ディスプレイ=ブランド力。ハンドメイド品を売ってみたい人は、棚作りを意識して

皆さんはご自分の商品をどのようにディスプレイしていますか? 以前ディスプレイのお話しを簡単にさせていただきましたが、今回はお客様の視線を意識した棚作りの大切さをお話しします。
副業のスモールビジネスでハンドメイド作品を販売、完全に余暇だけなのに月3万円売るノウハウ連載。今回は雑貨屋やレンタルルームなど、自分の棚やスペースがある場合のディスプレイ方法を紹介します。

お店の入り口に立ってお客様の目線を確認

fotolia_76685394_subscription_monthly_m

まず、お店にくるお客様の目線の動きを考えます。お店の入り口から自分の棚をチェックしてみてください。そこから目に入りやすいディスプレイを考えるのです。入口に立ってみて、全体を見まわしたときに、どこが一番目につくかを考えてみてください。一番簡単なのは、お店の中で一番目立つディスプレイを真似することです。

入り口から見えなくても工夫次第で客寄せは可能です

fotolia_119857389_subscription_monthly_m

ある委託先の店舗の話ですが、お店のレイアウトの関係で、私の商品がお店の入り口から見えない位置に置いてあります。商品は全く見えませんが、その代わり、棚の横の壁面はばっちり見えます。私はその部分に目を付けました。棚の壁面に、他の棚にはない色目立つ色をおいて(赤や黄色などの原色がオススメです)その前に大き目のオブジェをおいて、まず自分のスペースがお客様の視界に入るように仕向けています
好みは別としても、目を止めてもらうことが一番なので、なるべく自分の商品やお店の世界観を壊さない程度に目立つようにしていきましょう。

目線の位置より下にあるなら平置きに

interior bookshelf room library

また、そのお店の客層を考えたとき、例えば20代~50代の女性であれば視線の位置は下から150cmくらいの位置にあります(それ以上高齢ですともう4~5cm低いと考えます)。
その位置に自分が立ってみて、自分の目線より↓の位置に棚があるとしたら、商品は平置きをしたほうが見やすいです。腰をかがめないで見えるように商品を配置することで、見てもらう割合が増え、結果販売意欲が向上することになります。
目線の高さ前後に商品がおいてある場合は、手前は低く、奥は高く商品を配置することで、空間に立体感が出て商品が際立ちますし、見やすくなります。
このように配置を少し変えるだけで各段に売れ行きが伸びることがあります。いつもいつでもお客様の目線に立って物事を考えることで、結果それが売り上げに結び付くのです。

ディスプレイはブランド力

fotolia_120004650_subscription_monthly_m

また、ディスプレイは自分の商品の世界観を現す一番大切なものです。パッと目にした途端にコンセプトが分かるようなディスプレイをしていることで、同じような趣味をもったお客様を残さずキャッチすることができます。
ディスプレイがブランド力になるといっても過言ではありません。商品の質と同じくらい大切に育てていきたいものですね。
【ディスプレイはブランド力~副業スモールビジネスで月3万円売れるルールVOL.16】

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

意外なこの場所なら飛ぶように売れる~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.3

みなさんは自分の作った作品をどうやって販売しますか? 今はネット市場がメインでしょうか。minne、tetote、creema、iichiなど、ネット上のハンドメードマーケットの便利…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

CA直伝!優雅な女性は〇〇しない。オフィスで好感度アップの4つの秘訣

街やカフェ、オフィスで思わず目を留めてしまう美しい女性がいます。それは必ずしも「絶世の美女」とは限りません。ただ、彼女たちが「美しくてエレガントな空気」をまとっ…

女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってき…

アクセは「○○なほど」高く見える?~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.4

今回は制作実践編として、最低限の材料と道具で作れて確実に人気のある、初心者向けアクセサリーをご紹介します。副業ハンドメイドは「日本のどの地域にも必ず一定のマーケ…

ブランドを始めるならどんな名前? 売れる名前4つのルール

もしあなたがお店やブランドを始めたいなら、どういう名前にしますか? 今もしあなたのしているビジネスがうまくいかないのは、ブランド名に一因があるのかもしれません。…

GUの990円ニットが着回し力抜群で細見えするから、40代にオススメなんです!

ひと通り秋服がそろった時期ですが、これから何を買い足そうか迷っていませんか? そんな方にはGUの990円ニットがオススメです! プチプラで種類も豊富、あなた好みのトップスが見つかること間違いありません。…

旬顔のパープル、40代がくすまず着こなすには?

オシャレ女子なら誰もが知っている、秋のトレンドカラー・パープル。是非1着手に入れて着まわしたいところですが、パープルって敷居が高い。ケバく見えそうだし、どんな風に取り入れればいいのか分からない……なんて…

この秋のトレンドカラー「ブラウン」でも40代が老け見えしない5つのテクニック

この秋大人気のブラウンコーデ。普通に取り入れやすい色なので、秋冬のメインカラーとして考えている人も多いのではないでしょうか? ただ、40代のブラウンには注意が必要。実はブラウンって、どうしても老けて見え…

40代女性、秋に着映える。今年顔の華トップスコーデベスト4

ベーシックなワードローブを上手く着まわしつつ、程よくトレンドを取り入れるのが40代女性の嗜みというもの。今回はこの秋、既に売れている流行ど真ん中のトップスを4種類ご紹介します。「ベリーカラーニット」「ハ…

ユニクロの着回し抜群トップス、どれから買った?秋のベスト5

毎日の通勤スタイル、悩みますよね。トレンドも取り入れたいし、細見せしたい、ラクチン服を着たいけれど、取引先や上司の目も気になる……。そんなとき役に立つのがユニクロベーシックトップス。その中でもオフィスフ…

GUの「足指が痛くならない」#マシュマロパンプスが神靴!40代の旅行にもオススメ

最近インスタでよく見かける#マシュマロパンプス。実はこれ、GUのもの。「神パンプス」と呼ばれるほど履き心地抜群で有名です! 営業周りや女子旅にも使えるきちんと感もキモ。ここではそんなGU神パンプスの履…

40代秋カジュアルの裏に#ユニデニあり。今買うべきユニクロ銘品デニム4

SNSでタイムラインを席巻しているジーンズ、#ユニデニ。働く女性の定番といっても過言ではないくらい浸透しているのが事実。ここではそんなユニデニのなかでも「銘品」と呼ばれるデニム4本をご紹介します。ジーンズ…

ユニクロで脱ぽちゃ下半身。40代のパンツ着ヤセ絶対成功!オフィスコーデ

女性の永遠のテーマ、「細見せ」「ひきしめ」「脚長」。プチプラでお財布にも優しい、働く女子の強い味方ユニクロは、体型を美しく見せてくれる美シルエットに特化しているものが豊富。だからこそオトナサローネでは…

GUで見た目5kgやせのオフィスコーデ完成!秋の40代プチプラ着やせ

重ね着やボリュームのある洋服が手放せなくなってきた今日この頃。だからといって着ぶくれしてみえるのは嫌ですよね。そんな時に頼ってほしいのがGU。シンプルでバリエーション豊富、さらにプチプラでオフィスにも…

下半身ポチャでも着こなせる!「5kgやせ見え」の詐欺スカート着こなしテク・ロンスカ編

「背も低いし、デブ見えしそう…」と敬遠しがちなロングスカート。40代が手を出すのがむずかしそうなアイテムですよね。でも。合わせるアイテム次第で意外とスタイルUPになるもんです。ここでは、そんなロンスカの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事