40代が「もしかして私、痛いかも…?」と思うのはこんなとき!【読者調査】

「あの人、イターイ」と指さされるのは嫌なものです。でも、指さされる前に、ふとした瞬間に「私、イタイかも??」と気づいてしまったら……?

「痛いファッション」「痛いヘア&メイク」「痛しぐさ」で分けて、日常の中でのふとした「痛さの気づき」を聞きました。自分の痛いところを先に気が付いておけば、良い対処方法や対策も見つけておけるかもしれません。うまく自分の痛いところをクリアしていきましょう!

 

痛いファッション…ここがアレ

■体型カバーを頑張るほど痛い

おしゃれをするのは楽しい。しかし30代半ばから体型が変わってきて、どうカバーするかが課題になった。ワイドパンツや胸元も背中もざっくり開いた大きめシルエットのトップスもカバーできると信じて買って来たら、なんというか逆にオバサン感がすごかった。いろんな体型をカバーするコーディネートのものを読んでも、あまり役に立たない。でも毎回信じては失敗する。こういう自分がさらに痛い。(44歳・独身・会社員)

 

■流行が巡ってきても素直に選べなくて痛い

現在の若い子のファッションが「高校生のとき着てた」と気が付いたとたん、流行をスルーしようと誓う。そういう大人の判断が逆に自分の痛さを感じる。あの時代とパターンも変わっているだろうけど、自分の中に「昔はねえ」みたいなもんがくすぶる。高校生の頃に60年代風のミニが流行ったときにリアル60年代にガタガタ言われたトラウマをひきづっているだけだとは思うが、結構響く。(48歳・既婚・フリーランス)

 

■ハイヒールを履いた自分が老けて見える瞬間が痛い

若々しく、大人の女っぽく、しかもスタイルを良く見せられるようにハイヒールを履いているが、疲れてくるので夕方ふと見ると、怖くなるほど老けた雰囲気になる。同年代を見てみたら、すごい美脚の人でもそうだった。むしろローヒールで楽な方が夕方の魔の時間がない。それに気が付いてから、痛い自分をみたくない理由でハイヒールは履かない。ハイヒールを履いていても老けたと思わせない人ももちろんいるけど、さほど歩く必要がないシャネルスーツとドレスが普段着のマダムたちだけだと思う(でもマノロが私の宝物です)。(46歳・独身・会社員)

 

■自分の服選びが無難になり過ぎてきて痛い

さすがに四十路越えになると、バーゲンでの失敗はなくなる。しかし服のセンスが保守的とか無難になって来ますね。もともとセンスがいいわけじゃないし、自分のスタイルがあるとかこだわりがあるわけでもないけど、ファッションに関して自分らしさをつかめないままで終わる予感があります。これも痛いポイント。失敗もないけど、面白みもない服装で終わりそうなのが痛い。(42歳・独身・会社員)

 

ヘア&メイクの痛さ…ぎょっ、オバサン

■ヘアスタイルから若返ったはずなのに痛い

前髪を作ると若返るというセオリーをもとに作ってもらったが、なんとなく無理な若作りという状態になった。メイクで工夫してもダメ。「若返る」という言葉で判断力が鈍る自分が最大限に痛い。そんなわけで前髪を毎朝セットしつつ、伸びていくのを待っている。前髪用のヘアピースを使えばよかった…。前髪で若返るってキャラもあると思う。(47歳・既婚者・公務員)

 

■まつげへの執着がありすぎる自分が痛い

やはり目が大きく見えるほうが美人に見える。この事実は変えようがない。一番、効果的なのはまつげだと思う。だからマスカラを頑張ったり、まつげパーマを定期的にやったり、つけまもまつげエクステにも手を出している。全部の結果は私を満足させてくれた。今はエクステに頼っている。しかし寝起きのまつげだけが長く、くっきりがっちりな自分を観た瞬間、「なにやってんの?」と気味悪く感じた。行き過ぎは痛いことをようやく学んだ。大人は引き算も学ぶべきだ。(49歳・既婚者・飲食店経営)

 

■髪型とメイクでトレンドを追いすぎると痛い

さすがに重めぱっつん前髪のボブに白肌プルプル赤リップはやらないけど、そこそこトレンドは押さえたくて重め前髪(ざくざくにしてある)に白肌赤み系クリアリップにしてみた。おしゃれですね、と言われたが、鏡で冷静に見ると、どうも痛い。痛い理由は全部にトレンドの要素を突っ込んだから。前髪は額が見えるように分け、白肌メイクをやめ、クリアな赤リップだけにした。もうトレンドを全部入れてキレイに見える年齢ではなく、自分に似合う要素だけ加えるレベルじゃないと痛い。可愛いが褒め言葉になる60代まで待つしかない。(44歳・独身・フリーランス)

 

■自分のスタイルだけを追求したヘア&メイクは痛い

あまり髪型もメイクも凝るほうじゃないけど、似合うもの以外は不毛。でも似合うと思い込んでるものばかりを続けていると、かたくなな感じなので痛いかも。少しずつ今の流行に迎合しておかないと、なんかメンタルが老けこんだ人っぽい痛さが漂う。それに最近気が付いて、どう迎合するか悩んでいる。(48歳・既婚・会社員)

 

このおばさんしぐさがNG!

■理由のないため息をついているのが痛い

少し気を抜くと、ついため息をついている。これといって理由もないのになんでだかわからない。これが私にと言っての痛いしぐさかなあ。疲れてるのかなあ。(47歳・既婚・会社員)

 

■スーパーでかごを持つ無意識のしぐさが痛い

これは怖いんだけど、スーパーの買い物かごをひじの関節にひっかけたまま、頬に指先を当ててる。これを無意識にやってる自分が痛いと思う。オバサンぽいとかそういうレベルを超えて、もう自分の価値観が「現役の女であり続けること」とか「どこで恋のきっかけがあるかわからない」というところから遠くなったと感じる。(42歳・既婚・公務員)

 

■なんでも「可愛い」になった変化が痛い

私、もうすぐ49歳なんですが、目じりを下げて「可愛いなあ」とか呟いてますね。それも自分の頬をムニムニしながらです。明らかに若い女の子たちの「カワイイー!」ってアレと違うんですよ。しぐさも言い方も表情も、好々爺っていうか孫を見つめる祖父母っていうか、そういう感じです。現代だと中途半端な中年なので、結構痛い。まだ現役であれこれ頑張れるでしょ?と言われたら、「逃げるんだよーん!」って気満々っていうカモフラージュっぽくて痛い。まだ自分がゴールだと思ってないけど、逃げも重要な選択肢なのが痛い。(48歳・独身・フリーランス)

 

■読書やスマホでそのしぐさが出ると痛い

文庫本やスマホを手にしているときに眉間を揉むというしぐさをうっかりしている。オバサンどころか、オッサンっぽい。確実に老眼が始まっている証拠だと思う。このしぐさを防ぐには、リーディンググラスという名の老眼鏡しかないのだろうか…。このことを悩んでいる自分も痛い。まだ若いと思いたいっていう部分が、すでに立派な中年なのに受け入れないとこが痛い。その痛さの凝縮がこの仕草だと思う。(47歳・独身・会社員)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

岩井志麻子 40代「オバサンと呼ばれたくない」女性がいて

オバサンと呼ばれたくない。と、真剣にいう一回りほど下の女性がいて、きょとんとしてしまった。誰も呼んでないじゃん。そりゃ世間一般的にはギャルじゃないけど、おしゃれ…

美白やたるみケアの前に、40代は「おばさんしぐさ」に注意して!

40代に差し掛かって来ると、若さをキープすることが毎日の習慣になっていきます。その努力がダイエットだったり、スキンケアだったり、とあれこれありますよね。そうやって…

「育ちが悪そう」と思われるしぐさ、話題、そしてインテリアとは…?【人気記事ランキング】

ただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週の人気の傾向はこんな感じでした。いよいよ8月がスタートし、本格的にお祭り・花火大会が行われましたね! みな…

【それは痛いオバサンだ…】「40代がリアルに青ざめた」20のエピソード・オトナ組

執筆陣も「40代の働く女性」なオトナサローネ。その執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】は、40代のリアルな知恵と体験にあふれています。今回は、みな…

秋だから気をつけたい「オバサン化」現象って?【今週の人気記事】

ただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週も引き続き、LOVEの記事が人気なのと、季節の変わり目だからかFASHIONの記事が人気でした!そんな秋に近づいた週…

職場の人間関係がストレスな40代に!「これでちょっと改善した」働く女性の5つの知恵

なんだかんだで、オフィスの最大の悩みは、お仕事そのものではなく「人間関係」! この悩みを避けるわけにいきません。そこで、働くリアルな40代に「オフィスの人間関係をいい具合に保つささやかな知恵」を聞いてみ…

いま40代が後悔しているのは?「30代までに挑戦と失敗をしておくべきこと」

40歳を『不惑』といったりしますね。しかし惑うこともありますし、30代までに挑戦し、仮に結果が失敗でも経験を積んでおけば良かったという後悔を持っている人は案外多いものです。むしろ、後悔と無縁の人のほうが少…

それ絶対ダメ!40代がいまだにやらかす「失敗ダイエット」5つの典型例

20代はやせていた人でも、40代になってからダイエットに取り組む必要が出ることは珍しくありません。また20代に多彩なダイエットを試した方の本気度もすごいです。でも20代のときと同じダイエットで失敗することが多…

40代ビジネスウーマンに聞いた!会社の「ストレスを上手に解消」する方法7選

普通に暮らしていてもストレスは溜まっていくもの。会社だってちょっとかみ合わせがずれればとってもストレスフルです。もうストレス生産所と呼びたいほどですよね。でも年齢を重ねるにつれて、降りかかるストレスに…

ダイエット疲れを吹き飛ばせ!やり直しに効く言葉は何?

大人は疲れと共存して生きるといっても過言ではないですね。その疲れの原因はアレコレあると思います。ダイエットも大人を疲れるものの1つです。今月のオトナの疲れ取り特集でも、ダイエットに疲れた大人の女性たち…

だから「実家へ帰省がイヤ」になる! リアル40代の叫び

お盆といえば帰省でしょうか。「実家に帰省したら、何をしますか?」というアンケートの回答が、実家に帰省したくない理由になってきてしまいました。そこであたらめて「実家が嫌な理由を教えてください」とアンケー…

夏の「電気代の節約」どうしてる? 40代女性のリアルを調査してみた

2018年は猛暑です。もう凄まじいものですよね。異常気象で日本の暑さが危険区な状態です。まさにエアコンが欠かせない夏ですが、電気代も気になりますよね。そこでどんな風に室内にも押し寄せている暑さに対抗しつつ…

40代のビール腹対策!みんなが太らない・二日酔いしないためにやっていることは?

夏はビアホールに行ったり、居酒屋の飲み放題も気分がアガりますよね。でも飲み放題でやらかすという失敗もあり得る問題です。それに二日酔いも怖い。そこで40代の読者にどうやって回避しているかをアンケートしてみ…

ラクに体重が落ちるとウワサの「粗食ダイエット」にライターがトライ、結果は!

1週間で体重を落とすとすると、やはり食事管理が欠かせません。つまり量とカロリーのコントロールですね。それにふさわしいのは「粗食ダイエット」!「そしょく」と言うと台湾のベジタリアンフード、「素食」が浮か…

ズボラ40代の結論! 紫外線過敏症の私がたどり着いた3つのガード術

こんにちは、不真面目なダイエット連載に定評のある藤井です。私のようにダイエットすら不真面目な人間が、美白なとどいうコツコツとした積み上げの必要なことを真面目に頑張れるとは思えないでしょう。でも、頑張ら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事