#79  婚活アプリあるある。ドタキャン、バックレがつきもの!?【40代編集長の婚活記】

40代・独身・恋人いない歴8年以上。婚活を始めてみるもいろいろ残念なところもあって、付き合う人すらできないまま1年半が経過しているOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活アプリで知り合ったメガネさんとメッセージを交換すること1カ月。ついに初めて会うことに……!

これは40代独女の、実名+顔出しで書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

待ち合わせは千駄ヶ谷のカフェ

ある土曜日。待ち合わせは千駄ヶ谷のカフェ。メガネさんの目印は、紺のニットに黒縁のメガネ、そして青い表紙の本を持っているということ。

13時57分、約束の時間の3分前にカフェに着いた。ドキドキしながらドアを開け、店の中に入った。一人の男性が声をかけてきた。

もしかしてメガネさん!

……じゃない、店員さんだった。

「お待ち合わせでしょうか?」

はいと答えると「どうぞ、店内ご覧ください」と言われ、メガネさんらしき人を探した。紺ニットに黒縁メガネの男性……。カフェの店内は7割くらい埋まっていた。楽しそうにおしゃべりをする女性たち、見つめ合っているカップル、スマホをいじるおひとりさま女性。男性の一人客が……いない。

 

窓際の席で待つことに

メガネさんはまだ着いていないようだった。まだ待ち合わせ時間のちょっと前。

「まだ来ていないようなので」と店員さんに告げ、空いていた窓際の席につく。アプリを立ち上げてメッセージを確認するが、メガネさんからの新しいメッセージはなかった。

アサミ「お店に着きました。入って右の窓際の席にいます」

念のため、自分が座っている場所を伝えておいた。

約束の14時を過ぎた。メガネさんはまだ来ない。

お店のドアが開くたび顔を上げて、ドキドキしながらメガネさんかどうか確認する。けれど、入ってきたのは女性客と男女のカップル。5分くらいの遅れはよくあることだもんね。

 

まさかの婚活アプリあるある⁉

5分が経った。メガネさんはまだ来ない。

スマホを見る。メガネさんからメッセージは届いていないし、私が送ったメッセージも既読にはなっていない。ちょっとだけ不安になる。ドタキャンされたなんて……ないよね?

7分が経った。メガネさんはまだ来ない。

メッセージは相変わらずのままだし、念のため店内をぐるっと見回しても男性の一人客はいない。メガネさんに何かあったのかなという不安と、エリートさんのときのような25分という大幅な遅刻ではという不安と、もしかして騙されていたのではないかという不安が交互に脳裏をよぎる。

それに、以前婚活アプリでの待ち合わせあるあるで聞いたように、店の外から遠目でチェックして、私にがっかりしてバックレたとか?

 

待ち合わせから10分経過、さすがにおかしい⁉

10分経った。

怖くなって婚活アプリを立ち上げた。ドタキャンなの? バックレなの? もう一度メッセージを送ろうか……。スマホの画面をじっと見ていたところ右上から声がした。

「アサミさん……ですよね?」

顔を上げた。紺のニットに黒縁メガネの男性がいた。

メガネ「はじめまして。メガネです。すみません、お待たせしちゃいましたよね」

よかった。メガネさんがきた! 何かあったわけでも、騙されたわけでもなかった……!

アサミ「はじめまして。アサミです」

婚活アプリで知り合って約1カ月。やっとメガネさんと会えた……!

 

まさかの告白に笑ってしまう

待ち合わせ時間にだいたい10分遅れ、と思っていたら

メガネ「すみません、僕、あっちに席とっていて。けっこう早く着いてたんですけど、トイレにいたんです」

アサミ「え?」

メガネ「恥ずかしい話なんですけど、緊張のせいかちょっとお腹痛くなっちゃって。席、こっちに移動してきますね」

思わずクスッと笑ってしまった。

アサミ「はい。ありがとうございます」

緊張って……私との待ち合わせで? 45歳の大人の男性だけれど、メガネさんをちょっと可愛いと思ってしまった。奥の席からダウンジャケットを抱えてメガネさんが移動してきた。ホントに先に着いていたんだ。

 

脳内で写真とリアルを比較する

テーブルをはさんでメガネさんと向かい合って座る。

婚活アプリの写真と比べると……ちょっとオトナだわ。顔立ちの印象は変わらないけど、肌の質感、ところどころ白髪が混じっている。どうしても肌や髪をチェックしてしまうのが美容編集者歴23年の癖。

ま、でも45歳なんてこんなもんか。同級生にはもっと老けている人いっぱいいる。写真よりも+5歳くらいって感じ? 思えば写真が45歳にしては若かった気がする。写真だと肌のキメとかわからないもんね。

でも、大幅に印象が違うわけではない。逆に、メガネさんから私はどう見えるのだろう。やっぱり写真よりはオトナかな(笑)。

 

メガネさんとの初の会話は

メガネ「改めまして、メガネです。いきなりお待たせしてすみませんでした」

アサミ「アサミです。いえいえ、大丈夫です。緊急事態ですから(笑)」

メガネ「いや、初めてお会いするのにカッコ悪くて恥ずかしいです」

アサミ「昔からお腹が弱いほうなんですか?」

メガネ「実は……わりとそうなんです。受験の前とかもお腹痛くなったことあります」

アサミ「私、そんな緊張する相手ですか?」

メガネ「緊張しますよ! 僕、こういう経験、初めてだし。アサミさん、なんかハイクラス感っていうか、失礼なことしちゃいけなそうな雰囲気だったので」

アサミ「ハイクラス感? 私、そんな雰囲気ありますか? こんなんですけど」

思いがけず起こったメガネさんの腹痛アクシデントのおかげで(?)、彼との会話は和やかにスタートした。

 

【ついに始まったメガネさんとのデート! この続きは来週2月14日(水)17時をお楽しみに!】

 

【前回はコチラ】

#78  40代でも婚活アプリはイケる? 独女がリアルにやってみたら【40代編集長の婚活記】

【一気読みならコチラ】

40代編集長の婚活記まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク