美白意識高すぎ?「この女、必死だな」と敬遠される40代の夏姿

恋のお相手あるいは夫など、身近な男性たちから「この女性は、必死だな」とは感じてもらいたくないのが女心。

しかし「40代」という年代のせいもあってか、ちょっと“舞台裏”を見せてしまっただけで「若く見せたくて、必死なんだな」「年齢を受け入れられなくて、必死だな」と、ネガティブな感想を抱かれることがあるから、男の人って本当に面倒……(苦笑)。

さてところで、これからの季節には、男性に見られると「必死だな」の感想をもたれやすい場面も増えてきます。

今回は、男性たちが「この女性、美に執着しすぎ」なイメージを抱きやすい40代女性の春夏のちょっとした仕草に、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする時短美容家の私、並木まきが迫ります。

 

1:完全防備!日陰や人混みですら日傘を手放さない

 

すでに、紫外線がさんさんと降り注ぐのが気になっている方も、多いであろう時期に突入しています。

そして、ちょうどこの頃から男性たちが首をかしげる女性の姿のひとつに「意地でも日傘を手放さない」が挙げられます。

炎天下に外を歩くときに日傘をさしているのは理解できても、木陰で座っているときや屋根がある(と言っても女性からすると、“屋根”とは言えないような半屋外的な)場所で、片時も日傘を手放さない姿に言いようのない“必死感”を覚え「そこまでしなくても……」と密かに引いている男性も少なくないのです。

あの日傘独特の“仰々しさ”が、日頃から日傘を使わない男性たちからすると「そこまでして、焼けたくないの?」や40代だからこそ「どうせシミがあるんだから、もういいんじゃない?」な不可解な感覚にも繋がっていて、女心は理解しがたい傾向に。

女性にすれば「すでにシミがあるとしても、今焼いたら即シミになりやすいお年頃なのです!」と反論したくもなりますが、男性の多くは「夏なんだから、少しくらいなら焼けてもいいじゃない?」が本音な人も少なくなく、このあたりは男女のミゾが埋まりがたいテーマでも!

不思議なことに、同じくらいUV対策になりうる通称「女優帽」と呼ばれるつばの広い帽子は、男性たちから不評を買いにくい傾向にあります。デートでは日傘より、こちらを選んだほうが賢明な選択になりやすいです。

 

2:男の前でも堂々と日焼け止めを塗りなおす

 

日焼け止めは、どんなにSPFやPAが高いものであっても「朝塗ったら、夜までそのままで大丈夫」という類のものではありません。

なので、デート中やレジャーを楽しんでいるタイミングでも、気づいたら塗り直すようにしている女性だって、たくさんいらっしゃるはず。そして、気心知れた間柄にある男性の前ならば、日焼け止めを塗り直すくらいは恥じずにできてしまう女性だって一般的です。

ところが、まだそこまで親密でないときに自分の目の前で頻繁に、かつムラなく丁寧に日焼け止めを塗りたくっている女性の姿を見て「うわ~。さっきも塗ってたのに、またそんなに塗るの! よほど必死なんだな!」なんて失礼な感想を覚えている男性はチラホラ!

「日焼け止めは、塗り直すもの」は女性ならばすでにご存じの方も少なくないのですが、日常的に日焼け止めを使わない男性ほど「塗ったら落とすまで、効果があるんじゃ?」なんて思い込みがあるせいで、勝手に必死感を覚えるというわけです。

このあたりは、“美の舞台裏”として、できるだけ男性には見せないほうがいい姿とも言えそう。

 

3:汗だくになっても長袖・長ボトムスでお出かけ

 

気温が高くなっていても「どうしても焼きたくない!」な女性ほど、長袖&長めなボトムスで、迫り来るUVから完全武装をしたくなるもの。

ところがこんな姿も、男性たちからすると「40代にもなって、必死すぎるだろ!」などと、想定外に辛辣な本音を抱かれがちです。

近年のUV対策仕様アイテムは、着ていて涼しいものも多いので「実際に暑いのか」は置いておいて、見た目の暑苦しさのせいで男性たちからのネガティブな感想を引き起こしやすいのは確か。

女性だって、何も好き好んで暑い日に長袖・長ボトムスで暑苦しいファッションをしたいわけではないけれど「シミを作りたくない」「焼きたくない」という類の“ささやかな願望”(?)は、男性たちには理解されないケースが多く、ここでも女心が理解されにくいのです。

昨今の日焼け止めは優秀。きちんと塗っておけば長袖を着用せず済むものも多いので、勝負日的なデートの日には、思い切って日焼け止めに対策を委ねてしまってもいいのかも。

また「どうしても服で防備しないと、気が済まない」ならば、男性とご一緒する日には、せめて着用する服の色は軽やかにまとめたほうが無難と言えそうです。

 

ちなみに、これらの仕草は40代より若い女性がしていても、男性からは不評を買いやすい傾向にあります。しかしそこに「40代」という要素が加わると「若く見せたくて必死」という、余計なお世話的な感想が抱かれやすいというわけです。

これから夏の終わりにかけては、私たち女性にとって、UVとの過酷な戦いが繰り広げられる時期。だからこそ、婚活あるいはお相手募集中の女性ほど、心しておいて損はないお話だと思います。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

オイルじゃ足りない40代「オバ見え髪」を救済!ヘアアイテム3選【特集オトナの髪悩み】

先日、OTONA SALONEの特集記事「白髪・くせ毛・広がる・パサつく「困り髪」、美容家の克服法は【特集オトナの髪悩み】」で、時短美容家として活動する私のヘアケアにまつわるアレコレを公開したところ、「40代になっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事