54.5%は「国内旅行」…統計でわかった50代からの過ごし方、みんなは何をしているの?

疲れ果てて一日中パジャマのままダラダラ過ごしてなんとなくおしまい・・・という週末を過ごしていませんか? 趣味を持とうと思っても今さら何をしたらよいかわからない、そんな40代の女性のヒントになるデータを紹介します。

 

みんなが一番しているレジャーって何?

「レジャー白書」(日本生産性本部2015年・15~79歳の5万人調査)によると1年に1回以上行った余暇活動1位は54.5%の「国内旅行」でした。

 

1年の平均回数は3.9回、1回あたりの平均費用は2万9000円となっています。二人に一人は年に1回国内旅行に行っているという結果です。

 

「海外旅行」は11.6%で平均回数2.1回、平均費用15万5000円でした。国内・海外旅行は10年前の2005年の頻度とほとんど変わっていません。ご自身と比べていかがでしょうか?その他観光・行楽部門の参加状況はこのようになっています。

 

参加率/年間回数/一回あたりの費用
遊園地           20.9%   2.9回   7860円
ドライブ          43.0%   10.9回   1840円
ピクニック・野外散歩    17.9%   9.8回   1630円
動物園・水族館・博物館・植物園 34.3% 3.2回   3000円

入場パスポートなどが高い遊園地は一回あたりの費用が高めですが、動物園などは割安でのんびり楽しめるので参加率も高くなっているようです。気軽にできるドライブは参加率43.0%と高めですが費用は低くなっています。

 

部門別にみてみると?レジャー参加状況(2015年)

 

・スポーツ部門

参加率/年間回数/一回あたりの費用
ジョギング・マラソン 21.7% 34.0回   320円
トレーニング     15.7% 50.2回   520円
ボウリング      11.8% 6.7回   1370円
水泳         9.5%  23.8回   890円

 

2005年10.3%から15.7%と増えているのがトレーニングです。健康志向が高まり運動に意識を向ける人が多くなってきているようです。一方、ボウリングは25.0%から11.8パーセントにダウン。40代の筆者も20代だった頃、飲み会の二次会にボウリングという流れが多かった気がしますが最近滅多になくなったと感じます。上司が1970年代「中山律子さん」ブームで青春時代をボウリングに捧げた世代だったことも理由かもしれません。とはいえ、最近はシニア・キッズボウリング教室も盛んに行われ年代を問わず楽しめるスポーツとして再注目を浴びています。

 

・娯楽部門

参加率/年間回数/一回あたりの費用
カラオケ       31.3% 6.9回   1590円
テレビゲーム(自宅) 21.5% 41.4回   220円
宝くじ        31.2% 10.2回   1980円
外食         43.5%  16.2回  3350円
バー・飲み屋・スナック 18.5% 12.1回  4280円

 

2005年から大きく変わったのが、バー・飲み屋・スナック。32.6%から半減しました。飲み会の二次会はバーやスナックという流れも減り、自宅でゆっくりくつろぐ「うち飲み」派が増えてきていることが数字にも表れているようです。また、宝くじがレジャーとして扱われていることも発見でした。当たったら何をしようか考える楽しみがある宝くじもレジャーとして楽しむのもありなのですね。

 

50代に向けて、いま何を始めたら?

「レジャー白書」の数値を見てみると、お金や体力がなくても楽しめそうな幅広いレジャーがあることがわかります。50代からの過ごし方を考えるには生き甲斐や楽しみをどこに見つけるかも大切。ライフプランを考えるうえでも、いつどんなことをしたいか「プチドリーム」をイメージしていくと、そのために今から何をしていけばいいかマネープランも立てやすくなっていくものです。

 

普段仕事に追われ、休日は洗濯や家事をしておしまいという時間もいいですが、50代、退職後を見据えて少しずつ「したいこと」探しをしていきましょう。

 

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFPR)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」
http://ameblo.jp/cfp-inamura/
*公式ホームページ「FP For You」
http://snowcake2013.wix.com/fp-yukiko
「(株)クレストコンサルティング」
http://www.crest-cc.co.jp
*公式facebook「FP For You」
https://www.facebook.com/fpforyoucfp

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

平均貯金額や結婚年齢、平均体重…「40代女性の平均値」を調べてみた!

自分は自分、他人は他人……とは思っていても、やっぱり世間の平均が気になるというのが人間の欲望。OTONA SALONEでは、知って得するさまざまな「平均」を調べてみました!平…

「共稼ぎなのになぜか貯金ができない」夫婦に潜むお金の危険

二馬力で稼ぐ共働きは一見ゆとりがあるように見えますが、FPである筆者のもとに相談に来られるご夫婦はそうでないケースもあります。では、どのようなカップルは危険なので…

賃貸vs持ち家論争「結婚しないかもしれない」場合の正解は?

一人暮らしの期間が長くなると、これからも支払い続ける家賃を考えれば住宅を購入してローンを返済していった方がお得なのではと、ふと頭によぎる方は多いようです。周りの…

40代女性は保険にいくら使ってる?本当に役立ってる?その結果は!

保険といえば最近では働く女性向けの収入保障保険や貯蓄型の保険が注目を集めています。その一方で、保障内容について加入当初は聞いたけれど、今になってみるとどんな内容…

「私なら1年100万円はこう貯める!」節約女王・FP稲村さんの削りかた

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」と質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでしょう…

プロに「マネー相談」をしてみたい。費用の相場は?5つの方法とは?

お金のことはとても気になりますが友達や兄弟・姉妹など親しい人ほど相談しにくいものです。「マネー相談」に興味はあるけれど、どうすればできるのかご存じない人も多いのではないでしょうか?マネー相談を日ごろ受…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。貯まると勘違いしている「貯まらない習慣」…

お財布も身体も激やせ⁉「断金ファスティング」の簡単な方法 

半日から数日間食事をとらずに我慢し、体内環境をリセットする、という断食「ファスティング」が話題となっています。これと同様に、「お金を使うことを断つ」という断食ならぬ「断金ファスティング」を3日すると、…

お金のプロが選ぶ「100均でホントに買っていいもの」って?

100均グッズを世界の人に使ってもらうという「ヒャッキン!」というテレビ番組を観ているとあらためて100均っていいなと感じます。年度末を迎え、引越しや模様替えで身の回りのものを新調する機会が増えてきます。家…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっしゃいました。どんな貯め方をしていたのでし…

貯金「永遠のゼロ」から脱出するための3ステップとは

年が明けて今年こそ貯金したい!と思っている人も多いのではないでしょうか?現金を使わずにクレジットカードや電子マネーで生活していると「お金を使っている」感覚が薄れてしまいがちです。貯金が「永遠のゼロ」か…

あなたも恐怖のダメ財布かも?節約してもなぜか貯金できない原因とは

年末年始はとにかく出費がかさみがち。ボーナスを貯金しなければと思っていてもあっという間になくなってしまうこともあるものです。FP相談をしていると、「貯めている人」と「貯めていない人」はどちらかに二極化さ…

大掃除で捨てないで!「フリマアプリで意外に高値がつくもの」3選

捨てるのもお金がかかる!売った方が得今年も残すところわずか。気ぜわしい中、大掃除も少しずつしていきたいものです。掃除をしていて出てくるのが不用品ですが、捨てるのにもゴミ袋など処分費用がかかります。自分…

超コスパ!「クッキー詰め放題」ステラおばさんのコツを試してみたら…

クッキー専門店「ステラおばさんのクッキー」(アントステラ)は、店頭に30種類ほどのクッキーが並ぶ女性に人気のお店です。100gで486円ほど(おおよそ6〜7枚)なので、1枚ずつ大事に食べたい贅沢なクッキーのお店…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事