない(欠点がない。) ×無い
なる(合計すると1万円になる。)×成る
ほか(そのほか…,特別の場合を除くほか…)×他
もの(正しいものと認める。) ×物
ゆえ(一部の反対のゆえにはかどらない。)×故
わけ(賛成するわけにはいかない。) ×訳
・・・かもしれない(間違いかもしれない。)×かも知れない
・・・てあげる(図書を貸してあげる。) ×て上げる
・・・ていく(負担が増えていく。) ×て行く
・・・ていただく(報告していただく。) ×て頂く←これです!
・・・ておく(通知しておく。) ×て置く
・・・てください(問題点を話してください。)×て下さい
・・・てくる(寒くなってくる。) ×て来る
・・・てしまう(書いてしまう。) ×て仕舞う
・・・てみる(見てみる。) ×て見る
・・・てよい(連絡してよい。) ×て良い
・・・にすぎない(調査だけにすぎない。)×に過ぎない
・・・について(これについて考慮する。)×に付いて

 

連発しないこと漢字に直さないこと、以上2点について、気をつけてみましょう。ぐっと素敵なメール文になると思います。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる女のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺います」「明日、オフィスに参ります」。どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなので…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

みんな間違えてる「ご存知」「ご存じ」。どっちが正解?

「このことを知っていましたか?」という内容を相手に聞きたい場合、敬語表現としては、次の二つが考えられます。 このことをご存知でしたか? このことをご存じでしたか?さて、どちらが正しいでしょう。正解は「…

「ごゆっくりお買い物ください」は微妙に失礼!さて正解は?

「資料を用意してほしい」時。「ゆっくり買い物をしてほしい」時、敬語表現を使うとどうなりますか?このような単純なお願いを敬語で表現する場合、次のどれが良いでしょうか。 資料をご用意して下さい。 資料をご…

知らないと恥ずかしい!「くださる」「いただく」どっちが正しいの?

毎度ご来店いただきまして、誠にありがとうございます。 毎度ご来店くださいまして、誠にありがとうございます。さて、どちらがより正しい日本語でしょうか。確かにたまに行くデパートで流れるくらいなら、それほ…

「ご用件は?」「お名前をお伺いしても?」知らずに言いがちな失礼対応

仕事の用があって電話をかけた時、希望する相手が不在で「ご用件は?」と聞かれたことがある人も多いはず。確かに相手にしてみたら、留守中に電話があったことだけを伝えるよりも、その内容を伝えた方が良いのでしょ…

こんなとき「お世話になっております」が失礼に?メールの書き出し

ビジネスメールは用件第一、用件を早い段階で書くべきだという考えもありますが、面と向かって話す場合と違い、メールは文字がすべてですので、ぶっきらぼうな印象にならないようにする気遣いも大切です。ただし、だ…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中で声をかけることもあります。仕事で新しい…

「すみませーん」と語尾を伸ばす話し方が絶対NGな理由

「すみませーん」「先日お話しした件なんですけどー」「おねがいしまーす」どこの職場にも、語尾を伸ばす人って、いますよね。また、接客業にも語尾を伸ばす人がいて、こちらの方には良く出会います。「いらっしゃい…

「お客様が参りました」この敬語はどこが間違いでしょうか?

春です。真新しいスーツに身を包んだ新社会人の方を多く見かけます。会社には徐々に馴染んでいこう!仕事の内容はゆっくり覚えていこうと思っていても、実際に取引先やお客様と直接会う機会もありますよね。そんな時…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並みに敬語を使われる立場になりました。同じ立…

気をつけて!感情を表す言葉のダメな使用例「号泣」「失笑」あと1つは

「号泣する」 「失笑する」 「琴線に触れる」これら感情を表す言葉を間違って使っている人に出くわします。しかもこれらの言葉は人間の喜怒哀楽に関わる言葉なので、タイミング悪く間違えるとそれこそ「失笑」されま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事