アクセは「○○なほど」高く見える?~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.4

今回は制作実践編として、最低限の材料と道具で作れて確実に人気のある、初心者向けアクセサリーをご紹介します。副業ハンドメイドは「日本のどの地域にも必ず一定のマーケットがある」のが魅力。三重県で活躍中のアクセサリー作家、&PEARLさんの作例をもとに、「どうしてこれが売れるのか」、売れる商品づくりのコツも解説しましょう。

ターゲットを激増させるアイテムを選ぶ

Türkis als Hintergrund

 

今回は夏の定番ターコイズのネックレスです。実はアクセサリーの中ではネックレスが一番原価率の低い商品です。ピアスやイヤリングに比べて、手間も経費も半分ですみます。

これだけでも時給換算するとだいぶ効率がいいと言えるのですが、特筆すべきはチェーンの安さ&ラクさ。チェーンだけ買ってきてただくっつけるだけなら、ものの3分で出来上がってしまいます。

私は一度に大量に作ることが多いため、経費削減のために、自分で留め金部品のカニカンとヒキワをチェーンにつけていますが、最初からこの留め具がついているネックレス状チェーンを買う方が楽でいいと思います。なぜなら、ネックレス状チェーンはどこの材料屋さんでも安く売っているからです。

 

しかも感覚として、ピアスよりネックレスのほうがありがたみがあり、高いお金を出しても惜しくないと思いませんか? それに、ピアスやイヤリングだと、ピアスの人、イヤリングの人、またはチタンでないとダメな人や、シリコンでないと……などと、人によって好みがバラバラなので、それだけニーズが少なくなります。

上記の理由も含め、ピアスよりネックレスのほう効率がよく売れるのです。売れるコツはこんなところにもひそんでいるのです。

材料はたった5つ。これだけです

2670_R

 

材料(写真上から時計まわりに)★ネックレスチェーン★丸カン★金ビーズ★ターコイズストーン★Tピン

 

全て近所の大手材料店やネット上のストアでそろいます。このターコイズは「練りターコイズ」と呼ばれるものです。ターコイズにはフェイクも合わせていくつか種類があり、練りターコイズはターコイズの粉を固めて成型したもの。安いのに、組成上は本物です。材料はなるべく信用が置けるショップを探したほうがいいでしょう。ちなみに私はメイドインジャパンにこだわって、日本製のものを徹底して使っています。やはり日本製のものは持ちが違います。

 

使う工具は100均でも揃う3種類4本

160623goto43_R

 

工具(写真左から)★丸やっとこ(丸ペンチ)★平やっとこ・中央2本(平ペンチ)2本 ★ニッパー

はさむ部分が平らになっているのが平やっとこです。一番使う回数が多いのはこれ。これはアクセサリー用なので滑り止めのギザギザが付いていおらず、パーツや金具に傷がつきません。丸やっとこはピンを丸めるだけのためにあるもの。これも必需品です。ニッパーは、ピンやチェーンなどをカットするものです。すべて100均でそろいます。ダイソーにおいてあるので、試してみてよかったらアクセサリー用の高いものを購入してみてください。工具はいいものを使うと仕上がりが驚くほど変わってきます。

ターコイズネックレスの作り方

①Tピンにビーズとターコイズを通す

160623goto44_R

まずはTピンにビーズ→ターコイズの順番で通します。ビーズを通すのは、ターコイズが落下するのを防ぐためです。万が一Tピンのお尻の大きさよりもターコイズの穴が大きかった場合、ピンが抜けてしまう可能性があるからです。

②Tピンを曲げる160623goto46_R

Tピンを指で曲げます。このとき、Tピンのお尻部分を親指で抑え人差し指で押し倒してください。そうすることで隙間がなくなります。

③折り曲げ部分から6~7mmのあたりをカット160623goto48_R

ニッパーでカットします。折り曲げた部分から6~7mmの部分をカットします。私は6mmと決めていますが、慣れていない人は7mmくらいの長さのほうが無難です。

④丸ペンチを聞き手で逆手にもち、ピンの端をつかむ

160623goto49_R

ここが一番わかりづらいかもしれません。全体的にはそれくらい簡単だということです。ピンの先をつかんだら、ピンの先がペンチから出ないようにしてください。

160623goto50_R

それを丸ペンチに巻き付けるようにして丸みを作っていきます。160623goto51_R

後に丸ペンチの先のほうでピンを閉じます。

⑤閉じたTピンを平ペンチで開きます

160623goto52_R

丸ペンチで閉じたピンを、今度は手前に開きます。このとき、絶対に閉じたわっかを横に開かないでください。二度と閉じなくなります。

⑥開いたピンに丸カンをひっかけて閉じます160623goto54_R

丸カンをひっかけたらもとに戻します。

⑦チェーンをニッパーでカットします

160623goto45_R

ネックレスチェーンをニッパーでカットします。ちょうど半分になるように計算して切ってください。

 

⑧丸カンを開いてネックレスを通します160623goto56_R

まずは丸カンを開きます。丸カンを正面に見て左右に開くのではなく、手前に開いてください。左右に開くと最後にぴたっと戻らなくなります。

160623goto57_R

チェーンをひっかけます。

160623goto58_R

もう一本のチェーンもひかっけます。

 

⑨2本の平ペンチで丸カンを閉じます

2768_R

隙間のないように、丸カンを前後しながら、ぴたっとつっくけてください。

16062341

できあがりです。細かな写真つきなので難しそうにみえますが、慣れると3分でできます。

「シンプルなほうが高く見える」ルール

Macro view of a group of vibrant turquoise and copper beads on rustic wooden surface

 

幸いなことに、アクセサリーはシンプルな方がが高そうに見えるのです。人はシンプルで手があまりかかっていないほうが、原価を高く見積もるからです。あまりにも手が込んでいると、材料費よりも加工料のほうが高く見え、結果「安物の材料使ってるんじゃない?」と思われてしまがちです。しかもシンプルなもののほうが間口が広いので、より多くの方に購入を視野に入れてもらえます。

ちなみに、石を選ぶなら、大き目の形がキレイなストーンをセレクトしてください。クリスタルなんかもオススメです。日本人は無難を好む民族なので、色がついていないほうがより多く売れます。どんなに手が込んでいるものよりも、シンプルなもののほうが売れるのです。

リゾート感抜群。夏に売れる定番商品ターコイズがオススメです

IMG_3968

今回、一番簡単なネックレスの作り方をご紹介いたしました。ターコイズはリゾートにもぴったりなので、是非夏に作ってみてください。上記のネックレスの作り方だけ覚えて、パーツを変えるだけでも可能性は無限大ですので是非お試しください。

 

写真/© &PEARL

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク