ピンク苦手な40代が選ぶ、春の「キレイ色」コーデ【編集長アサミの自腹買い】 

桜も咲いて、すっかり春の陽気になりました。OTONA SALONE編集長アサミです。春のファッション、みなさんはどんなお買い物をしているでしょうか?

さて、40代女性の「リアル」を追求しているOTONA SALONE。

私は毎週、40代婚活のリアルを「40代編集長の婚活記」でお届けしておりますが、今月からは「お買い物のリアル」もお届けしていこうと思います。

題して【編集長アサミの自腹買い】。まずは、3月のファッションからスタートしましょう。

 

40女、ピンクが着られない問題

春だから、キレイ色が着たい! 3月に入ってそんなテンションが高まっていました。冬はどうしても黒、紺、グレーなど重めのカラーの服が多かったので、とにかく、今年の春らしいキレイ色が欲しい、と。

「春はピンク、やうやう白くなりゆく……」と詠んだのは清少納言だったでしょうか(※ピンクじゃなく、あけぼのです)。毎年、春になると判で押したように「春の流行色はピンク!」という文字がメディアで踊り出します。

しかし、ピンクという色は誰にでも手をだせるような代物ではございません。「ピンク=女子=かわいい=モテ」みたいな刷り込みを幼少の頃からされていて、そっち路線じゃなく生きてきた人間としてはピンクを着るなんて畏れ多くてできないのです。

 

ピンクが苦手でもOKな「キレイ色」といえば

40年以上、女子っぽくなく、かわいくなく、モテない人生。つまりピンク似合わない系の女として40年以上生きてきましたから、いくら春といえど流行といえど、ピンクを着るという行為はハードルが高い。そんな人間にとって救世主である春のパステルカラーといえば、ペールブルー、つまり水色です!

パステルカラーの中でも水色は、クール、さわやかといった印象を与えます。春らしい淡い色だけれど、いわゆる女子っぽいとかモテ系のイメージではありません。なのでパステルカラーが流行色になるたびに、水色の服を取り入れてきました。

ですが……!

気づいてしまったのです、最近。40代になって、前よりちょっと水色が似合わなくなってきたんじゃないかってことに……。私はパーソナルカラー診断でいうところのイエローベース肌のオータム。40歳ちょいくらいまでは何色を着ても感じなかった「くすむ」問題が浮上してきたのです。

ブルーベースの肌のかたには似合う水色。イエローベースの私が着ると、なんかくすんで見えることに気づいてしまったのです!

 

40女でもくすまない!春の「キレイ色」

Abahouse Devinetteの展示会にて。グリーンのニットが素敵!

ピンク、水色、ラベンダー……春らしいキレイ色が着たい。けれど、ピンクは苦手。水色やラベンダーはくすむ気がする。そんな私にもイケるかもしれないと思ったのが「グリーン」です。S/S展示会のときから新緑のようなフレッシュグリーンがなんだか新鮮に感じました。

FEMIND TOKYOの展示会にて。グリーンのパンツがオシャレ!

同じグリーンでも、秋冬の落ち着いたディープグリーンとはまた違いますよね。さわやかな印象になります。トルソーで合わせている白やベージュはもちろんですが、手持ちのブラックやネイビー、グレーの定番色と合わせても、グッと春らしいコーデになります。

 

自腹買いしたのは「グリーン」のスカート!

自腹買いしたIENAのグリーンレースタイトスカート。

そんなわけで私がこの春に買った「キレイ色」アイテムが、グリーンのレースタイトスカート。IENAのものです。鮮やかなグリーンがキレイだったのと、レースが素材感が上品で、見た瞬間に即決しました。

この春はレースもトレンドのひとつ。いろいろなブランドから発売されていますが、選ぶときに40代としては気を付けたいポイントがあります。特に、タイトスカートの場合は!

やわらかい質感のレースタイトスカートを選んでしまうと、カラダの肉感をひろってしまってムチムチになってしまうんですよね。スレンダー体型のかたならそんなことはないんでしょうが……。でも、このレースタイトスカートは、レースの素材が厚めかつかため。だからカラダの肉感をひろわないんです。40代からは同じようなアイテムだとしても、洋服の「質」というか、「素材選び」が大事な気がします。

春のキレイ色、私は「グリーン」から始めました。もちろんピンクに抵抗ないかたはピンクをおすすめしますし、水色だって素敵です。私も水色は、ちょっとくすむけど着ていますし(笑)。

そんなわけで、【編集長アサミの自腹買い】毎月不定期ですが更新してまいります!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、ど…

#128 彼の「本音」がわからない。ついに疑惑を確認する⁉【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE編集長・アサミは46歳・独身。恋人いない歴9年の恋愛ご無沙汰女子。44歳で婚活をスタートさせてからまもなく2年半になるけれど、ゴールはまだ遠い。現在、ジェントルさん(アーティスト・49歳・バツイチ…

#127 2回目デートで急接近⁉ そのとき独女が思ったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活をスタートさせてからまもなく2年半になるが、いまだに恋人もできず。恋人いない歴は9年以上になる。2回目のデートとなったアーティストのジェント…

#126 どうなる?はじめての銀座・婚活デート【40代編集長の婚活記】

「今年こそ結婚する!」 新しい年を迎え、そんな決意をするかたもいらっしゃることでしょう。46歳・独身・恋人いない歴9年、婚活歴2年超えのOTONA SALONE編集長・アサミは、今年こそ結婚できるのか⁉進行中の婚活相…

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります。ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。…

#125 私って何なの? 2回目デートでいだいた不安【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。人生初の婚活をスタートさせてから2年以上経つが、恋人さえできないまま月日は経過。仕事で知り合ったらしきジェントルさん(49歳・バツイチ・子持ち・ゲ…

何を着る? ホテルラウンジでデート。ドレスコードとNGコーデは?【オトナの婚活コーデ】

オトナの婚活では、デートの待ち合わせ場所がホテルのラウンジということがあります。ラグジュアリーなカフェバーで優雅にお茶デートです。「何を着てったらいいの?」と悩む女性に、婚活歴2年以上のOTONA SALONE編…

40代からは「品のある口元」が大事! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・リップメイク編】

「オトナの品格は口元にあらわれる」。そんな言葉を聞いたことがあります。確かに口元がルーズになっていると、ちょっと頼りない印象を受けますよね。40代、キャリアを積んで責任ある仕事をしているオトナ世代。口元…

#124 どうなの? デートの途中に仕事をはさむ男って【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、そう一筋縄ではいかない。46歳・独身・恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミは婚活すること2年以上。いまだに結婚のゴールは見えない(それより先に本ができた・苦笑)現在進行形なのは、49歳…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

美人見えのカギは肌づくり! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事