40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。

「でも、アレンジできないからスタイリング時間がかかってめんどくさい!」

そんな声もチラホラ。確かにボブは髪がハネやすく、スタイリングなしで外出するのはちょっと難しそう。でもそれは単なる偏見。ボブだって、案外アレンジできちゃうんですよ。

今回は最近ボブにカットしたばかりの鈴木さんが、自らの髪を使って解説。現在ボブの人も、これからボブを考えている人も、このアレンジは必見です!

 

ふんわりトップの清楚系ハーフアップ

まずは一番汎用性の高いハーフアップ。表面の髪をまとめるだけなので、毛量も長さもさほど必要なく、簡単に作れます。ジャマな前髪もスッキリさせられ、トップにボリュームも与えれば若々しい印象もプラス。1分もあれば簡単に作れるので、不器用さんでも安心です。

 

1 トップの毛束を1つにまとめ、ねじってピンで固定

はちから上の毛束を真後ろで1つにまとめ、根元を軽くねじります。ねじった毛束を上に軽く押し上げてから、ねじった部分をピンで固定。毛束を押し上げることで、トップにふんわり感が生まれます。ピン先をねじった毛束の間に入れて、下から上に向かってさします。表面にピンを見せることなく、しっかり固定するベストな方法です。

 

2 まとめた毛束の左右を指で広げる

まとめた毛束のピン上の左右の毛束を、指でゆっくり広げます。この部分を広げることで、下の髪と段差が少なくなり、美しいシルエットになります。広げるときは、少し下に引っ張る感じがベスト。最後にサイドの毛束を耳にかけます。

 

完成したアレンジがこちら

スッキリした顔まわりと、ふんわりトップで上品な横顔を獲得。耳をかけることで、ハーフアップ部分との調和を図ります。奥行きのあるデザインなので、伸ばしかけのボブにも有効的。ハーフアップはリフトアップ効果もあるため、写真撮影など、ここぞという日のアレンジにもうってつけ!

 

後れ毛を生かした色っぽ系まとめ髪

肩上では結べる量が限られるし、結んだところでみっともない! そんな認識を覆すアレンジです。ポイントは、サイドに残す後れ毛とヘアアクセ。この2つの項目をクリアすれば、ボブでも、そして大人の女性でも、しっとりとしたまとめ髪を楽しむことができますよ!

 

1 サイドの毛束を多めに残してゴム結び

使うゴムはバレッタつき。短い髪の場合、普通のゴムで結んでしまうと貧相な印象を与えてしまいます。髪が少なくで毛束が短いので、上からバレッタをかぶせるとすぐに外れてしまうのでNG。シュシュも結んだ髪との比率が合わず、しかも外れやすいのでNGです。

 

2 サイドの髪にワックスをつけ、3〜4本の束を作る

多めに残したサイドの毛束に、ワックスをつけます。束感が出たら、この束を指で3〜4本にさきます。さいた毛束がボサついたら、さらにワックスをつけて束感を。毛先は指でカールを作って。カーブがつきにくい人は、ストレートアイロンでワンカール。

 

3 一番後ろの毛束を耳にかける

最も後ろ髪に近い束を耳にかけます。襟足の後れ毛を作ると、正面から毛先だけがチラ見えして、愛らしい雰囲気に。サイドの後れ毛もだらしなく見えず、スタイリッシュなデザインに仕上がります。最後に毛先のカールを整えて完成です。

 

完成したアレンジがこちら

ハーフアップのアレンジでも確認済みかと思われますが、鈴木さんの髪は肩上。なのに、まるで肩下まであるようなまとめ髪に大変身! 結んだ毛束がチョロっとでも、バレッタつきのゴムなら美しい後ろ姿に。暑くなるこれからの季節にもぴったりなアレンジです。

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

ゴムだけでおしゃれまとめ髪!5分以内の簡単ヘア人気トップ3

髪は切りたくないけど、ブローやスタイリングに毎日貴重な時間を取られるのはイヤ! そんな女性の強い味方といえば、やっぱりヘアアレンジですよね。そこで今回は、大人女性にオススメしたい時短アレンジをご紹介。…

脱オバサン感!いつもの「ひとつ結び」がオシャレになる簡単ちょい足し5選

アラフォー女性で最も支持されているまとめ髪といえば、ササっと仕上がる1本結び。でもシンプルすぎるがゆえに、結び方によっては生活感丸出しの手抜きヘアに見られてしまうことも。とはいえ、無駄に凝ったアレンジ…

髪を「早く伸ばす」4つの法則とは? オバ髪でも効果アリ!

「40歳を過ぎてから、髪の伸びが遅くなったような気がする……」そんなふうに思っている女性、意外と多いのでは? 実際、40歳を迎える頃から毛髪の加齢化は顕著化するため、若い頃のような成長が見られなくなるのは仕…

白髪発見ピンチ! 染めずにできる白髪対策3選

ちょっと前の話になりますが、近藤サトさんの白髪染め卒業が話題になりましたよね。メッシュのような白髪と黒髪がキレイに混ざり合った髪。本当に素敵で、思わずうっとり。「私も真似したいなぁ」なんて思ったけど、…

ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

これからの季節。髪の悩みで一番に挙げられるのが「髪の乾燥」。若々しい髪に欠かせないツヤを失ってしまっては、オバ髪まっしぐら!油分多めの太髪・剛毛な私でも、40歳を過ぎたら髪の乾燥に悩まされることに。すぐ…

パーマをかけずにふんわり髪に見せるヘアデザインスタイル7選

40歳を過ぎると、髪のコシが突然なくなって、ペチャンコヘアに悩まされていませんか?46年間剛毛・太毛・そして硬い毛の私でも、最近では髪の分け目がかなりはっきりしてきました。なので、本来ならパーマをかけてふ…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシ…

【結べないボブ】も「ちょいアレンジ」で5歳若見え!4つの正解

寝ぐせがつきにくく、手入れが簡単な肩上カットのボブスタイル。でも、オバさんボブなんて陰口叩かれてるかも……?その原因は、ズバリ手抜きスタイリング。「ボブは寝ぐせがついてなければ整ってる」なんて思ってたら…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタイルですよね。でも、ボブって意外と服装が…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけかババ臭い髪型。そんな人は、いま一度スタイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事