誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。

他方、真剣にパートナーを探している人ほど、恋が始まる前には、相手の“人となり”を冷静にジャッジしたがるもの。そこで「あぁ。きっとこの女性は、ほかにもパートナーがいるんだろうな」と感じさせてしまうと、そっと身を引く男性も少なくありません。

そしてそんなジャッジの引き金となったのが、たった1通のLINE ……という話だって珍しくないから、婚活中の女性ほど気をつけておきたいところ。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが40代女性が「目下(もっか)、他の人と交際中だろう!」と誤解されやすいLINEの特徴に迫ります。

 

誤解を受けがちなLINE1:休日の誘いに一切応じない

平日夜の食事デートには応じても、休日の誘いには難色を示す……。

こんな傾向があると「ああ、男がいるから、難しいんだろうな」と判断する男性は、結構多い傾向にあります。

女性としては「仕事で疲れているから、出かけたくないだけ」「休みの日には、ジムや習い事の予定が入っているから、動きにくいだけ」だったとしても、お誘いをする男性サイドからすると「平日には会ってくれるだけに、思わせぶりだな」なんて無用なネガティブ感情を抱くケースすらあります。

距離を縮めたい女性とは、早い段階で休日デートをして相性を確かめたがる男性も少なくないだけに、ここで思うように進展が望めないと戦闘意欲(?)を削がれる傾向も高いというわけです。

LINEをくれたお相手に対し「この人とは、距離を縮めたい」と感じていらっしゃるのでしたら、どんなに面倒に感じても(!)休日デートに応じたほうが、無用な憶測は招かずに済みがちです。

 

誤解を受けがちなLINE2:「友達が」と言いつつ、明らかに別の男性の話をする

「友達が言ってました」「友達がそうだったみたいです」など、“友達が”という枕詞が付きつつも、どこからどう聞いても「それは、男の話だろう」と感じる発言があると「きっとこの子、僕には言わないだけで、交際中の男がいるんだろうな」と考える男性も珍しくありません。

そして、ふたりがそこまでに盛り上がりを見せる関係を築いてきているケースでほど、この手の発言を深読みし始め「ひょっとしてこの女性は、セカンド要員を探しているだけなのか?」「ちょっと遊べる相手を、求めているのか?」など、マイナスな考えが働き始める男性も多々。

実情としては、親しい男友達から聞いた話をしているだけだったり、過去の恋人がしていたことを“友達”に置き換えて話しているだけだったりしても、シビアなジャッジが下されることもあります。

というわけで、“友達”あるいは“元カレ”など、今の恋愛事情と関係のない人の言葉を引用しているだけのつもりでも、いかにも男性が関わっているであろう話題は、恋が始まるタイミングでは封印したほうが無難に。

 

誤解を受けがちなLINE3:最新デート事情に妙に詳しい

新しくできた話題のデートスポットだったり、最近流行っているデートプランだったりに詳しい様子を見せてしまうと、その時点で「男がいるんだな」と判断する男性も珍しくありません。

女性の職種的に男性から「この仕事は、デート事情に詳しいだろう」という憶測が働く場合はともかくとして、そうではないのに「あのビルでは●●ってお店が、大行列なのよ」「あそこの▲▲というグルメは、この前食べたら美味しかったので、近々ぜひ行きましょう」などと言ってしまうと、途端に「誰と行ったんだ!?」が浮かぶ男性も。

女子会や女友達とのデートで訪れていただけ、あるいは雑誌やWebで情報を知っていただけだったとしても、ポジティブに解釈してくれない男性も多いのです。

彼から提案されたデートに詳しい自分がいたとしても、そこは“知らんぷり”をしてリードしてもらったほうが、余計な推測を呼ばずに済みます。

 

男性の心って、ときに私たち女性が思っている以上に、繊細だったりもします。そして、これは相手の男性が40代や50代など“大人”の世代になっていたとしても、変わりません。そんな背景から、女性としては「このくらいで!?」と言いたくなるような言動をもとに「間違いなく、ほかに男がいる」と勝手に結論づける人もいますから、少々厄介。

こと気に入っている男性とこれから恋が始まりそうなタイミングで「僕のほかにも、パートナーが!?」を感じさせてしまうと、“二股をかけようとしている女”、“遊び相手を探している女”のイメージも出てきてしまいがちなだけに、恋のお相手を探しているときには「少々」どころか「だいぶ厄介」な話にも。

不必要な憶測をよびそうなLINEは、恋の予感がする際には、徹底的に封印しておくに越したことはありません。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

後輩にも悪影響…?「いかにもオバサン」のレッテルを貼られる40代女性のデスク姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

余計なお世話かもしれないけど…! 僕らが知る「結婚できない40女」のダメ生活スタイル3選

婚活を公言していて、それなりに出会いや恋愛にご縁があっても“結婚”には至らないのも、40代婚活では決して珍しい展開ではありません。この場合、「結婚できない」のではなく、自らの意思で「結婚しない」を選択して…

ガサツすぎるでしょ…男が心底引いた「バレンタインデー」の贈り物3選

日本におけるバレンタインデーは、すっかり女性が男性にチョコレートを贈る日として定着しています。ところが、女性は愛を贈るつもりのプレゼントを満足げに渡しても、ちょっとしたことにより、男性が「いくらなんで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事