なぜか疲れて見える、老けて見える理由はなんと◯◯◯にあった!

「お疲れみたいですね」。そう言われることが増えたのは、ここ2年くらいでしょうか。そんなときに限って、むしろ睡眠時間がたっぷりとれていたり、栄養バランスもとれていたりで、自分的には疲れていないのに。肌の調子がとりたてて悪いわけでもない。目の下にクマがあるのはここ5年以上のお約束。なのにどうして今日は疲れて見えるのでしょうか……。オトナの女性のみなさん、同じように思ったことはありませんか?

他人からの印象にギャップがあるのはなぜ?

Young woman looking herself reflection in mirror at home

その一方で、「肌ツヤツヤですね」と言われる日もあったりします。とってもうれしいんですけど、そんなときに限って睡眠不足だったり、自分的には肌の調子はあまりよくないと思っていたりもします。なのに、疲れて見えない模様。自分で感じる実態と、他人からの印象にギャップが生じるのはどうしてなのでしょうか?

理由がわかりました。原因は、「服の色」! パーソナルカラースタイリストの矢吹朋子先生によれば、自分に似合う色を着ているか、それとも似合わない色を着ているかで、「お疲れに見える」かどうかが決まるのだそうです!

肌がキレイに見える色=疲れて見えない!

Girl choosing shoes in her wardrobe

パーソナルカラー診断というのを聞いたことがあるでしょうか? もともと持っている「1.肌質」、「2.虹彩(瞳の色)」、「3.髪の色」の3つの要素の調和から似合う色のグループを見つけ出すものです。ただ、現代はヘアカラーをしている人がほとんどなので髪の色はあまり加味せず、「顔映りがよく、肌がキレイに見えるトップスの色」を3つ目の要素として診断を行うのだとか。これで導き出された自分に似合う色が「新・パーソナルカラー」となります。

似合う色とは、好きな色やキレイな色というわけではなく、肌の色ムラの悩みをカバーしてくれる「補色」です。肌のくすみを隠してくれたり、目のクマを感じさせない色のことをいいます。

若く見えるも、やせて見えるも色次第

Young woman searching what to wear in a wardrobe

10~20代の頃の若い肌はたいして色ムラなんてありませんから、何を着てもくすんだり疲れて見えたりしません。好きな色やトレンドカラーを思いっきり楽しめるのは若さの特権なのです。ところが、30代くらいからホルモンバランスが変化してくるので、今まで感じなかった肌悩みがどうしても出てきてしまいます。だから、着る服の色によって「疲れて見える」「くすんで見える」「老けて見える」はもちろん、「顔が大きく見える」「太って見える」といった残念な印象になってしまうことがあるのです。

そう、大人になったら好きな色やトレンドカラーというだけで服を選んではいけません! 大切なのは似合う色かどうか。似合う色の服を選んでいれば、顔映りがよく美肌に見えるわけですから、若く見えたり、透明感が出たり、小顔に見えたり、やせて見えたりもするわけです。肌悩み多き40代ともなれば、このルールに乗らないテはないでしょう!

新・パーソナルカラー診断とは?

160712easami001

出典:『美人だけが知っている似合う服の原則』 矢吹朋子著

新・パーソナルカラー診断では、「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」の4グループに分類されます。

まずは肌の色や気になる肌悩みなどから、イエローベース/ブルーベースの2つに分かれます。クリーム系の肌色ならイエローベース、ピンク系や白っぽい肌色ならブルーベースです。

さらに、表皮が薄く顔に赤みが出やすければ、ソフトタイプ、あまり赤みが出ないしっかりとした肌質ならハードタイプに分かれて、このかけ合わせで上記の表の4グループになります。各タイプのイメージはこんな感じです。

スプリング:春のお花畑や新緑をイメージさせる、明るく活発な感じ。若々しくキュートな印象。

サマー:夏の紫陽花や朝顔、海をイメージさせる涼やかで透明感のある雰囲気。ソフトでエレガント、知的な印象。

オータム:紅葉、森林などをイメージさせるナチュラルで包み込むようなやさしさが特徴。大人っぽくつややかな女性らしさ。

ウィンター:雪やポインセチアのイメージ。鮮やかでインパクトがあると同時に、落ち着いたピュアな印象もあり。

 

やっぱり5歳くらい、若く見られたいですから!

Pensive beautiful young woman desiding what to wear

新・パーソナルカラー診断で、私は「オータム」でした。オ―タムの人が似合う色は暖色系で濃いめの色が多く、いわゆる淡いパステルカラーはあまり似合わないようです。

「お疲れみたいですね」と言われたときに何を着ていたか思い出してみました。あのときの私は、ペールブルーのシャツやラベンダー色のニットを着ていました。つまり、私の肌をカバーしてくれる「補色」ではないため、肌がくすんで見えてしまっていたのです。逆に、褒められたときはテラコッタ色やカーキ色。オータムに似合うパーソナルカラーを着ていたのです。

高校生のころに流行った歌の「好きな服を着てるだけ、悪いことしてないよ」という歌詞よろしく、基本的に好きな服を着てきましたし今後も着ていきたいと思うけれどそれはデザインの点ということにして、色は似合うものを選ぶようにしていこうと思います。加齢による影響は否めないお年頃ですもの、「疲れて見える」「くすんで見える」「太って見える」というのは、できるだけ避けたい。若作りするほどではありませんが、やっぱり5歳くらいは若く見られたい願望、ありますから……。

 

【CHECK!】

OTONA SALONEで矢吹朋子先生による新・パーソナルカラー診断イベントを実施します。

詳しくはこちら!

パーソナルカラーで 「−5歳見え」&「やせ見え」SALONE

矢吹朋子先生の著書はこちら!

221862

書籍名:『美人だけが知っている似合う服の原則』
著者:矢吹朋子
ジャンル:ファッション
発売日:2016/04/01
ISBN:9784074140848
判型・ページ数:A5・144ページ
定価:本体1,200円+税
アマゾンはこちら 
hontoはこちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

植松晃士 大人の夏ファッション、40代女性こそ〇〇が大事!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。いきなり夏日が続いてファッションが追いつかない!という方も多いのでは?今回は、夏に向けてのファッションについてお話させていた…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

#111「婚活に悩む」独女、結婚できるか占ってみた【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年超えの恋愛“ご無沙汰女子”が40代の婚活をやってみたらどうなる? OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活を始めて早2年。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、さまざまな婚活に挑んできた。…

初めての婚活パーティは「品よく見える」を意識【オトナの婚活コーデ】秋

婚活パーティや婚活デートのときって、何を着ていったらいいのでしょうか。正直、モテもデートも意識せず、40代まで自分の好きな服を選んできた、OTONA SALONE編集長アサミです。しかし、なんだかんだで婚活歴2年。…

#110 婚活に「行き詰まった独女」の駆け込み寺とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えのだいぶ“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。「40代の婚活」を始めて早2年、婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、さまざまな婚活に挑んできた。最近になって…

#109 ご無沙汰な独女が「個室婚活でマッチング」した相手とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男…

30代では知らなかった! 「40代の髪と肌」に起こった6つの現象【40代からの美容道】

39歳と40歳、それはほんの1年の違いです。たった1年、されど1年……。30代と40代の間にはただ数字上での違いだけではないさまざまな変化があるようです。OTONA SALONE編集長アサミ、現在46歳。まだ40代の途中ではあり…

#108 婚活で「また会いたい」と思うポイントって?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの、OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男性と1:1での会…

#107 婚活2年でわかった「結婚相手に求める条件」【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。恋人いない歴は9年以上、婚活歴は2年。さまざまな婚活にいそしむも、いまだ恋人すらできず。この夏、はじめて参加した「個室婚活」は、区切られたブースで1:1で5分…

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事