新ヘルシー・ライフスタイル習慣「デジタル・デトックス」って何!?

美と健康のためには欠かせない「デトックス」。カラダにたまった毒素を排出することですが、いまや健康のための当たり前の習慣になっています。それでは、新たなヘルシー習慣「デジタル・デトックス」はご存知でしょうか? イギリスから始まったもので、心身ともにヘルシーな生活をおくるためには必須のライフスタイル習慣です。いま、この「デジタル・デトックス」が世界中で注目されているのです。

やめられない=中毒です

160518easami001

私たちはいま、1日に何回、スマホやパソコンなどのデジタル機器を見ているのでしょう。スマホのアラームで目を覚まし、webサイトの記事を読み、SNSをチェックし、ゲームアプリを楽しみ、ネット通販でショッピング。

歩きスマホも、よく見られる光景です。そして、歩きスマホが原因によるトラブルや、運転中にスマホを見ていて起こる事故など、スマホに端を発するニュースも絶えません。駅の構内では歩きスマホをやめようというポスターが貼られていたり、スマホを見ながらの運転はルール違反であるにもかかわらず……。わかっているのにやめられない、まさにデジタル中毒!

デジタルって、どう悪影響なの?

160518easami004

また、会議やプレゼンで当たり前となったパワーポイント。テクノロジーの最先端にいるAppleやAmazonといった企業はパワーポイントの使用を禁止し、ミーティング時は面と向かって議論したり話したりするよう指示をしていると言われています。

ですが、一般的にはパワーポイントを使ったプレゼンをする企業がいまだに多いという現実。パワーポイント資料作成に膨大な時間を費やしています。その資料がなくては、伝わらないものなのでしょうか。むしろ資料なしに語れる情熱がないからこそ、資料でごまかしているのでは……!?

このようにプライベートも仕事もデジタル漬けだと、心身にどう悪影響なのでしょうか。それは、時間への悪影響。本来、睡眠や食事、コミュニケーション、新たな経験に費やすべき大切な時間が、デジタル毒素によって奪われているのです。

デジタルに費やす時間を見直して

「デジタル・デトックス」とは、スマホやパソコンなどのデジタル媒体に費やす時間を見直そうというものです。丸一日これらにいっさい手を触れず、直接会話する時間、共有する時間を大切にしましょうというもの。イギリスではこのデジタルデトックスを推奨する「ナショナルアンプラギングデー」が昨年6月に発足されました。約50万世帯がこのキャンペーンに参加したそうです。

主催者調べによると、イギリスでは一人平均1日240回もスマホ画面を見ているという、驚愕の結果が!! 子どもには大きな悪影響をおよぼすのではないかと危機感を抱き、それがデジタル・デトックスキャンペーンを始めたきっかけになったのだといいます。

ミニマリズムの次の“トレンド”!?

160518easami002

食事や発汗によるデトックスが当たり前になり、昨年はモノを捨てる断捨離やミニマリズムが流行になりました。つまり、カラダの毒素とモノの毒素をデトックスしたわけです。次に私達がデトックスすべきは、過剰に摂取しているデジタル毒素かもしれません。

さすがに丸一日は難しいかもしれません。ですが、夜22時以降はデジタル機器に触れない、資料作成でパソコンを使う時間は2時間以内におさめる……など、自分なりのルールをきめてみましょう。「TIME IS MONEY」。かぎりある貴重な時間をもっと健康的に過ごすため、デジタル・デトックスを始めてみませんか?

…なんて、デジタルメディアを始めたばかりの人間が書いてどうする、ですよね(苦笑)。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事