美白意識高すぎ?「この女、必死だな」と敬遠される40代の夏姿

恋のお相手あるいは夫など、身近な男性たちから「この女性は、必死だな」とは感じてもらいたくないのが女心。

しかし「40代」という年代のせいもあってか、ちょっと“舞台裏”を見せてしまっただけで「若く見せたくて、必死なんだな」「年齢を受け入れられなくて、必死だな」と、ネガティブな感想を抱かれることがあるから、男の人って本当に面倒……(苦笑)。

さてところで、これからの季節には、男性に見られると「必死だな」の感想をもたれやすい場面も増えてきます。

今回は、男性たちが「この女性、美に執着しすぎ」なイメージを抱きやすい40代女性の春夏のちょっとした仕草に、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする時短美容家の私、並木まきが迫ります。

 

1:完全防備!日陰や人混みですら日傘を手放さない

 

すでに、紫外線がさんさんと降り注ぐのが気になっている方も、多いであろう時期に突入しています。

そして、ちょうどこの頃から男性たちが首をかしげる女性の姿のひとつに「意地でも日傘を手放さない」が挙げられます。

炎天下に外を歩くときに日傘をさしているのは理解できても、木陰で座っているときや屋根がある(と言っても女性からすると、“屋根”とは言えないような半屋外的な)場所で、片時も日傘を手放さない姿に言いようのない“必死感”を覚え「そこまでしなくても……」と密かに引いている男性も少なくないのです。

あの日傘独特の“仰々しさ”が、日頃から日傘を使わない男性たちからすると「そこまでして、焼けたくないの?」や40代だからこそ「どうせシミがあるんだから、もういいんじゃない?」な不可解な感覚にも繋がっていて、女心は理解しがたい傾向に。

女性にすれば「すでにシミがあるとしても、今焼いたら即シミになりやすいお年頃なのです!」と反論したくもなりますが、男性の多くは「夏なんだから、少しくらいなら焼けてもいいじゃない?」が本音な人も少なくなく、このあたりは男女のミゾが埋まりがたいテーマでも!

不思議なことに、同じくらいUV対策になりうる通称「女優帽」と呼ばれるつばの広い帽子は、男性たちから不評を買いにくい傾向にあります。デートでは日傘より、こちらを選んだほうが賢明な選択になりやすいです。

 

2:男の前でも堂々と日焼け止めを塗りなおす

 

日焼け止めは、どんなにSPFやPAが高いものであっても「朝塗ったら、夜までそのままで大丈夫」という類のものではありません。

なので、デート中やレジャーを楽しんでいるタイミングでも、気づいたら塗り直すようにしている女性だって、たくさんいらっしゃるはず。そして、気心知れた間柄にある男性の前ならば、日焼け止めを塗り直すくらいは恥じずにできてしまう女性だって一般的です。

ところが、まだそこまで親密でないときに自分の目の前で頻繁に、かつムラなく丁寧に日焼け止めを塗りたくっている女性の姿を見て「うわ~。さっきも塗ってたのに、またそんなに塗るの! よほど必死なんだな!」なんて失礼な感想を覚えている男性はチラホラ!

「日焼け止めは、塗り直すもの」は女性ならばすでにご存じの方も少なくないのですが、日常的に日焼け止めを使わない男性ほど「塗ったら落とすまで、効果があるんじゃ?」なんて思い込みがあるせいで、勝手に必死感を覚えるというわけです。

このあたりは、“美の舞台裏”として、できるだけ男性には見せないほうがいい姿とも言えそう。

 

3:汗だくになっても長袖・長ボトムスでお出かけ

 

気温が高くなっていても「どうしても焼きたくない!」な女性ほど、長袖&長めなボトムスで、迫り来るUVから完全武装をしたくなるもの。

ところがこんな姿も、男性たちからすると「40代にもなって、必死すぎるだろ!」などと、想定外に辛辣な本音を抱かれがちです。

近年のUV対策仕様アイテムは、着ていて涼しいものも多いので「実際に暑いのか」は置いておいて、見た目の暑苦しさのせいで男性たちからのネガティブな感想を引き起こしやすいのは確か。

女性だって、何も好き好んで暑い日に長袖・長ボトムスで暑苦しいファッションをしたいわけではないけれど「シミを作りたくない」「焼きたくない」という類の“ささやかな願望”(?)は、男性たちには理解されないケースが多く、ここでも女心が理解されにくいのです。

昨今の日焼け止めは優秀。きちんと塗っておけば長袖を着用せず済むものも多いので、勝負日的なデートの日には、思い切って日焼け止めに対策を委ねてしまってもいいのかも。

また「どうしても服で防備しないと、気が済まない」ならば、男性とご一緒する日には、せめて着用する服の色は軽やかにまとめたほうが無難と言えそうです。

 

ちなみに、これらの仕草は40代より若い女性がしていても、男性からは不評を買いやすい傾向にあります。しかしそこに「40代」という要素が加わると「若く見せたくて必死」という、余計なお世話的な感想が抱かれやすいというわけです。

これから夏の終わりにかけては、私たち女性にとって、UVとの過酷な戦いが繰り広げられる時期。だからこそ、婚活あるいはお相手募集中の女性ほど、心しておいて損はないお話だと思います。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事