54.5%は「国内旅行」…統計でわかった50代からの過ごし方、みんなは何をしているの?

疲れ果てて一日中パジャマのままダラダラ過ごしてなんとなくおしまい・・・という週末を過ごしていませんか? 趣味を持とうと思っても今さら何をしたらよいかわからない、そんな40代の女性のヒントになるデータを紹介します。

 

みんなが一番しているレジャーって何?

「レジャー白書」(日本生産性本部2015年・15~79歳の5万人調査)によると1年に1回以上行った余暇活動1位は54.5%の「国内旅行」でした。

 

1年の平均回数は3.9回、1回あたりの平均費用は2万9000円となっています。二人に一人は年に1回国内旅行に行っているという結果です。

 

「海外旅行」は11.6%で平均回数2.1回、平均費用15万5000円でした。国内・海外旅行は10年前の2005年の頻度とほとんど変わっていません。ご自身と比べていかがでしょうか?その他観光・行楽部門の参加状況はこのようになっています。

 

参加率/年間回数/一回あたりの費用
遊園地           20.9%   2.9回   7860円
ドライブ          43.0%   10.9回   1840円
ピクニック・野外散歩    17.9%   9.8回   1630円
動物園・水族館・博物館・植物園 34.3% 3.2回   3000円

入場パスポートなどが高い遊園地は一回あたりの費用が高めですが、動物園などは割安でのんびり楽しめるので参加率も高くなっているようです。気軽にできるドライブは参加率43.0%と高めですが費用は低くなっています。

 

部門別にみてみると?レジャー参加状況(2015年)

 

・スポーツ部門

参加率/年間回数/一回あたりの費用
ジョギング・マラソン 21.7% 34.0回   320円
トレーニング     15.7% 50.2回   520円
ボウリング      11.8% 6.7回   1370円
水泳         9.5%  23.8回   890円

 

2005年10.3%から15.7%と増えているのがトレーニングです。健康志向が高まり運動に意識を向ける人が多くなってきているようです。一方、ボウリングは25.0%から11.8パーセントにダウン。40代の筆者も20代だった頃、飲み会の二次会にボウリングという流れが多かった気がしますが最近滅多になくなったと感じます。上司が1970年代「中山律子さん」ブームで青春時代をボウリングに捧げた世代だったことも理由かもしれません。とはいえ、最近はシニア・キッズボウリング教室も盛んに行われ年代を問わず楽しめるスポーツとして再注目を浴びています。

 

・娯楽部門

参加率/年間回数/一回あたりの費用
カラオケ       31.3% 6.9回   1590円
テレビゲーム(自宅) 21.5% 41.4回   220円
宝くじ        31.2% 10.2回   1980円
外食         43.5%  16.2回  3350円
バー・飲み屋・スナック 18.5% 12.1回  4280円

 

2005年から大きく変わったのが、バー・飲み屋・スナック。32.6%から半減しました。飲み会の二次会はバーやスナックという流れも減り、自宅でゆっくりくつろぐ「うち飲み」派が増えてきていることが数字にも表れているようです。また、宝くじがレジャーとして扱われていることも発見でした。当たったら何をしようか考える楽しみがある宝くじもレジャーとして楽しむのもありなのですね。

 

50代に向けて、いま何を始めたら?

「レジャー白書」の数値を見てみると、お金や体力がなくても楽しめそうな幅広いレジャーがあることがわかります。50代からの過ごし方を考えるには生き甲斐や楽しみをどこに見つけるかも大切。ライフプランを考えるうえでも、いつどんなことをしたいか「プチドリーム」をイメージしていくと、そのために今から何をしていけばいいかマネープランも立てやすくなっていくものです。

 

普段仕事に追われ、休日は洗濯や家事をしておしまいという時間もいいですが、50代、退職後を見据えて少しずつ「したいこと」探しをしていきましょう。

 

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFPR)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」
http://ameblo.jp/cfp-inamura/
*公式ホームページ「FP For You」
http://snowcake2013.wix.com/fp-yukiko
「(株)クレストコンサルティング」
http://www.crest-cc.co.jp
*公式facebook「FP For You」
https://www.facebook.com/fpforyoucfp

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる…

平均貯金額や結婚年齢、平均体重…「40代女性の平均値」を調べてみた!

自分は自分、他人は他人……とは思っていても、やっぱり世間の平均が気になるというのが人間の欲望。OTONA SALONEでは、知って得するさまざまな「平均」を調べてみました!平…

手取り200万円代でも、1年で100万円貯める3つの方法

収入が少ないんだから貯金なんかできるはずはないと、そもそも諦めていませんか? 貯めている人は手取り年収が200万円代でも1年に100万円貯めています。1年に100万円たま…

超コスパ!「クッキー詰め放題」ステラおばさんのコツを試してみたら…

クッキー専門店「ステラおばさんのクッキー」(アントステラ)は、店頭に30種類ほどのクッキーが並ぶ女性に人気のお店です。100gで486円ほど(おおよそ6〜7枚)なので、1…

1つでも当てはまったらNG⁉お金が貯まらない人の「バッグの中身」は……【今週の人気記事】

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、そろそろ春のムードだからか、ファッション記事が多くランクインし…

たった3つチェックするだけ!誰でもできる【脱カネナシおばさん】作戦

昭和から平成になった時はいろいろ自粛ムードでしたが、平成から令和になったこの10連休はお祝いモード全開!いまだかつてない長期休みにパーッと旅行などのレジャーにお金を使った人も多いのではないでしょうか。散…

ダメ男っぷりがわかりやすい…「お金が貯められない」男、4つの特徴は

ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。日々お金の相談をしていると「こんな彼氏と結婚しようと思うんですがどう思いますか?」と結婚相談所のような展開になることも多くあります。離婚したカップルや自己破…

新しい【貯金箱】を買うだけで「年3万」勝手に貯まる?

3万円あったら何をしたいと思いますか? 温泉に行ったり、服を買ったり、リッチなディナーもできそうです。普段の収入の中からしようするとちょっとためらいがある3万円のプチリッチなことも貯金箱で少しずつ貯めれ…

東京「タダで遊べる」意外なスポット!GW10連休おススメ5選

もうすぐ前代未聞の10連休。もう予定は決まりましたか?すでに旅行の手配をした人は今からワクワクしていることでしょう。でも、忙しくて何も決めていない……お金がないからレジャーなんて無理……という人でも大丈夫!…

手取り年200万台で年100万貯めた人が「やめたこと」は意外にも…

収入が少ないから貯金できないと言い訳していませんか? ファイナンシャルプランナーとして相談を受けていると「この手取りでこんなに貯金してるの!」と感心するツワモノもいます。今回は手取り年収200万円台なの…

節約しなくても勝手にトクする!春のお金新習慣ベスト3

桜の開花宣言がでると、なんだかウキウキ。新しい年度の始まりを感じますね。心機一転新しいことを始めてみたくなり趣味やお稽古ごとの広告も多くなるものです。お金をかけずにお金に好かれることを始めてみませんか…

「お金を引き寄せる人」はいつでもピン札と○○を持っている?

お金のことを教わる機会はほとんどないまま社会人になり、こんな時どうするの?と迷うことはありませんか?スマートなお金の使い方ができれば、他のこともきちんとしていそうな「できる人」に見えるかも。本当のマネ…

1000万円貯めたひとはこれをしていない!節約している「つもり」な3つのこと

こんなに頑張っているのに全然貯まらないのはどうして?と嘆いたり、あきらめたりしていませんか?マネー相談を3000件以上して感じるのは1000万円貯めた人は無理な節約はしていないことです。貯まらない人が陥りがち…

当てはまるなら要注意!「ケチ女」とマネー美人の境界線はここ!

スマートにお金を使って仕事もプライベートもキラキラしているマネー美人。同じようにやりくりしているようでも「あの人ってケチよね」と思われてしまう残念なケースもあります。ケチ女とマネー美人の境界線はどこに…

手取り200万円代でも、1年で100万円貯める3つの方法

収入が少ないんだから貯金なんかできるはずはないと、そもそも諦めていませんか? 貯めている人は手取り年収が200万円代でも1年に100万円貯めています。1年に100万円たまれば10年で1000万円です。実際に貯めている…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事