おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率が23.37%、女性の生涯未婚率が14.06%。前回調査(2010年)より、男性で3.23ポイント、女性で3.45ポイント増加して、過去最高の数字を更新した。

 

女性では7人中1人が生涯未婚

男性の生涯未婚率が23.37%、女性の生涯未婚率が14.06%という数字から単純に計算すると、男性は約4人に1人、女性は約7人に1人が、生涯未婚ということになる。

ちなみに生涯未婚率は「45~49歳」と「50~54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものなので、必ずしも一生未婚である人の割合を示す数字、というわけではない。しかし50歳で未婚の人は、将来的にも結婚する予定がないと捉えることもできると想定して、生涯独身でいる人がどのくらいいるかを示す統計指標として使われている。

 

生涯未婚率は増加というトレンド

生涯未婚率は国勢調査をもとに5年に1回公表されている。1965年からのデータ推移はこのようになっている。

1965年 男性1.50%   女性 2.53%
1970年 男性 1.70%  女性3.34%
1975年    男性 2.12%   女性4.32%
1980年    男性2.60%   女性4.45%
1985年    男性3.89%   女性4.32%
1990年    男性5.57%       女性4.33%
1995年    男性8.99%   女性5.10%
2000年   男性12.57%  女性5.82%
2005年   男性15.96%  女性 7.25%
2010年   男性 20.14%    女性10.61%
2015年 男性23.37% 女性14.06%

出典:国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集」より

 

15年間で女性のおひとりさまが約3倍に!?

注目したいのは、2000年以降の女性の生涯未婚率の数字の伸び。1965年から2000年までは5年で1ポイント増えるかどうかの推移だが、それ以降は2~3ポイントずつ増えている。2000年ではたった5%程度しかいなかった女性の生涯未婚者が、2015年には14%超え。約3倍近くになっているのだ。

男性の場合は1985年をターニングポイントに、その後5年ごとに2~3ポイントずつ増加。特に2005年から2010年では5ポイント近くも男性が生涯未婚率が増加しているのだ。

ちょっと余談になるが、1985年の調査までは、男性よりも女性のほうが生涯未婚率が高かったということにちょっと驚いた。

都道府県別では、男性の1位は沖縄の26.2%、2位が岩手26.16%、3位が東京26.06%と続いた。そして女性はの1位は東京の19.2%で、2位は北海道17.22%、3位は大阪16.5%という順位だった。

 

おひとりさまは、もう“孤独”じゃない!

生涯未婚率が男女とも増加傾向にある。男女あわせて考えると、約20%の生涯未婚率であり、ここに離婚や死別したあと再婚していない男女を加えたら、50歳時点でのおひとりさま率はもっと高いといえるだろう。

人生選択の自由であり、多様化が進んでいる。

「結婚するのは当たり前」という考え方は徐々に圧力は弱まりつつあり、自らの意思で独身という選択をしている人も増えている。この傾向は今後もさらに強まるのではないか。おひとりさまは、もはやマイノリティではなくなりつつある。むしろ時代のトレンドなのだ。

未婚ですが、何か? 生涯未婚率が過去最高を記録している今、「おひとりさま」はもはや“孤独”ではないのかもしれない。

 

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事