究極の「頑張らないダイエット」に50歳目前でたどり着く

スポンサーリンク

ダイエットは「運動習慣」「面倒な食事ルール」が重要。でも頑張ることに疲れたら、頑張らないダイエット法はいかがでしょう?

【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.21

前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」アラフィフ藤井。今から1年半前、16/10/3の第1回では63.8㎏をマーク、その後も思い出したように連載は続き、前回の第20回では59.0キロとようやくじわじわ変化が!しかし不健康になりつつあり、ドクターストップ。やはり藤井の努力は報われないのか?

 

私が成功した「意地でも頑張らない」ダイエット

お久しぶりです。

前回で気の抜けたダイエットにドクターストップがかかりましたが、元気にしております。もうね、腹が立つレベルで健康。悲しくなるほど健康。

 

身内とコネを駆使して「結果が出るまで時間かかってもいいから健康にやせる方法」で頑張ってきたのに、ドクターストップですよ。無理してないのに体内が「無理!やめて!しんどい!」と叫ぶ、この情けなさよ。

 

そんなわけで年末年始も「ダイエット?知るかよ!」ってな勢いで暮らしてました。今も継続してます。

 

とはいえリバウンドもきてないですね。

 

さらに言うと、周りには「あれ、またやせた?」と言われております。少し考えてみると、ドクターストップから実行していることが3つありました。その3つがコレです。

 

・さっさと寝る。

・きちんと食べる。

・楽しいことを中心に選ぶ。

 

3つ目が曖昧ですが、早い話が「快楽に忠実な生き方を選ぶ」ですよ。私はそれほど快楽のバリエーションもないんで、そのとき何をしていたいかを単純に選んでいるだけです。「素敵な殿方と楽しい時間を過ごすことかしら?」みたいな人生を送ってみたかった……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

HEALTHに関する最新記事