40代の「興味あること」って?3位が意外なコレでした!【永井画廊セレクション】

オトナサローネの読者アンケートによれば、40代働く女性が「いま興味のあること」の3位は芸術鑑賞なのだそう。「これから楽しみたいこと」の代表格が歌舞伎や能などの古典芸能、「すでに楽しんでいること」はクラシックコンサートのほか、日本画・西洋画・現代美術の鑑賞。ちなみに1位はアンチエイジング、2位はグルメで、4位は旅行でした! みなさんはいかがですか?

 

さて、こうしたアートを身近に感じられるテレビ番組といえば、言わずと知れた「開運! なんでも鑑定団」(テレビ東京)。が、あの番組に登場する作品は「個人蔵」、つまり私たちが直接「見る」ことはできません。

 

でも、こうした個人蔵品のエッセンスを感じることは可能! 同番組で鑑定士としておなじみの銀座永井画廊代表・永井龍之介さんがセレクトした作品を、今ならGINZA TANAKA 銀座本店6F特設会場の特別展示で見ることができるのです。

 

「東西の美」が競演する話題の『永井画廊セレクション』、見どころポイントをご紹介しましょう。

※展示期間は、7月22日(日)まで。

世界のVIPが顧客!究極の現代美「フランス人間国宝」

まずは「西洋の美」から。

 

昨年、東京国立博物館 表慶館で開催され大きな話題になった「フランス人間国宝展」。日本の制度に倣い、1994年からフランスで始まった“人間国宝”(メートル・ダール/ Maître d’Art)は、フランス文化省より、キャリアを持ち、人格、識見にも優れた伝統工芸の第一人者に授与される称号です。

 

この展示のポイントは、日本で展示される機会が極めて貴重だという点。というのも、基本的に「メートル・ダール」による作品は芸術愛好家からの注文を受けて作るオーダーメイドですので、展示されることが少ないのです。

ジャン・ジレル
「茶碗 Tenmoku(天目)」 2017年
©Philippe Chancel

「フランス人間国宝展」に出展されたジャン・ジレルの「茶碗 Tenmoku(天目)」をはじめ、シルヴァン・ル・グエンの繊細で優雅な“扇”や、ロラン・ノグ、エルベ・オブリジ、セルジュ・アモルソによる貴重な作品が一堂に会します。エレガントで瑞々しいエスプリにあふれた“型のある現代アート”と評価され、世界のVIPを顧客としています。

シルヴァン・ル・グエン
「ホワイト・ウェディング」 2010年
水牛角、シルクオーガンザ

 

ロラン・ノグ
「三連作 風景」より 2017年

注目は、なんといっても「茶碗 Tenmoku(天目)」。天目と言えば、同番組に登場した「曜変天目」も記憶にあることでしょう。世界の陶芸の中で最も美しいとも言われる曜変天目は、中国の南宋代で作られた芸術品とされます。完全品は現在世界に4点(または3点の説も)しか存在せず、うち3点は日本にあります。ジャン・ジレルはまさにこの曜変天目に魅せられ、40年に渡りその研究と再現に尽くしてきた陶芸家。人間国宝がその才能すべてを捧げた過程をこの展示で垣間見ることができます。

 

芸術家の最終到達点「絶筆」。昭和洋画界の巨匠・梅原龍三郎

梅原龍三郎「浅間絶筆」1985年 50号 油彩、キャンパス

続いて「東洋の美」、日本の美術の頂点です。

ヨーロッパで学んだ油彩画と日本の伝統的な美術を自由奔放に取り入れ、絢爛な色彩と豪放なタッチで、安井曾太郎とともに昭和の洋画界の頂点を極めた梅原龍三郎。その氏の絶筆作品となった「浅間絶筆」を特別公開。

息づかいまで聞こえてくる生々しい豪快なタッチ、ルノワール、モネ、マチスらをも彷彿とさせる鮮やかな色彩のコントラスト。

梅原は1986年、98歳で没しました。この絵画は亡くなる前年の97歳秋から描き始め途中で力尽き“絶筆”となった作品。20歳からフランスに5年遊学し、ルノワールに師事もした梅原のこの絶筆は未完成です。しかし、琳派以来の日本の伝統美と西欧近代の豊穣な美しさを融合した絵画を数多く描いてきた梅原が最後に到達した畢生の傑作として、その迫力は見るものを圧倒します。

 

「和菓子創作」のデモンストレーションにも注目

「永井画廊セレクション」開催中には和菓子の創作デモンストレーションも2日間開催されます。国内外で活躍する和菓子作家、坂本紫穂さんが作る、「薔薇」モチーフの和菓子です。

 

ちなみに、「和菓子」と言われるとどんなお菓子を思い浮かべますか? 江戸期までは南蛮菓子も含め菓子といえばすべてが「菓子」でしたが、明治以降は「洋菓子」が日本に入ります。この対比でできあがっていったのが和菓子。

 

今回の作品は「練り切り」と呼ばれる、白あんで作るお菓子です。その季節ごとの主題をうつす、茶事にも使われる上生菓子。茶の湯の世界では2週間で季節が変わるとも言われますので、同じ菓子と出会うことは実は難しいのです。

 

この練り切り、意外に自分で「作れる」ことをご存知でしょうか。

 

そもそも作ってみようという発想がないと思うのですが、たとえば樹脂粘土でのアクセ作りが好きな人なら工程は想像しやすいはず。白あんを始めとする材料を丁寧に配合し、着色、そして自由に成形すれば完成します。特殊な機材も不要ですから、40代から始める週末のプチ趣味としても好評です。ワークショップもちらほらとは存在しますが、和ブームとはいえどなかなか簡単には見つかりません。

 

現役和菓子作家で教室も開催する坂本さんは、「自分らしさ」のあり方に悩んだ20代後半のある日、夢の中で見たインスピレーションで和菓子の創作活動に飛び込んだそうです。日ごろから大切にしているテーマは「グラデーション」。季節の移り変わり、気持ちのありかた、あらゆるものの繊細なグラデーションは作家のまなざしを通して作品に写し出されされます。

 

プラチナ箔をあしらった今回の作品は、まさに「色彩とかたちのあり方」として、東西の美の根底に流れる魂そのものを映し出すことでしょう。

 

かつて、ベテランのアートディレクターに「形は修行で会得できるが、色彩は生まれながらにして背負ってくるもの。配色に惹かれる相手には、魂が惹かれている」と指導されたことがあります。他者の表現と向かい合う際、最もプリミティブに感じ取るべきことはその色です。そこに示されているのは、表現者と自分の間の極めて個人的な「魂の番地の距離」だからなのです。

 

そして私たちは、こうして「食べる」ことでもその表現を確認できます。東西の巨匠たちだけでなく、いまこうして同時代を生きる作家とも、目や耳、香りだけでなく舌までをも通じて交歓することができるのです。

 

そんな展示を楽しめる初夏のひととき。さっそく週末のスケジュールに銀座ショッピングを追加してみてはいかがでしょうか。

 

【永井画廊セレクション】

GINZA TANAKA銀座本店6F特設会場

6/22(金)~7/22(日)

10:30~19:00

 

■生菓子創作デモンストレーション

GINZA TANAKA銀座本店3F ラウンジコーナー

6/23(土)・7/15(日)

各日 1・14:00~ 2・15:00~

予約不要・先着順(席に限りがあります)

 

 

GINZA TANAKA 銀座本店

東京都中央区銀座1-7-7

電話 03-3561-0491

営業時間 10:30~19:00

展示期間中は無休

http://www.ginzatanaka.co.jp/fair/2018S110/

Sponsored by 田中貴金属ジュエリー

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

家でひとりが好きな人は内向型?リラックスのツボを40代女性読者に聞いてみた

みなさんはリラックスといったらどんなことを連想しますか?どんなことを、どんなものと楽しんでいますか?ドラマといっしょにお気に入りの台湾茶を楽しんだり、 ワインや…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

篠田麻里子が玄米婚!10日で3㎏美しくやせる「玄米ダイエット」とは?

元AKB48で女優の篠田麻里子さん(32)が今月16日に3歳年下の実業家(29)と結婚。2人には「玄米を食べて育ったところ」など共通点が多かったそうで、ネット上では「玄米」「玄米婚」がバズってますね!なるほど…

ゴミだと思ったバッグが売れた!捨てる前に「ラフリする!」

わたくしごとですが、娘の小学校入学に合わせ、10年住んだ代々木を離れて小田急線の経堂に引っ越しました。積もりに積もった10年分の不用品を捨てに捨てまくり、こんなゴミにたっかいお家賃を払っていたのかと心底腹…

[PR]

44歳、「めまいとだるさ」に悩む私を救ってくれたのは【100人の更年期#3】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

【100人の更年期#2】47歳、この先の「性」も気になりませんか?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

宮沢りえも感激!「ヒアルロン酸の針」シート美容液が試せるストア登場

女優・宮沢りえさんが朝日を受けてほほ笑むCM、もう見ましたか? 資生堂ジャパンが2月1日からリニューアルした「NAVISION」は、140年にわたる美容皮膚研究から生まれた新しい美容体験のスキンケアブランド。その全…

【新連載・100人の更年期】54歳、太ったのは更年期のせい?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

あなたがお正月に太った理由は…?お正月太りとGW太り、原因と対策・3つのダイエット

こんにちは、主婦の友社オトナサローネ編集部の井一です。私は長年ティーンからシニアまでさまざまな世代の女性誌でダイエット記事を担当してきましたが、平均的な女性がリバンウンドなく確実に「健康と美」を手に入…

40代の婚活の始め方、終わり方。婚活コラムニストが考えたことって?

オトナサローネ編集長の浅見が「私、婚活しようと思うの」と突然発言したのは、今から2年半前、サイトオープンから2か月ほどたった夏ごろでした。(…????婚活???? まてまてまてまて、浅見ちゃん最近彼氏い…

その「かたいひざ裏」が下半身デブの元!今すぐカンタンにできるひざ裏チェック3ポイント

「私、体がかたいの」と言う機会が多い人。もしかして、あなたの下半身は冷えていませんか?柔軟な関節は、よく動かせる、代謝のよい身体には欠かせません。さて、ここで気になるのが、かたさを決めてくる「ひざ」の…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知症そのものは40代から進行が始まることも事…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事