ディスプレイ=ブランド力。ハンドメイド品を売ってみたい人は、棚作りを意識して

皆さんはご自分の商品をどのようにディスプレイしていますか? 以前ディスプレイのお話しを簡単にさせていただきましたが、今回はお客様の視線を意識した棚作りの大切さをお話しします。
副業のスモールビジネスでハンドメイド作品を販売、完全に余暇だけなのに月3万円売るノウハウ連載。今回は雑貨屋やレンタルルームなど、自分の棚やスペースがある場合のディスプレイ方法を紹介します。

お店の入り口に立ってお客様の目線を確認

fotolia_76685394_subscription_monthly_m

まず、お店にくるお客様の目線の動きを考えます。お店の入り口から自分の棚をチェックしてみてください。そこから目に入りやすいディスプレイを考えるのです。入口に立ってみて、全体を見まわしたときに、どこが一番目につくかを考えてみてください。一番簡単なのは、お店の中で一番目立つディスプレイを真似することです。

入り口から見えなくても工夫次第で客寄せは可能です

fotolia_119857389_subscription_monthly_m

ある委託先の店舗の話ですが、お店のレイアウトの関係で、私の商品がお店の入り口から見えない位置に置いてあります。商品は全く見えませんが、その代わり、棚の横の壁面はばっちり見えます。私はその部分に目を付けました。棚の壁面に、他の棚にはない色目立つ色をおいて(赤や黄色などの原色がオススメです)その前に大き目のオブジェをおいて、まず自分のスペースがお客様の視界に入るように仕向けています
好みは別としても、目を止めてもらうことが一番なので、なるべく自分の商品やお店の世界観を壊さない程度に目立つようにしていきましょう。

目線の位置より下にあるなら平置きに

interior bookshelf room library

また、そのお店の客層を考えたとき、例えば20代~50代の女性であれば視線の位置は下から150cmくらいの位置にあります(それ以上高齢ですともう4~5cm低いと考えます)。
その位置に自分が立ってみて、自分の目線より↓の位置に棚があるとしたら、商品は平置きをしたほうが見やすいです。腰をかがめないで見えるように商品を配置することで、見てもらう割合が増え、結果販売意欲が向上することになります。
目線の高さ前後に商品がおいてある場合は、手前は低く、奥は高く商品を配置することで、空間に立体感が出て商品が際立ちますし、見やすくなります。
このように配置を少し変えるだけで各段に売れ行きが伸びることがあります。いつもいつでもお客様の目線に立って物事を考えることで、結果それが売り上げに結び付くのです。

ディスプレイはブランド力

fotolia_120004650_subscription_monthly_m

また、ディスプレイは自分の商品の世界観を現す一番大切なものです。パッと目にした途端にコンセプトが分かるようなディスプレイをしていることで、同じような趣味をもったお客様を残さずキャッチすることができます。
ディスプレイがブランド力になるといっても過言ではありません。商品の質と同じくらい大切に育てていきたいものですね。
【ディスプレイはブランド力~副業スモールビジネスで月3万円売れるルールVOL.16】

スポンサーリンク

意外なこの場所なら飛ぶように売れる~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.3

みなさんは自分の作った作品をどうやって販売しますか? 今はネット市場がメインでしょうか。minne、tetote、creema、iichiなど、ネット上のハンドメードマーケットの便利…

ブランドを始めるならどんな名前? 売れる名前4つのルール

もしあなたがお店やブランドを始めたいなら、どういう名前にしますか? 今もしあなたのしているビジネスがうまくいかないのは、ブランド名に一因があるのかもしれません。…

アクセは「○○なほど」高く見える?~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.4

今回は制作実践編として、最低限の材料と道具で作れて確実に人気のある、初心者向けアクセサリーをご紹介します。副業ハンドメイドは「日本のどの地域にも必ず一定のマーケ…

仕事の成功は「仲間」で決まる? こんな仕事相手は選ばないほうがいいリスト

どんなに好きな仕事も人間関係が悪いと行き詰ってきます。仕事上のパートナーって本当に大切ですよね。みなさんはどんな人と相性がいいですか? そう、人との付き合いって…

「買わない理由をつぶす」。これが売れる秘訣です~副業ハンドメイドで月3万円売れるルールvol.5

ハンドメイド品が世の中にあふれかえっている今、ただただ商品を作って販売するだけでは正直売れません。ここを読んでくださっている方は、少なくとも「売りたい」と思って…

時給1万円の人は何が違う? 勝ち組だけが知っている1:9の法則

今回は売り上げを上げるための核、モチベーションのお話です。ビジネスの成功者がこぞって心がけていることを紹介します。ビジネスの世界では、1割の人間に価値があるとい…

ムダな時間をお金に換える、たった1つのコツ

私は月に1日だけ、余暇でアクセサリーを作り、毎月約3万円売り上げています。2016年の1年間で36万円売り上げたというわけです。普通ならぼーっとテレビを見たり、友人とLIN…

時給5000円の人がやっている「逆転発想」のビジネスとは?

皆さんのビジネスのターゲット層はどんな方でしょうか? 今まで何度かターゲットのすそ野を広げる方法をお話ししてきたと思いますが、視点を変えて、ターゲットを売り手に…

好きなことをして月1でお店に顔を出すだけ!~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.1

初めまして。 私はハンドメイドで副収入を得ているアラフォーのハンドメイドプレゼンターです。主にアクセサリーを制作しています。正直、誰にでも作れる、簡単なものしか…

大振りアクセと必要のない置物が売れるのはなぜ? 副業販売のコツ

人間が初めて何かを覚えるときは、人の真似をします。赤ちゃんが言葉を覚えるのも、母親の口調を見て真似て覚えますし、新入社員は先輩や上司の仕事の仕方を真似しながら自…

着太り回避! しまむらのニットの細見え力がハンパない!【40代の毎日コーデ】

10月24日のコーデ厚手のもっさりしたニットだと、どうしても着太りして見えるイメージがありますよね。ですがこちらの方のように薄手ニットをゆるっと着こなせば、同じニットでも着痩せします。こちらの方はもともと…

年下ウケ抜群!ゆるコーデなのに細見えするロングスカート【40代の毎日コーデ】

10月23日のコーデすでに定番と化したゆるコーデ。こちらの方はそんなゆるコーデをスリムに着こなしています。縦のラインを強調するようなプリーツロングスカートと程良いフィット感のあるニットでの組み合わせは着太…

【ユニクロ】売り切れ必至!美脚になれちゃう名品パンツ【40代の毎日コーデ】

10月22日のコーデ短足に悩んでいる人必見! ユニクロのワイドストレートパンツは、ハイウエストですっきり細足を叶えてくれる不思議なワイドパンツです。太すぎず細細すぎないこの形がどんなスタイルにもマッチ。在庫…

「今日キレイだね」って褒められる!大人の美人見えワンピース【40代の毎日コーデ】

10月21日のコーデドルマンスリーブとボートネックのラインが美しいネイビーのワンピースです。スカートのドレープが綺麗で、歩くたびに表情が変わるそのフォルムが素敵。フォーマルにも通勤着にもできる、意外と着回…

この秋イチオシ!大人が素敵に見えるカフェオレコーデ【40代の毎日コーデ】

10月20日のコーデこの秋、天下を取ったベージュグラデーションコーディネート。ファッション系のインストアをチェックすると、画面いっぱいにページが広がる位メインのスタイルでした。まだまだ茶系コーディネートは…

短足なんて言わせない! 脚が細く長く見える細見せコーデ【着やせ企画第5弾】

女性の永遠の憧れといえばスリムなボディ。でも40代にもなると襲ってくるのが中年太りです。無縁な方もいるかもしれませんが、代謝が悪くなったのはみなさん同じではないでしょうか?ダイエットもいいですが、ここは…

履くだけで脚長美人!今すぐ欲しいスタイルアップパンツ【40代の毎日コーデ】

10月19日のコーデさわやか系代表ホワイトコーディネート。秋からもホワイト人気は継続中です。ですが、白はご存知の通り膨張色。どうしても太ってて見えがち。そこでオススメなのがスリット入りパンツを選ぶこと。裾…

小顔に見えて着痩せ効果も!大人こそ着たいオフショルダーニット【40代の毎日コーデ】

10月18日のコーデ小顔効果もあり、上半身をほっそり見せてくれるオフショルダー。でも40代にはちょっと躊躇するものがあります。そこでオススメなのがアシメオフショルダー。片方の肩が少し出ているアシンメトリーな…

大人がピンクはイタイ?いいえ、ユニクロカーデなら大丈夫!【40代の毎日コーデ】

10月17日のコーデアラフォー世代にピンクはNGと思っていませんか? こちらの方のカーディガンのように、スモーキーなピンクならアラフォー世代もしっくりきます。トレンドのブラウンロンスカと合わせれば旬のゆるずる…

下半身デブ回避!履くだけで脚全体が細く見える神パンツ【40代の毎日コーデ】

10月16日のコーデ歳をとるにつれ肉がついてくる下半身。重力に逆らえない年齢になってきました。下半身太りが気になる方はこちらの方のようにアンクル丈でスリット入りのスリムパンツをセレクトしてみてください。こ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事