#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。

婚活パーティにも婚活アプリにも玉砕し、新たな婚活を始めることにしたが……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

40代の「自然な出会い」ってナニ?

1年9カ月、婚活を続けてみてわかった。

私はできれば「自然な形」で出会いたい。

いわゆる「婚活〇〇」だと、妙に冷静になってしまったり、条件を見てしまったり、どうも不自然になる。これを自然に受け止めて進められる人もいるのだろうけれど……。

私のように、なかなか恋愛スイッチが入らない人間は「婚活〇〇」をしていても「好き」という感情が自分の中から出てこない気がした。

 

「オトナの出会い」ランキング結果発表!

そんなわけで、前回、オトナの出会いに関するアンケートをとった。「婚活〇〇」ではない出会いをつくるための参考として、30代後半以降に出会いがあった方々はどんなきっかけでパートナーと出会ったのか。

一般的にいわれる婚活的なもの……「婚活アプリ・婚活サイト」「婚活パーティ」「知人からの紹介」「結婚相談所・お見合い」「街コン・合コン」「社会人サークル」をのぞく、という条件で。

「上記以外での出会い」に限定しているし、そんなに回答くるかな……? と思ったのですが、1週間で予想以上、100名近くの回答をいただきました。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございます!

OTONA SALONE編集部調べ、アラフォー以上限定「オトナの出会いランキング」を発表!

 

第1位 会社・仕事関係

「アラフォーでしたが、会社の同僚と結婚しました」(43歳・会社員・女性/出会いは39歳)

「同じ会社です」(44歳・会社員・女性/出会いは43歳)

「10年以上前のお取引先の担当者の部下だった人」(44歳・会社員・女性/出会いは33歳)

「職場。昔から知っていた相手だが長らく別部署で36歳の時に再会。職場で彼のミスを庇ったお礼に食事に誘われ仲良くなりました。

当時の自分はとにかく結婚相手が欲しくて、全然ピンとこない相手でも取り敢えずデートする方針だったことがチャンスに繋がりました」(49歳・パート・女性/交際開始は36歳)

「入社してから20年ぐらい、昔から飲みに行ったりしていた先輩ですが、面倒見がよくて兄貴肌の彼が誰にも頼れずに仕事でがんばってるのを見て、私の方が年下なのに助けてあげたいと思って接するようになったのがきっかけです。

もう結婚も出産もしないんだろうなーと思い始めた時期だったので、子供への愛情が相手に対して出ちゃったのかしら。新たな出会いではないのですが、身近な人を見る目を変える方法ということで1票」(44歳・会社員・女性/交際開始は42歳)

同じ会社や仕事で出会った人と交際や結婚に至るなんて、若いうちだけでしょ。20代かせいぜい30代前半までで、40歳近くになれば会社や仕事関係で出会った人とはお互い恋愛関係になんてなんないでしょ! ……と思っていたけれど! オトナの出会いで一番多かったのは意外にも「会社・仕事関係」でした。灯台下暗し⁉

 

第2位 趣味(男性が多めな)

「趣味のロードバイク」(42歳・女性/出会いは38歳)

「趣味が同じ。車のイベントにて出会いました」(45歳・自営業・男性/出会いは35歳)

「異業種交流会で知り合った人からお誘いを受けたゴルフで」(45歳・自営業・女性/出会いは42歳)

「趣味のゴルフ友達募集掲示板で」(49歳・会社役員・男性/出会いは49歳)

「とある武道を始めたのがきっかけでした。純粋にその武道を身に付けたいと思っており、その稽古場での出会いは全く求めていなかったので、自分が恋をしたことにちょっと驚きました」(41歳・専業主婦・女性/出会いは36歳)

「ダーツバーで隣で一人で投げていた人がとても上手で、全くタイプではなかったのですが、ダーツを真剣に教えて欲しくて声をかけたのがきっかけで、たまにダーツを教えてもらう→お付き合い→結婚となりました」(46歳・派遣社員・女性/出会いは35歳)

「ズバリ、ネトゲの二人オフ会で一目惚れ。職業も年収もしっかりしていました。1年後に結婚しました」(48歳・会社員・女性/出会いは36歳)

「お互いゲーム好きでモンハンで出会いました」(45歳・会社員・女性/出会いは40歳)

共通の趣味を通じて出会ったというのがオトナの出会い第2位に。ひとくちに趣味といっても、何でもいいわけではない。出会いの趣味には共通項があって、もともと男性が多めな趣味ということ。

車やバイク、ゴルフ、武道。なかでも意外と多かったのが「ネトゲ」! ネットゲームです。女性が多そうな趣味で出会った人はゼロ……。

第3位 食事会などの集まり

「ワイン会。月1で開催されている、ただ楽しくワインを飲むだけの会です」(42歳・会社員・女性/出会いは37歳)

「知人(既婚者)に誘われて一緒に行った、ホームパーティ」(47歳・会社員・女性/出会いは36歳)

「少しゆるめの食事会」(44歳・フリーランス・女性/出会いは43歳)

「相手が出張で東京から私の住む地方都市へ来ていた。主人は同業者で私の上司含む数人で飲み会があり私から気になって、アピールしました。40歳・自由業・女性/出会いは36歳)

男女の出会いが目的である合コンや、ほぼ1;1に近い紹介ではなく、ワインやビールを楽しむ会だったり、ホームパーティだったり、ざっと集められた会というパターンが第3位に。

男女の出会いが目的なのではなく、なんとなく親しい人同士を集めた中にお互いいたという自然な形がとてもうらやましい! 

 

 

第4位 飲食店(おもにカウンター)

「会社帰りに友人とよく飲みに行くお店(イタリアンのお店で、カウンターがある)で、常連のお客さんと仲良くなってお付き合いに発展しました」(45歳・会社経営・女性/出会いは45歳)

「歩いて5分のフランス料理のバーで週2で深夜まで飲んでいた。そのバーでヘルプで水曜日だけ来ていた今の主人のフランス人シェフと出会いました」(51歳・自営業・女性/出会いは37歳)

「職場が近く、よく行くお店が同じだった」(42歳・自営業・女性/出会いは38歳)

「習い事帰りに友達と寄ったバーで」(37歳・フリーランス・女性/出会いは35歳)

「バーでナンパされました」(44歳・会社員・女性/出会いは42歳)

「飲み屋さんにて」(51歳・会社員・女性/出会いは48歳)

ダントツ多かったのはバー&飲み屋。イタリアンやフレンチのお店で出会ったかたもいるけれど、ポイントは「カウンター」のあるお店の模様。

カウンターでお酒を飲んでいて仲良くなる。相手はお客さんの場合もあれば、お店のかたとの場合も! お酒好きなかた、お酒が強いかたには最高のオトナの出会いの場!

 

━━続く、第5位から第8位は⁉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事