面倒なのは最初だけ!ほったらかしでお金が貯まる方法、試しませんか?

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の対象者がぐーんと拡大し、加入できるようになった方も増えました。また、2018年1月から、払い込みの月などを選べるようになったため、より利用しやすくなりました。今回は、このiDeCo(イデコ)について解説します。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)は、「じぶん年金」

 

 

イデコは、国民年金や厚生年金と同じく年金ですが、この2つと異なる点は「自分で決めて、自分で運用する」という「じぶん年金」なのです。

 

簡単にいいますと、5000円から限度額の範囲ならば、自分で月々の金額を決めることができますし、自分で運用方法を決めることができるという年金なのです。

 

 

「イデコ」は会社員ならメリットいっぱい

 

 

イデコは、驚きの節税効果があります。月々5,000円を1年間拠出すると、合計6万円になります。この金額丸々「所得控除」になります。

 

「所得控除」という難しい言葉は、ざっくりいいますと、収入から引きますよ、ということです。ですので、住民税や所得税が20%の方は、このイデコをするだけで、6万円の20%である1万2000円が年末調整で返ってきます。

 

また、会社によっては天引きをしてくれるところもあります。天引きはお給料から自動的に引かれますし、口座から毎月決まった日に引き落とされるので、特に払い込む手間もありません。

 

そして、一度投資先を決めたら、毎月そこに投資してくれます。

 

私は2017年1月から20,000円づつ始めましたが、自動的に引き落とされ、合計24万円投資されていました。

 

 

やり方も最初がちょっと面倒なだけ

始める方法

・証券会社や銀行などを選ぶ(1か所のみです)

・書類を請求する

・書類を記載する(自分で)

・職場の担当者に記載してもらう

・提出する

というステップをふみます。

 

 

証券会社や銀行などを選ぶ

 

1か所しか選べませんので、慎重にいきましょう。後から変更できますが、手続きが面倒なので、おそらく変更しないと思います。そのため、できるだけ納得できるところを選びましょう。

 

選ぶポイントは口座管理手数料と扱っている金融商品(運用先)です。

 

口座管理手数料は各銀行などが設定できます。競争激化により、無料としているところも多くなってきています。メガバンクでは条件付ですがみずほ銀行が無料にしています。

 

この手数料を余分支払うと、せっかく運用で増えたのに、マイナスになることもあるからです。

 

そして、金融商品です。元本保証型からそうでないものと2パターンありますが、各金融機関でラインナップが異なります。

 

 

書類を請求する

 

金融機関を選んだら、そこでの手続きに従って、書類を請求しましょう。インターネット上ですと、入力したものが書類に印字されて、記入の手間が省けることもあります。

 

気になった金融機関のいくつかを請求して、見比べることもできます。

 

 

書類を記載する

 

書類が送られてきたら、必要事項を記載します。自分が毎月拠出する金額を決めることができます。また、毎月ではなくても、例えば年2回ボーナス時期に合わせることもできます。

 

ひとつ注意点としては、60歳までやめておろすことができません。ここだけ留意が必要です。金額は後から変えることができますので、無理のない金額で始めることがおすすめです。

 

 

職場の担当者に記載してもらう

 

会社勤めの方は、会社の担当者に記載してもらう欄があります。天引きかどうかも、ここで判明します。

 

 

郵送などで提出する

 

書類の記載が完了したら、提出します。あとは、手続き完了を待ちます。

 

 

投資先(運用方法)を選ぼう

手続きが完了したら、インターネットでログインして、投資先(運用方法)を決めます。複数選ぶことができ、どこにどれくらい(割合)を指示できます。

 

筆者の成果は?

ちなみに私は、日本株と先進国(主にアメリカ)株を50%づつで運用していますが、2017年末の結果はとてもよかったです。その後相場が荒れたので、これを執筆している時点では、0.3%。元本割れしていません。24万円の20%を計算すると、そもそも4万8,000円くらいは節税効果を受けています。結構大きいですよね。

 

面倒そう!どうにかして!という場合は、窓口へ

よく分からないかたは、実店舗があるイオン銀行(口座管理手数料無料)やみずほ銀行(条件付で口座管理手数料無料)の窓口でアドバイスをうけてみて考える、という方法がありますよ。

 

ぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

そのレシート捨てないで!「お金に変わる領収書・レシート」はコレ

確定申告の季節が終わり、花粉症が猛威をふるっているこの時期……。ぜひしておいてもらいたいことがあります。それは、医療機関はもちろんのこと、市販薬に関しても、領収書やレシートを捨てないで保管しておくことな…

お財布の買い替えどきって?2018金運最強の「春財布」はこの日に!

いつも節約しているのに、お金が思っているより貯まらない。神頼みや縁起を担ぎたい。そんな方に向けて、春ならではの金運を引き寄せる方法をお伝えします。縁起はいいほどいい。「春財布」は最強!春にお財布を買っ…

確定申告、間合わなかった人もあきらめないで!まだお金は戻る

毎年、受付開始がニュースになるほどの確定申告。2017年度は終わってしまい、「すっかり忘れてた!」という方もいるかもしれません。でも、まだ間に合うかもしれません。「自分には関係ない?」あるかもしれません。…

今年こそ100万貯める!「利息のリターン以上」なお得おもしろ定期預金5選

お正月のドタバタも落ち着き、ボーナスで買わなければいけないものや、予定していた支出が無事に済んだころでしょうか? 今年こそは100万円貯めたい、でもただ貯めるだけじゃつまらない。「面白い定期預金で貯めた…

買わないで!新年の運気が下がる「ダメ福袋」3つの見抜き方とは

12月から1月2月と、セールや福袋の登場に心躍り、ついつい財布のヒモも緩みがちです。でも、待ってください。買うときはわくわくしても、結局着なかった、使わなかった、という場合もあるのです。そうなると、お得な…

東京メトロ利用者は通勤定期を買うと損、は本当?年間1200円の損って何?

あなたは通勤定期を購入していますか? もし答えがイエスの場合、「学生時代の学割定期の感覚でそのまま購入」していませんか?学割定期の場合、割引率が高いため、買わない選択肢はないのですが、通勤定期の場合、…

安物買いの銭失いって本当?ブランドバッグの費用対効果を考える

世の中に「安物買いの銭失い」という言葉があります。この言葉は、安いものを買っても、質がそれほどよくないためにすぐ買い換えなければならないことから、結局のトータルコストはかかってしまうため却って損になっ…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はどのくらい貯金をしているのでしょうか?気に…

最新統計に見る「女性の平均年収」の低さ。なんでこうなるの?

今年も国税庁から平均年収に関する統計が発表されました。今回はこの「平成28年分民間給与実態統計調査」をもとに、気になる「みんなの平均年収」を見ていきましょう。女性は毎年平均年収が低い結果になっていますが…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもしれませんよ。今回は、このバスの通勤定期券…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事