老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である口元は、実は老化が一番出やすいパーツだそう。新たな視点のアンチエイジング美容を提唱する顔筋ケアのパイオニアKatsuyo(かつよ)氏が、口元のコリのほぐし方を伝授します。

 

口元のコリはココにある!

201609130001

A:鼻と唇の間。この部分に”コリ”があると、縦に細いシワができてしまいます。考えごとをしたり不機嫌なときに「んー」っと口をすぼめる人は”コリ”ができやすい場所です。

B:唇のすぐ下。この部分に”コリ”があると、肌表面がボコボコに。無意識にあごに梅干しをつくるクセがある人は注意。

C:口角。ガンコな人や考え込みやすい人、営業スマイルでいつも笑っていなければならない人に”コリ”が発生しやすい場所で、ほうれい線のシワを深めてしまいます。また、片方だけでかむクセがある人は、片方だけに”コリ”がうまれ、顔の左右差が大きくなります。

D:口を閉じたときに、口角の横から下にかけてでるマリオネットライン。うっすらでもラインが出てくると、老け顔を招いてしまう場所です。自分の感情を抑えて、ストレスを感じるなどして、口のまわりに力がかかることでできやすくなります。

     1C4A0024

では、実際に自分の口元のどこに”コリ”があるのか探してみましょう。消せるボールペンの消しゴム部分など、細かいものを肌にあて1㎝ぐらいの幅でボールペンを横に動かしてみてください。コリコリと音を感じるところが”コリ”です。この音が大きいほどこっている証拠。もし”コリ”の音がしなければ、少しボールペンを浮かせて位置を変えて再度動かしてみましょう。”コリ”のない部分をいくらケアしてもムダです。”コリ”的確に探しあてることが、”コリほぐし”の第1歩になります。

口元のコリのほぐし方の基本ルール

 

20160917008

1.使うのは、人差し指の第2関節の曲げた部分

手をグーの形にして、人差し指をやや浮かします。コリのある部分に人差し指の第2関節をあて、ピンポイントでほぐします。

2.痛気持ちいいくらいの力を入れる

自分でコリをほぐそうとすると、手加減をしてしまいがち。こんなに強くやってもいいの?というくらいの強さで行ってもかまいません。正しくコリをほぐしたあとは、じんわり熱を感じます。ほぐし終わったあとに熱を感じるかどうかを力かげんの目安としてみてください。

A:鼻と唇の間のほぐし方

20160917001

How to do

★の位置からスタート

1.上唇のすぐ上の溝の部分に、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.ひとさし指の第2関節で、しっかりと押します

3.力をかけたまま、口角に向かって真横に指を動かし、鼻の下の溝を開くように指を滑らせます。

4.少しずつ指の位置を上にずらし、①~⑤までを同様に3セット行います。

歯ぐきを感じる深さまで力を入れるのがコツです。若いうちは肉厚なのでシワが目立ちませんが、年齢とともに肉がそげ落ち、肌が薄くなりシワシワが目立つようになる前にケアを始めましょう。

B:唇のすぐ下のほぐし方

1C4A0295

How to do ★の位置からスタート

1.下唇とあごの間のくぼみに、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.人差し指の第2関節で、しっかりと押します。

3.力をかけたまま、口角に向かって引き上げるように指を動かします。

4.少しずつ指の位置を上にずらし、①~⑤までを同様に3セット行います。

歯ぐきを感じるほどの力でしっかり行いましょう。この部分は、大きなコリが目立つ場所。老けて見えるだけでなく、見た目にも美しくないので、コリをつぶしなめらかできれいな口元を手に入れましょう。

C:口角のほぐし方

1C4A0300

How to do ★の位置からスタート!

1.口角の横に、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.ひとさし指の第2関節でしっかりと押し、溝を感じたらその部分をつぶすように動かします。

コリを引っかけてつぶすイメージで行いましょう。

D:マリオネットラインのほぐし方

1C4A0304

How to do ★の位置からスタート!

1.口角の真下よりやや内側、フェイスラインのあご骨の上に、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.ひとさし指の第2関節で、しっかりと押します。

3.力をかけたまま、マリオネットラインを切るように、シワに対して90度の角度で内側から外側に、指を動かします。

4.少しずつ指の位置を上にずらし、①~⑤までを同様に3セット行います。

歯ぐきを感じる深さまで力を入れましょう。いつの間にかふかくなってしまったマリオネットラインは、一筋縄ではほぐせません。ここではマリオネットラインに対して垂直に、切るようにほぐしていきましょう。内側から外側に向かって、ひとつひとつコリをしっかりとつぶしましょう。

「口元は、老け顔か否かを左右する要の場所」とKatsuyoさんは断言します。いつものスキンケアに口元のコリほぐしをとりいれてみてはいかがでしょうか?

▼関連記事▼

〉〉目尻のシワもほうれい線もほおのたるみも、元凶は◯◯◯だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart1】

katsuyo10988

Katsuyo(かつよ)
顔筋コーディネイト®考案者、美容研究家、美容サロン・スパメニューコンサルタント。
2000年に「スペリアルサロン」を東京・南青山に設立。過去1万回以上の施術を通じて、顔筋(表情筋)のトラブルに多数向き合い、
現在は、講演活動をはじめ個人の顔筋診断やメソッド指導も行っている。
顔筋コーディネイト®の施術は、国内外にて幸せ顔・愛され顔づくりのプロとして定評あり。

逆引きアンチエイジング_表紙(や3.6M)

『逆引き アンチエイジング事典』
Katsuyo(かつよ)著
定価:本体1,300円+税
発売日:2016年9月2日(金)
判型・ページ数:四六判・160ページ
ISBN:978-4-07-417303-7
http://books.rakuten.co.jp/rb/14379023/

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気|ボブヘアランキング

今年の秋冬ヘアは、柔らかさを意識した、ちょっと女っぽいシルエットが人気です。カラーは引き続き暗めが旬。中でも注目度の高い「女っぽいボブ」の人気スタイルは? そのアレンジは? ボブにまつわる人気記事ラン…

メルカリ初心者はまず100均でコレ買って!「ラクラク梱包アイテム」5選

さて、そろそろ季節も変わり、絶好の断捨離タイミングですね!そんなときフリマアプリを使って不要なものを手放す方もいるのではないかと思います。「フリマアプリって興味はあるけれど、何を用意して始めていいかわ…

間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち?|オトナの常識ランキング

わかっていそうで意外と知らない「マナー」。クイズ形式のテレビ番組にはつい見入ってしまいますよね。オトナサローネでも「オトナの常識」シリーズが大人気ですが、一番読まれているのは…?実は、お葬式や結婚式の…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事