GW明けましたが肌大丈夫? 今日やるべきスキンケアの6チェックリスト

大型連休が明け、渋々ながら日常生活に戻った人も決して少なくないであろうこの時期には、連休中に遊んだ疲れがなかなか抜けずに、美的ケアも面倒に感じる人が増えます。

そしてゴールデンウィークをアクティブに動いた女性ほど、このタイミングで手をかけておきたいスキンケアのポイントも。

「連休の遊び疲れがそのまま顔に出ているようで、正直、鏡を見ると老けたかも」にお心当たりがある40代女性のみなさま、GWを楽しくお過ごしになりましたでしょうか。時短美容家の並木まきです。

普段は時短でのケアや手早いお手入れを優先していても、カラダが疲れているときこそ手をかけておきたいスキンケアも。連休明けの今こそ心がけておきたい、6つのチェックリストをお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

チェック1:保湿は足りてる?

 

 

疲れているときに保湿不足に陥ってしまうと、どんどんお肌がボロボロになっていくように感じる女性も少なくありません。

年齢を重ねた肌は、ちょっとしたことでも“しぼみ”を感じがち。疲れたお肌は、女性ホルモンが減少したり代謝機能が落ちていたりする可能性もあるため、ただでさえ“うるおい不足”に陥りやすい状態です。

特別に乾燥しているようには感じなくても「スキンケアの要」であるうるおいチャージのお手入れは、疲れを感じているときこそ多めにしておくくらいのほうが、安心感が高まります。

 

チェック2:お肌のUVフォローはできてる?

連休中に屋外で過ごす時間が多かった女性ほど、浴びた紫外線の量も増えているはず。

外出中に日焼け止めでケアしていたとしても、紫外線のダメージを100%回避できているわけではないので、この時期のUVフォロー、すなわち美白ケアも美肌を育む視点からは、絶対に怠るわけにいきません。

美白にアプローチしてくれるシートマスクやスペシャルケアの美容液は、紫外線を浴びまくって少し経った今こそ、積極的に心がけておきたいフォローです。

 

チェック3:唇のケアがおろそかになってない?

 

 

紫外線対策の面で意外とおろそかになりがちなのが、“唇”のお手入れ。

乾燥が気になる冬の間は丁寧にケアしていたかたでも、暖かくなってくると無頓着になりがちです。

屋外でUV対策成分が配合されたリップクリームや口紅を塗って防御していたとしても、外出中にまったく落ちないわけではないため、“くすみ”を加速させないためには、まずは保湿ケア、状況に応じて美白ケアを取り入れて、しっかりフォローを。

 

チェック4:髪の毛のUVフォローはできてる?

 

 

顔同様に、紫外線を浴びたあとには丁寧にフォローしておきたいパーツが、髪。

日焼け止めスプレーを使っていたとしても、屋外で過ごしている時間が長いほど、どうしても紫外線を浴びてしまっている点は否めません。

放置しておくとパサつきや広がりなどのダメージにも繋がりかねないので、髪の毛のフォローも確実に。

栄養分を与えてくれるトリートメントなどで、この時期にスペシャルケアをしておくほうが安心です。

 

チェック5:うるおいにちゃんと“蓋”ができている?

 

 

疲れているときには、お肌のバリア機能も低下しがちと言われます。

そのため、せっかく化粧水などで“うるおい”を与えても、蓋ができていない状態のままだと、思っているほどのスキンケア効果を実感しにくくなることも。

暖かくなってくると、ベタつきを回避するために乳液を省いてしまう女性もチラホラいらっしゃいますが、うるおいを逃がさないためにも、疲れを感じているときほど“蓋をするお手入れ”にも意識を向けておくと安心です。

 

チェック6:栄養バランスに気をつけてる?

 

 

疲れているときには自炊すらも面倒で、簡単なものをサッと作って食事を済ませてしまう方も珍しくありません。

しかし栄養バランスが崩れると、お肌に不調を感じる要因にもなりかねないため、疲れを感じたときほど、バランスのいい食事を心がけたほうがカラダが喜ぶ実感もあるはず。

手早く作れるものであっても、十分に野菜を摂るなど、食材にはこだわってみて。

 

近年稀に見る暦で本格的な長期休暇となったゴールデンウィークも、あっという間に終わり、いよいよ日常生活が戻ってきます。

疲れのせいで面倒に思っても、ほんの少しのお手入れを工夫して、連休の疲れを感じさせない肌を目指していくのが、オバ見え回避のコツにも繋がるのでぜひ。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

後輩にも悪影響…?「いかにもオバサン」のレッテルを貼られる40代女性のデスク姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

余計なお世話かもしれないけど…! 僕らが知る「結婚できない40女」のダメ生活スタイル3選

婚活を公言していて、それなりに出会いや恋愛にご縁があっても“結婚”には至らないのも、40代婚活では決して珍しい展開ではありません。この場合、「結婚できない」のではなく、自らの意思で「結婚しない」を選択して…

ガサツすぎるでしょ…男が心底引いた「バレンタインデー」の贈り物3選

日本におけるバレンタインデーは、すっかり女性が男性にチョコレートを贈る日として定着しています。ところが、女性は愛を贈るつもりのプレゼントを満足げに渡しても、ちょっとしたことにより、男性が「いくらなんで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事