私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」

衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。

こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮りますよ~」とカメラを意識して撮られたものではなく、ふとした瞬間の自分の写真でした。

 

私が「オバサン化」を感じた一枚

お恥ずかしいけどその写真、公開します(苦笑)。

ある方と対談取材をしたときに撮影した写真です。爆笑しているときの自分の顔をマトモに見て思いました。

目尻のシワが深くなった!

なんと目頭側にもシワが入るのね!

あご周りにもシワが入るなんて!

その記事では、この表情が小さめに写っているものを使用。この写真はボツにしました(でも結局、公開しましたが)。

 

無意識な写真こそ「リアルな顔」

いやいや、気づきませんでした。なにげに私、シワが目立つんですね!

周囲のみなさんからは、むしろこのシワを感じる笑顔のほうが見られているのです。自分が写真で目にする作り笑顔ではない、私の“リアルな笑顔”はこっちなのです。

シワが目立ってきたということは、うるおい不足であり、ハリが失われているということ。

40代に入ってそれなりにお手入れしてきたつもりだったけれど、この写真に衝撃を受けてからというもの「今のスキンケアのままでは何かが足りていないのでは⁉」と感じました。

 

「うるおい成分の減少」が止まらない!

うるおいが不足したり、ハリが失われる原因はなんだろう。

改めて調べてわかりました。肌のうるおい成分である「セラミド」の減少が原因です。

セラミドの量は加齢とともに減ってしまうらしく、50代になると20代の約半分になってしまうのだとか……!

ピンチ! どうにかしてセラミドを増やしたい。美容編集者歴23年のリサーチ力を駆使して調べました。

 

私に必要なのは「オメガ3」

セラミドを増やすカギは「オメガ3」にあるのだそうです。

最近、さまざまな健康効果があると注目されているオメガ3ですが、肌のうるおい成分セラミドを増やす効果も期待できると!

魚油やローズヒップオイルなど、オメガ3を豊富に含んでいるものもありますが、酸化しやすいことが扱いにくい点。

ですが、クランベリーオイルはオメガ3を豊富に含むと同時に、抗酸化力の高いスーパービタミンEの含有量も多いオイル。酸化しにくい、安定性のあるオイルなのです。

「いまの私に必要なのは、オメガ3であり、このクランベリーオイル!」

という答えにたどり着きました。

 

クランベリーオイルでSTOPオバサン化

そこで見つけたのが「フルーティア オーガニックス ザ・セラム」です。

オメガ3を豊富に含むクランベリーオイルを主成分とした美容オイルで、エイジングケアにとてもいいと感じました。

46歳の春、クランベリーオイルがたっぷり入った「フルーティア オーガニックス ザ・セラム」を毎日のスキンケアに追加したわけです。

 

肌が「モチモチ」してきた!

結論から申しましょう。よかった。とてもよかった。

自分でも肌がモチモチとうるおってきた実感はしていたんですが、最近、あるメイクアップアーティストのかたにメイクしてもらったときに言われました。

 

メイクさん「すごくお肌キレイですね。キメ細かくてうるおいもあるし」

アサミ「そうですか? わりと乾燥肌なんですけど」

メイクさん「全然、うるおった肌をしてますよ。今日のメイク、ファンデーションはあんまり使わなくて大丈夫ですね。素肌を生かしたメイクにしましょう」

 

うれしい……! 多少のリップサービスも含まれてるかもしれないけど、素直にうれしい。クランベリーオイルのオメガ3効果で、セラミドが増えたかしら。

個人的に最近、モノの「質」という点をとても重視していて、原材料は何か、オーガニックかそうでないか、などを見極めることはとても大事だと思っています。

「フルーティア オーガニックス ザ・セラム」は、もともと希少性の高いクランベリーオイルの中でも、エコサートのオーガニック認定を受けたものを使用。質という点でも、とてもすぐれたスキンケアだと思います。

 

個人的にこれもおすすめ

クレンジング、化粧水、保湿クリームもあって、個人的にはクレンジングもお気に入り。乳液タイプで肌への刺激が少ないのに、メイク汚れはしっかり落としてくれる。落とすモノの「質」、これも大事だと思いますよ!

いま「フルーティア オーガニックス ザ・セラム」で、クレンジング、化粧水、保湿クリームをお試しできるトライアルセットのキャンペーンを実施中です。

自分の写真を見て「あ……」と思ったことがあるかた、なんか以前と肌が変わってきたと感じているかたには、ぜひ試してほしいです。

Sponsered by ラブピープラネット

OTONA SALONE編集長・婚活コラムニスト 浅見悦子

美容エディター歴23年、元『S Cawaii!』編集長。衝撃のBEFORE→AFTERを公開した整形メイクブームの仕掛け人であり、webメディア『OTONA SALONE』の発起人。40代女性の本音とリアルな美容、ファッション、婚活などの記事を執筆中。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

編集長アサミ「髪の分け目」が目立ってきた問題を考える

「いままでと髪がなんか違う!」 私が髪のエイジングをはっきりと自覚したのは、42歳のときでした。髪がゴワつく問題、ツヤがなくなった問題、そして白髪が増えた問題。そこでシャンプーを見直して対策したわけです…

[PR]

#99 婚活1年10カ月でやっとわかった「大きな間違い」【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり、谷あり。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年10カ月。新たな出会いを期待して入った新宿のバー。カメラマンのロンドンくんと7年ぶり、偶然の再会をした。この出会い…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事