プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。

 

これまでの連載では、

この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク

これがワナ!“うっかりオバ見え”する40代のナチュラル系アイライン

40代の女性の“うっかりオバサン見え”を招くナチュラルリップメイクの3大ワナ

うっかりオバ見えのワナはここ!“40代のまつ毛メイク”ポイント3つ

3歳老け見え!? 40代がオバサン化する“ナチュラル眉メイク”の3大ワナ

こんなふうに、主にパーツごとのオバ見え“ワナ”をご紹介してきましたが、使うアイテムによって、オバサンっぽい仕上がりになっている残念なメイクもあります。

 

「私の使っているコスメは、大丈夫なんだろうか……」が頭をよぎった40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

こんな感じで、メイクでオバ見えするワナはいたるところにあるわけですが、今回はそんな中から、肌の質感に直結する“ベースメイクアイテム”にフォーカスしていきましょう。

うっかりオバ見えを招く、ベースメイクアイテムの特徴って……?

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

確実にうっかりオバ見え1:やたらツヤ感が強いファンデーション

 

ずっと続いているツヤ肌トレンドも、そろそろひと段落しそうな気配。とは言っても、デイリーメイクでは、まだまだツヤ感のある仕上げが人気です。

とかく“くすみ”や“色むら”が出やすい40代の肌には、みずみずしいツヤのあるベースメイクが若見えや健康的な印象を与えるのに、一役買ってくれるのは確か。

しかし時間の経過とともにツヤ感が強まるタイプのアイテムは、単なるテカリ顔を招くだけ……という落とし穴があります。

塗った直後に“ほどよいツヤ”と感じさせてくれるアイテムほど、皮脂バランスが不安定になりがちな40代には、特に危険だったりもします。ベースアイテムを選ぶ際にはぜひ、“塗って数時間後”の肌もチェックしつつ、セレクトしてみてください。

 

確実にうっかりオバ見え2:カバー力が全くないBBクリーム

 

ナチュラル仕上げの肌を心がけると、カバー力はそこそこのベースメイクコスメを手に取りたくなりがちです。

しかし悲しいかな、20代の肌ならばそれでも美しくみずみずしい肌が得られても、40代の肌ともなると、ちょっとしたシミやシワ、吹き出物の跡などがあってしかりなだけに、悪い意味での“スッピン感”が強すぎる仕上げを招きやすい傾向が。

カバー力があるアイテムを選べば回避できたはずの“オバ見え”も、コスメのせいで、“うっかりオバ見え”する事態を招きがちというわけです。

これらのオバ見え肌は、即座に生活感をも感じさせてしまいやすく「疲れているオバサン」「老けた人」なイメージに繋がりやすいから、絶対に避けたほうが賢明です。

ベースメイクコスメを購入する際には、手の甲でサンプルを試して相性をチェックする方も多いのですが、カバー力をチェックする時には実際にシミのある箇所に塗ってみてこそ、その実力が測れます。

 

確実にうっかりオバ見え3:皮脂ブロックorキャッチ機能がないルースパウダー

 

これから気温が上がってくるので、ギトギトのオバ見え肌を回避すべく、ルースパウダーを仕上げにはたく40代女性も増えてきます。

ところが、ルースパウダーは、それぞれのもつ機能にかなりばらつきがあるアイテムでもあり「仕上げに使っているから、安心」とは言い切れない最たる存在でもあります。

特に、皮脂ブロックやキャッチの機能がないパウダーで仕上げると、むしろ時間の経過とともにギトギト感をはじめとして、ヨレや崩れを目に見えて引き起こす要因にもなりかねないだけに、40代が使うならば特に性能にこだわりたいアイテム。

こちらは、メイクしてから時間が経過したときの肌状態をサポートしてくれる機能性で選ぶのが、“うっかりオバ見え”を防ぐ一番のコツです。

 

「ちゃんとベースにも手をかけているから、オバ見えは回避できているはず」と思っても、本人が思うようなイメージを周囲に抱いてもらっているとは限りません。

肌の印象は、見た目年齢に直結するだけに「うっかりオバ見え!」も、起こりやすい部分。「プラス3歳の老け見え」どころか「プラス10歳の老け見え」現象が起きても、不思議ではないのです。

厚塗り感や白浮き感が出るベースや、シワに入り込みやすい柔らかテクスチャーのファンデーション類は、オバ見えを招きがちな典型的なアイテムと言われますが、今回ご紹介したアイテムは「招きがち」どころか「老け見え確実」と言っても過言ではないほど、危険なアイテムばかりです。

つまるところ、コスメ選びもある程度は慎重になってこそ、年齢より若見えするみずみずしい肌が狙えます。みなさまがデイリー使いしているベースコスメは、問題なさそうでしょうか。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

え〜こんなことで…?「この女性はキープでいいや」と男が思う40代女性の言動3例

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

余計なお世話かもしれないけど…! 僕らが知る「結婚できない40女」のダメ生活スタイル3選

婚活を公言していて、それなりに出会いや恋愛にご縁があっても“結婚”には至らないのも、40代婚活では決して珍しい展開ではありません。この場合、「結婚できない」のではなく、自らの意思で「結婚しない」を選択して…

ガサツすぎるでしょ…男が心底引いた「バレンタインデー」の贈り物3選

日本におけるバレンタインデーは、すっかり女性が男性にチョコレートを贈る日として定着しています。ところが、女性は愛を贈るつもりのプレゼントを満足げに渡しても、ちょっとしたことにより、男性が「いくらなんで…

ダマされた!? 遠目では素敵だったのに…至近距離になって男が「ガッカリした」40代独女の顔3パターン

遠目で見ているときには「素敵な女性だな」と思っていたのに、親密な仲になって至近距離で顔を見てみたら「ガッカリだった……」なんて感想を抱く男性もチラホラ。女性はメイクによって顔の表情が変わるので、外出先で…

男が「そりゃアナタはモテないでしょ」と引く40代独女のメイク3選

自分ではあえて独身を貫いているつもりでも、男性から見て「この人は、こんな感じだから、独身なんだろうな……」と余計な推測が働くこともあるのが実情。「40代で独身」は、決して珍しい存在ではないものの、婚活を公…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事