【あるある】こんな投稿見たことない?SNSに潜むいた~いおばさん9選

SNSが盛んな今の時代、オトナサローネ世代もやっている人は多いのではないでしょうか!

今回は、そんなSNSに潜む痛いおばさんについてご紹介していきます。

意外といるいる!となるかもしれません……。

 

SNSに潜む痛いおばさん9選

1:フィルター加工がやたらノスタルジック

「インスタを見ていていつも思うんですけど、年齢がいってる女性ほど、やたらノスタルジックな加工を好みませんか?

風景でも女子会の様子でも、なんでもスモーキーがかった加工で載せていると、写真もどことなく色あせて見え、人物写真だと、特にオバチャン感がすごいと思って見ています。

若い子のポストはビビッドな色使いが多いので、タイムライン上でも、悪い意味で目を引きやすいですね。

その人のページに飛んで一覧で見たときにも、暗い感じがして苦手です」(40歳男性/飲食店経営)

 

2:男性から見て「どうでもいい」ポストだらけ

「おしゃれでもなければ、面白くもない写真を、やたら頻繁に投稿している40代女性のインスタは、正直『いいね』を押す気にもならないし、なにを見せたいのかもよくわかりません。

なにを買ったとか、どこでなにを食べたとか、写真がおしゃれならば見ていて楽しいかもしれないけど、“単なる備忘録を見せつけられてる感”が強いインスタは、オバサンの自己満足って感じがします。

添えられている文章が粋だったりとか、何かしら特徴があれば、別ですけど……」(43歳男性/IT)

 

3:ポストにちょいちょい“愚痴”が混ざっている

「投稿に添えているテキストに、ちょいちょい愚痴が混ざっている40代を見ると『あ~、やっぱオバサンだな〜』って思いますね。

『このところ、体調が優れないけど、ウンヌンカンヌン』、『仕事でありえない出来事があって、ウンヌンカンヌン』なんかの愚痴は、読んでいてもゲンナリするだけ。

勢いがないっていうか、失礼ながら、もはや枯れてる感じがします」(42歳男性/地方公務員)

 

>>詳しくはこちら

 

4:女子会オバサン

「いい歳してSNSに『女子会♡』とかって書いているオバサン、ネタなのはわかるけど、痛々しいからやめたほうが……って思って見ているの、僕だけですかね?

たまになら微笑ましいけど、毎度のように“女子会”って言葉を連呼するオバサンほど、およそ“女子”って外見じゃなく、なぜそこまで“女子な自分”をアピールしたがるのかわからない」(34歳男性/自営業)

 

「女子会って言葉が女性同士の集まりを意味するのはわかっていますが、40代になって、この言葉をSNSで連呼している人は痛々しい感じがしちゃいます……。

毎日のように『女子会』って書かれても……、写真を見るかぎり、失礼ながら“女子会”ってよりも“オバ会”だろってのもあるんですけど。

なんで一部の40代って、20代や30代以上に“女子会”って言葉を、頻繁に使いたがるんですかね?」(37歳男性/専門職)

 

5:カフェオバサン

「カフェにいる様子を頻繁に投稿している40代のオバサンって、エアポートおじさん並みに、自己主張が激しいと思います。

しかもそのカフェの写真が、どこにでもあるチェーン店のコーヒーとかだったりすると『わざわざコレを投稿する必要あるのかね?』って思ってしまいますね(苦笑)。

僕のタイムライン上だと、大抵、仕事の多忙さをアピールするコメントがセットになっているんですけど、それもまた痛々しさを加速させている気がします」(36歳男性/専門職)

 

「カフェにいる自分を執拗にアピールするオバサンって、なんなんだろうって感じがします。

“おしゃれな自分”とか“若い感覚の自分”をアピールしたいのかなって思って見てますけど、別に“カフェ=オシャレ”ってことでもないと思うんですけどね。

この手の投稿が多いオバサンほど、得意げな雰囲気に見えるのも痛々しいです」(31歳男性/IT)

 

6:酒席オバサン

「毎度のように飲み会の様子を更新する40代のオバチャン、わりと痛々しいと思います。

僕が見かける投稿では、だいたい、同世代の男女が集っていて、みんな酔っ払い顔しているのが多いんですけど、過剰な“仲間アピール”って言うか『私、リア充です!』みたいな自己主張を感じますね……。

独身のオバサンに多い投稿って気がします」(32歳男性/地方公務員)

 

「お酒を飲んだ席の自撮りとか、その日に食べた料理とか。はたまたその日のメンバーの集合写真とか。

特に目新しいものでもなければ、斬新なポーズをしているわけでもなく、微笑んでいるオバチャンとオジサンが写っているだけの写真に『今日も楽しい時間をありがとうございました』とか、もはや誰に向かってなにをアピりたいのか不明です。

“毎日、充実している自分”を主張したいんですかね? 僕のまわりでコレを投稿しているのは、圧倒的に独身の年上女性が多いです」(34歳男性/SE)

 

>>詳しくはこちら

 

7:「おひとりさま」でも大丈夫!な投稿は逆に孤独を感じさせる

・「ツイッターで相互フォローしているアラフォーの独身女性。ひとりで高いお店に行ってランチ食べたとか、週末はひとりで紅葉を見に行ったとか、『おひとりさま』でも寂しくないもん! ってアピールが逆に寒い。

ひとりで行動できてすごいですねって言われたいのがミエミエだけど、男に誘われない自分を見せてることに気づいてないのかな」(36歳/公務員)

 

・「カラオケが大好きなアラフォーの女友達。昔はよく友達を誘って行っていたけど、最近は一緒に行く人がいなくなったのかヒトカラの様子をフェイスブックにアップしているのが寂しさを感じる。

カラオケの部屋でひとりでご飯を食べてる写真にはちょっと引いた」(42歳/サービス)

 

8:その金銭感覚、大丈夫?

・「県外の女友達。昔から犬が好きなことは知っていたけど、フェイスブックの投稿がいつも飼い犬の話題。服や餌とかにすごいお金をかけていて、トリミングも毎週行っているそうな。つながっている友達も同じような犬好きの人たちばかり。

……ほかにお金使うところがないんだろうなぁと思ってしまう」(38歳/フリーランス)

 

・「『老後が心配』が口ぐせで、今は投資にハマっているアラフォーの彼女。参加したセミナーのことや本の紹介とか投稿しているけど、とにかく『老後』をキーワードにして先の生活ばかり考えているのが見ていて苦しい。

男のお金に頼らない生き方は立派だと思うけど、俺との付き合いにも前向きに『投資』して欲しいと正直思う」(45歳/人事)

 

9:「自虐ネタ」はスルー一択!?

・「会社での失敗を取り上げては『がんばっているのにな』と健気さをアピールする同僚のツイッター。前はドンマイとかリプライしていたけど、ずっとそんな感じなので相手にするのが面倒になってミュートしました。

あれって、失敗してもめげない自分を知ってもらいたいだけでしょ?」(35歳/営業)

 

・「深夜に食べた料理の写真をアップして『こんなんだから彼氏ができないんだよね(笑)』みたいなことが書いてあると、いいねを押して良いのかどうかわからないからスルーしています」(36歳/配送)

 

・「イラッとする投稿といえば、社長とか肩書のある人と飲んで『人に恵まれて感謝しています』みたいなリア充っぷりを出しているアラフォー。謙虚さじゃなくて人脈の広さをアピールしたいのがミエミエで萎える」(39歳/看護師)

 

>>詳しくはこちら

 

 

スポンサーリンク

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

岩井志麻子 40代の「痛いファッション」について考える

アラフォー以上に対していわれる「イタいファッション」とはたぶん、本来なら十代や二十代が着るような「過ぎた若作り」、もしくは派手すぎ露出度の高すぎな「セクシーすぎ…

岩井志麻子 40代「オバサンと呼ばれたくない」女性がいて

オバサンと呼ばれたくない。と、真剣にいう一回りほど下の女性がいて、きょとんとしてしまった。誰も呼んでないじゃん。そりゃ世間一般的にはギャルじゃないけど、おしゃれ…

【飛行機あるある】機内をパニックに陥らせた40代女性の非常識行動って?

アテンションプリーズ!お客様の中に、迷惑なオバさんはいらっしゃいませんか?夏休みには飛行機を利用して、帰省先や国内・海外へお出かけになるという方も多いかと思いま…

この会話をしてたらオバサン…?思わず同情したくなる「ブス会話」4選

周囲に気を遣わせるような会話は避けるべきだと、皆さんご存知のはず。しかし、オバさんになると自分の周りが見えづらくなるのか、ついつい自分の話しばかりしてしまいがち…

【それは痛いオバサンだ…】「40代がリアルに青ざめた」20のエピソード・オトナ組

執筆陣も「40代の働く女性」なオトナサローネ。その執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】は、40代のリアルな知恵と体験にあふれています。今回は、みな…

【イタイ】お願いもう止めて!おばさんが話しがちな話題と口癖3つ

数々の職業を経験してきた私。世のオバさんたちと接する仕事も多数してきしました。オバさんたちの中には年齢とは裏腹に、不思議と若々しい人もいました。その中で私が出し…

40代が「もしかして私、痛いかも…?」と思うのはこんなとき!【読者調査】

「あの人、イターイ」と指さされるのは嫌なものです。でも、指さされる前に、ふとした瞬間に「私、イタイかも??」と気づいてしまったら……?「痛いファッション」「痛いヘ…

【あなたは大丈夫?】もはや犯罪レベル!職場の超非常識オバさん

あなたのオフィスに潜んでいませんか?人の気持ちを土足でドスドス踏み荒らし、オフィスの秩序と空気を乱す、常識知らずのやっかいなオバさん。今回は、オフィスにひとりや…

年下男性がげんなり! 職場にはびこる「自称サバサバ」オバさん3つの特徴

「私、サバサバしてるってよく言われるの! 」「面倒見がいいから人によく相談されるの」「なぜか女友達よりも男友達の方が多いんだよねー」普段そんなことを思っているあ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

バーで独女の隣にたまたま座ったオトコは、将来の〇〇だった……⁉︎|恋愛記事ランキング

オトナサローネで人気の恋愛記事。その中でも特に、今注目されている恋愛記事をランキング化しました!どれも衝撃的なお話ばかり……!それではご紹介していきます。1位・40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコが…

【募集】編集アシスタント(未経験者可) 学生・主婦もOK!

伝統ある女性誌出版社で編集のお仕事をスタートしませんか?主婦の友社オトナサローネ編集部は下記の要項で編集アシスタントを募集します。学生やパート(扶養範囲応談)もOKです。PCでの記事確認や、メールの返信、…

英語で「携帯電話」って言える?「Smart phone」よりも主流な言い方はコレ

オトナサローネで人気の「英語」記事。知っていそうで意外と知らない!そんな英語のフレーズを10選ご紹介していきます。是非チェックしてみてくださいね。①レアチーズケーキ一見、英語と思われがちな「rare cheeseca…

手土産にも!プロが「お取り寄せ」でリピートしている5つのアイテムって?

オトナ女子はビジネスでもプライベートでも手みやげを贈る機会が多いもの。相手の好みをくんだものもいいけれど、健康や美容によく、しかもトレンドを意識したものなら、感度のいい人も思わず笑顔に!【オトナの手土…

「序に」は「じょに」ではありません!読み間違えやすい日本語10選|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字記事」や「恋愛記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(8月26日~9月1…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事