新ヘルシー・ライフスタイル習慣「デジタル・デトックス」って何!?

美と健康のためには欠かせない「デトックス」。カラダにたまった毒素を排出することですが、いまや健康のための当たり前の習慣になっています。それでは、新たなヘルシー習慣「デジタル・デトックス」はご存知でしょうか? イギリスから始まったもので、心身ともにヘルシーな生活をおくるためには必須のライフスタイル習慣です。いま、この「デジタル・デトックス」が世界中で注目されているのです。

やめられない=中毒です

160518easami001

私たちはいま、1日に何回、スマホやパソコンなどのデジタル機器を見ているのでしょう。スマホのアラームで目を覚まし、webサイトの記事を読み、SNSをチェックし、ゲームアプリを楽しみ、ネット通販でショッピング。

歩きスマホも、よく見られる光景です。そして、歩きスマホが原因によるトラブルや、運転中にスマホを見ていて起こる事故など、スマホに端を発するニュースも絶えません。駅の構内では歩きスマホをやめようというポスターが貼られていたり、スマホを見ながらの運転はルール違反であるにもかかわらず……。わかっているのにやめられない、まさにデジタル中毒!

デジタルって、どう悪影響なの?

160518easami004

また、会議やプレゼンで当たり前となったパワーポイント。テクノロジーの最先端にいるAppleやAmazonといった企業はパワーポイントの使用を禁止し、ミーティング時は面と向かって議論したり話したりするよう指示をしていると言われています。

ですが、一般的にはパワーポイントを使ったプレゼンをする企業がいまだに多いという現実。パワーポイント資料作成に膨大な時間を費やしています。その資料がなくては、伝わらないものなのでしょうか。むしろ資料なしに語れる情熱がないからこそ、資料でごまかしているのでは……!?

このようにプライベートも仕事もデジタル漬けだと、心身にどう悪影響なのでしょうか。それは、時間への悪影響。本来、睡眠や食事、コミュニケーション、新たな経験に費やすべき大切な時間が、デジタル毒素によって奪われているのです。

デジタルに費やす時間を見直して

「デジタル・デトックス」とは、スマホやパソコンなどのデジタル媒体に費やす時間を見直そうというものです。丸一日これらにいっさい手を触れず、直接会話する時間、共有する時間を大切にしましょうというもの。イギリスではこのデジタルデトックスを推奨する「ナショナルアンプラギングデー」が昨年6月に発足されました。約50万世帯がこのキャンペーンに参加したそうです。

主催者調べによると、イギリスでは一人平均1日240回もスマホ画面を見ているという、驚愕の結果が!! 子どもには大きな悪影響をおよぼすのではないかと危機感を抱き、それがデジタル・デトックスキャンペーンを始めたきっかけになったのだといいます。

ミニマリズムの次の“トレンド”!?

160518easami002

食事や発汗によるデトックスが当たり前になり、昨年はモノを捨てる断捨離やミニマリズムが流行になりました。つまり、カラダの毒素とモノの毒素をデトックスしたわけです。次に私達がデトックスすべきは、過剰に摂取しているデジタル毒素かもしれません。

さすがに丸一日は難しいかもしれません。ですが、夜22時以降はデジタル機器に触れない、資料作成でパソコンを使う時間は2時間以内におさめる……など、自分なりのルールをきめてみましょう。「TIME IS MONEY」。かぎりある貴重な時間をもっと健康的に過ごすため、デジタル・デトックスを始めてみませんか?

…なんて、デジタルメディアを始めたばかりの人間が書いてどうする、ですよね(苦笑)。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

【クラブママ直伝】だからアナタは一目置かれない!40代女性4つのNG

酸いも甘いも噛み締めた40代の働く女性。キャリアを積み、経済的にも社会的にも自立している方も多いことでしょう。ただ、同じキャリア女性でも「認められないタイプ」と…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事