36歳になった安達祐実が、昔よりもダントツ可愛くてビビる

ここ数年で「可愛いなあ」と気になる女性のひとりに安達祐実さんがいます。彼女の存在が言わずもがな、ですが子役時代から大活躍。カレーのCM「具が大きい!」に始まり「同情するなら金をくれ!」など数々の名言を世の中に残しています。一時はお母さんまで一緒に露出して活躍されていた時期もありましたよね。

 

今や2児の母、まさかの36歳となった安達さん。中年期に突入してもなお、やたら可愛いのが気になるのです。むしろ堀越学園時代やお笑い芸人と結婚していたときに比べても今の方がダントツ若く見えるし、美しさは倍増。その理由はなんなんだろうと記憶を反すうしてみます。文中「あんなことを言っていた」というのは、他媒体で見かけたおぼろげな記憶でもありますのでご容赦を……。

 

エイジレス必勝法はひょっとして写真を撮る、撮られることなのか

安達祐実公式インスタグラムより

 

彼女が輝きを増した理由のひとつに2014年に再婚したカメラマン・桑島智輝氏の存在は欠かせない。側から見ていても「うわ〜、愛されているんだな」というのがひしひしと伝わって来る。それを象徴するのが桑島氏の撮影による写真集『私生活』(集英社刊)だ。被写体とカメラマンが相思相愛だと言葉には言い表せないほど、愛情あふれるカットになるんだとしみじみと眺めてしまった。個人的には『もう、家に帰ろう』(ロッキングオン)の衝撃。写真家の藤代冥砂さんが奥様でモデル・田辺あゆみさんの日々を撮影した写真集は先述を同じく1ページ、1ページに愛情が詰まっていた。

 

安達さんは以前何かのインタビューで「子役は大成しないというジンクスも理解していた、現状打破をするためには自分から動かないと」と話していた。子役とは本当に残酷なものだと思い知らされる一言だ。周囲が自分に対して異常なまでにチヤホヤしてくれる時期が子供時代でピークを迎えて、その後は大人たちが自分のほうを向いてくれなくなるという事実はもう仕打ち、としか呼びようがない。そこを打破するのはどれだけのメンタルが必要だったのかと思うとぞっとする。

 

その”自分から動く”ことのひとつが、夫となった桑島さんへ自分からの告白。今年5月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では自分から告白しても一度は振られていたことを話していた。男性側がだいぶ強気だと思うけど、安達さんに子供がひとりいることを考慮していたそう。結局は1ヶ月後に桑島さんから連絡が来て今に至るのだけど。

 

さらに安達さんは夫が毎日、自分の写真を撮影しているとも話す。

 

ああ、彼女がきれいになった理由のひとつはこれかもしれないと思った。著名人と言われる人たちは見られることで、どんどん輝きを増していく。視線に勝る美容液はこの世のにはないというほど効能が高い。中でも愛する人に毎日視線を送られているという意識の効能はどれほどのものだろうか。もうエステを超えた美容整形レベルなのかもしれない。

 

”自分から動く”ことで見つけたサンクチュアリ

安達祐実公式インスタグラムより

私が好きなインスタグラムに「@meganeandmiwa」さんという人がいる。奥様が自分の作った料理を旦那様が美味しそうに食べる様子をひたすら撮影しているのだけれど、これがまた可愛らしい。スマホで撮影しているだけのショットから愛情がふわん、ふわんと浮いてくるような感じ。「こういう夫婦になりたいな」と素直に思わせる力がある。このインスタと安達さん夫婦は似ている。

 

安達さんから動いて始まった恋愛、そして家族。愛されているという自信が彼女の原動力になったのは作品から見ても明白だ。

 

2016年ごろまでは2時間サスペンスドラマの常連だった彼女が、2017年から連ドラでコミカルな演技を見せるようになる。『女囚セブン』(テレビ朝日系・2017年)では食い逃げを繰り返す囚人に。『海月姫』(フジテレビ系・2018年)ではドールマニア、いわゆるヲタを演じた。いずれもエキセントリックな役だったけれど、子役時代から培った演技力を考えれば彼女からすると努力もいらなかったんじゃないかというのがスナイパー小林予測。

 

ただそれまでは子役から脈々と続くしがらみがあって、”女優さま”として扱われていれば演じる幅が限定されていても仕方ない。でもそれを安達さんが自分の力でぶち破ったとだと思うと愛の力とは本当にすごい。人は年齢に縛られているだけで変わることができることを体現してくれた安達さん。自分の生き方を仕事に変えてしまった。

 

どうしたら安達さんのようになれるのか……旦那から売れっ子のカメラマンとは日本全国を見渡してもレアケースなので厳しい。でもひょっとしたらスマホでお互いを撮影することは、キスでもハグでもない愛情表現なのでパートナーと試してみたいところだ。「この人に見られている」意識が自分を変えてくれるかもしれない。そしてできれば加工なしで撮影をお願いしたい。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

OTONA SALONE大人気記事、どこまで一人で行ける? 女の「おひとりさまレベル」を10段階にしてみたでは「おひとりさまレベル3」。意外とおひとりさま初心者でも…

市川海老蔵、スターが抱える宿命。彼を取り巻く三人のオンナたち

前世がどうとか、守護霊が誰とか言われると、へぇとかほおと言いながら鼻をほじってしまう私ですが、それでは科学で解明できないことは信じないかというと、そういうわけで…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えば…

ハリウッド女優から学ぶ、子なし夫婦&独女人生の歩み方

きっかけは、女優の山口智子さんだった。女性誌のインタビュー(FRaU 2016年3月号)で、子どもを産まない人生を選んだことを語り、風向きが変わった。それまで少子化問題を…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

年齢によるジェネレーションギャップを感じやすいもののひとつに、カラオケがあります。会社の後輩や部下などと一緒にカラオケへ行くと「その曲、誰のですか?」などと言わ…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食…

少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻く…

NHK有働由美子アナ「あさイチ」卒業へ。48歳の独身女性が出す結論とは?

OTONA SALONEの読者のみなさま、初めまして。ライターのスナイパー小林と申します。各所でエンタメに関するコラムを書かせてもらっているのですが、今回からこちらで『ライ…

2018年夏の深夜ドラマは女の欲望とダメ男が渦巻く?独女にオススメ4作品!

2018夏ドラマが開幕。ゴールデンタイムの見どころは先週まとめましたが、今週は深夜ドラマをクローズアップ。深夜ドラマの帝王といえば私の中でテレビ東京さんが帝王に君臨中です。今クールは吉沢亮さん主演『GIVER …

2018年夏ドラマの見どころを先取りまとめ!この夏は女優陣がアツいかも

夏ドラマがそろそろ始まる……ということで、ゴールデンタイムに放送するドラマを総ざらい。ライターのスナイパー小林がドラマヲタの愛を持って期待度を★3段階で評価していきます。ざっとタイトルをチェックすると”女…

スナイパー小林が選ぶ、2018年春ドラマベスト3!第一位は果たして…?

2018年も半分が過ぎました。ああ寒い、花粉症? あら、五月病??なんてうっかりしていたらすでに春ドラマも終了へ。今クール、ネットでよく話題になったドラマといえば『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は外せま…

春ドラマ「あないえ」「花晴れ」「朝ドラ」から見る3人のヤバイ女

最近、ぼんやり考えていることがあります。結局のところ、一般的に女性から嫌われるような女性こそが幸せを掴むのではないかと。好きな男性を落とすためならなりふり構わず、猪突猛進。端から見ているとみっともない…

金22「あなたには帰る家がある」が不倫・離婚・ダメ人間だらけすぎて見どころ満載!

青春胸キュンもの、復讐劇、おっさんの恋愛となかなか楽しい春ドラマも終盤へ。中でも『OTONA SALONE』編集長がお気に入りということで今回書くのは『あなたには帰る家がある』(TBS系・毎週金曜22時放送)について…

ジャニーズの新王子たち、King&Princeが私たちをシンデレラにしてくれる

「♪キミはシンデレラガール my precious one」ここ最近、テレビやラジオからよく流れてくる『King&Prince』のデビュー曲『シンデレラガール』。ジャニーズの新生6人グループで、都内中にもアドトラックが疾走中、…

40代独女が鬼モテする地方一人飲みの法則まとめ【保存版】

たまたま取材で長期間を地方で過ごすことになった私。東京で過ごす普段通りに一人で飲みに出かけたら、アラフォーらしからぬとんでもないモテ方をして天国を見た……というお話。ここまで第一回、第二回、第三回、第四…

中年男子が可愛い!「おっさんずラブ」が世に残した功績が大きすぎる

ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・毎週土曜11時15分〜)が熱い。深夜放送なのに毎週放送後にネットが騒つくほど人気を見せています。ただドラマが男同士の恋愛を取り上げたというだけで盛り上がっているわけ…

40女がひとり飲みするならカウンターのこの人が重要!

女もいい年齢になると一人でお茶を飲む、ランチをするのは当たり前。「え、私、ひとりでなんて飲食店に入れないから!」なんていうのが通用するのは20代までだと思います。だいたい仕事も恋愛も友情も忙しくなるわけ…

40代独女は今すぐ移動して。「天国のようにモテる」意外なこの場所

週末ごとに東京都内で、同じメンツで飲んでいた私。恋愛アドバイザーやら結婚コンサルタントやらに言ったら、3秒でぶった斬られそうな独身生活を送っていた私……! そんなところにたまたま長期で、地方へ取材に出か…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事