40代女性のドレッサーにまだある!「もう使わないほうがいいコスメ」3選

 

デイリーメイクでそれなりに手をかけているつもりなのに「スッピンよりも、オバ見え!」なんて事態を招いていたら、かなりショックです。

しかしメイクは、自分に染み付いているルーティンによって手が自然に動くものでもあるため「もはやそれは不要」「本当はやる必要がない」な工程を無意識に続けてしまっていることも。

デイリーメイクでこれらの工程を取り入れていたとしたら、無用な厚化粧感を醸し出す原因になるだけでなく、もっと時短できるはずのメイク時間が、無駄に長くなってしまう要素にもなりうるわけです。

「私のメイクにも、ひょっとして無駄があるかしら……?」が頭をよぎった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性が昔からのルーティンとして続けがちだけれど、実は「使わなくてもいいコスメ」のお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:ツヤ感を加えたくて塗っている「リップグロス」

ふっくらとした口もとは、若見えや色っぽさを狙うならば欠かせないけれど、少し前まではトレンドだった「リップグロス」は、今となればすでに手放して問題ないアイテムの代表格でもあります。

さすがに、何年も前に流行ったような“ギトギト感”のあるグロスを使っている女性は、あまり見かけなくなっているものの「口紅を塗ったあとには、グロスを塗らないと落ち着かない!」と口にしていらっしゃる40代女性は、チラホラお見かけします。

しかし昨今の口紅は、単体でも“うるおい感”が強いものも多く、あえてグロスを重ねなくとも、うるっとした質感を演出できるものが主流。

それだけに、そこにグロスを重ねてしまうと、ギラッとしたイメージのメイクになりやすく「40代」という年齢もあいまって、やけに闘争的なメイクにも見えがち。

デイリーのルーティンに入ってしまっている方は、そろそろ手放してもいい頃合いです。

 

2:なんとなくルーティンで使いがちな「繊維がたっぷり入ったマスカラ下地」

20年ほど前にはマスカラメイクと言えば、ボリューム重視で繊維がたっぷり入った下地がマストだったものの、昨今のまつ毛メイクは「長く美しく」が主流に。

ところが、あの頃からの習慣でいまだに「マスカラを塗る前には、繊維で盛らないと!」と繊維入り下地を愛用しているとしたら、これはそろそろやめてもいいタイミングです。

40代のまつ毛は、20代の自分と比べれば毛が痩せてきていたりそもそも本数が減っていたりと、いろんな変化が訪れていてしかりではあるものの、あの繊維入り下地の独特の仕上がりは、昨今の“ナチュラルまつ毛”にはそぐわない人工的な仕上がりが、不必要に“年齢”を感じさせてしまう点も否めません。

今どきのマスカラ下地にも繊維が入っているものはありますけれど、旬のまつ毛を目指すなら「盛り盛りまつ毛をつくる」よりは「長さと太さをほどよく補いながら、まつ毛を美しくセパレートする」といったメリットを求めたほうが確実。

不自然に盛るのではなく、“自まつ毛感”を残せるよう、フィルムタイプの下地にシフトしたほうが無難です。

 

それもう捨てなきゃ!なこの1品は

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事