爽快!50代「枯れかけボディ」のめぐりを促す美容鍼で背中のハミ肉撃退

猛暑の中、老体に鞭打って仕事をこなすライター・中尾慧里です。最近は肌表面のトラブルだけではなく、健康面でもいろいろと心配ごとが増えてきました。50歳を越えてくると、シミだの吹き出物だの言ってる場合ではないんですね~。インナービューティは若い頃から必要ですが、万事を差し置いて必須となってくるわけです。

 

50代の健康のために必要なものって?

最近テレビで「健康のためには5つの素材が大事」ということで、魚、野菜と果物、茶色い炭水化物、ナッツ、オリーブオイルが挙げられていました。

 

さっそく買い物に行きましたよー(苦笑)。しかも、食物に含まれる成分だけ抽出して摂っても意味がないそうで。「食べる」という行為が大事だそうです。なるほどね~。噛む→栄養が運ばれる→健康の土台ができるってことでしょうか。

 

とはいえ、食事だけじゃやっぱり足りないので、サプリメントも大活躍するわけなんですが、50歳からハマッているサプリメントの話は次回にするとして、今回は内外ケアということで美容鍼のすごさを体験してきました!

 

フェイスの美容鍼は何度か体験して、その効果のすごさを知ってはいました。1回の施術で頬の位置が上がるんです! 肌の透明感も取り戻せるし、つるつるになる!

 

そしてボディのほうは、テニスエルボーになったりぎっくり腰になった時、鍼のおかげでスピーディに治ったことで、個人的には「鍼、すごい!」と絶大な信頼を寄せております。

 

そもそもは鍼がコワくて(実はピアスすら開けられません)、注射もイヤな私がなぜ信頼するまでになったかといえば、取材で鍼を打ってもらった際、まるきり痛くなかったこと。

 

というか、「今ほんとに刺した?」と疑うほど気づかず。もちろん、凝った部分に当たるとずーんという響きはあるものの、刺す=痛いという概念がぶち壊されたから。そして、打ってすぐに患部が軽くなったから。

 

 ハミ肉がターゲット! 毒のたまり場を襲撃!

とはいえ、美容鍼はもっぱら顔。痛みがないならボディにまで鍼は要らないかなーなんて思ってたんです。痩身もかなりハードにやらないと無理だろうし、と。

 

ところが。

 

表参道「ハリジェンヌ」の新ボディメニュー「センターリフト デトックスボディ」を受けてみてびっくり。1時間後にはこわばっていたカラダがすっきりして、背中のハミ肉が少しキュッと引き締まりました!

 

光本朱美院長によれば、ハミ肉=毒のたまり場。首の付け根・肩のライン・二の腕・脇・背中・お腹まわりといった部位に知らない間につく脂肪は、めぐりが悪くなったカラダの証拠。「固まったハミ肉が増えると、代謝・血流が悪くなり、猫背になり、体調も悪く、疲れた表情になりがち。ハミ肉の量だけ不幸になるとも言えるでしょう」と院長。コワい。

背が低いのに猫背な中尾は、年を取ることによりさらに丸くなりがち。カラダも曲がっているしコリもすごいと自覚しているので、この施術に飛びついた、というワケ。どういう内容かというと、ハリジェンヌ独自のハイブリッド美療メニュー「センターリフト」が基本。

 

「センターリフト」とは、硬くなった顔と頭皮の筋肉へアプローチすることで、中心から外側へと下垂して落ちてきた顔を、縦の中央部分(センター)に立体的に寄せて上げる施術。世界35カ国以上をまわって開発した、東洋の鍼灸とフランスのエステティックを融合させた、ハイブリッドで効果的なアプローチなんです。院長は、フランスでの経験も長く、世界中の美容のプロからの信頼も厚い!

 

その「センターリフト」をボディに応用したのが今回の新メニュー。ハンドとオリジナル美容器具を駆使し、美容鍼灸+経絡アプローチ+温熱療法も融合。とにかく1時間の間にあらゆる手法でデトックスして、冷えや肩こりの不調を解消し、全身の代謝・免疫をアップさせて、太りにくく疲れを軽減するツボも刺激。贅沢な内容です。

(キャプ)温熱器具と「エッフェルドゥースプロ」を手にする光本院長。

 

 

代謝が上がって肌もキレイに!

 

ハンドによる施術はカチカチになった部分をほぐしてくれて本当に心地よく、独自開発された刺さない鍼「エッフェルドゥースプロ」の刺激も快適。病気の治療にも使われるという温熱療法でカラダも芯から温まる!

 

施術後はほんわかぐったりして、トイレに行く回数も増えます。それだけ排出を促しているのかも。

上がbefore。下がafter。脇のぶよぶよあたりがキュッとなり、肩甲骨も出て全体的にセンターへ寄ったのか、背中が小さくなりました。

 

気になっていた背中は、ぶよぶよしていたのが、キュッと軽くハリが出てなめらかに。肩まわりはやや赤みが出ていたけれど、血流がよくなっているのか硬さも緩和されてました。かなり硬い部分は、施術中に「あー」と声が出るくらい鈍痛を感じたけれど、終わった後はすっきり! 背筋もしゃんとしました。

 

年々代謝は落ちていく一方だから、定期的にデトックスして毒素は出さないと。年齢に関係なく、「今」始めましょ!

 

ハリジェンヌ センターリフト デトックスボディ 60分 \21,600(※初回限定で¥9720)

 

https://harisienne.com/contact_body.html

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

【衝撃】実は臭いのは私?40代女性の「加齢臭」どうすれば消える?

ミドルエイジ以降にありがちなニオイ問題。枕が古本くさい、満員電車やタクシーなどで遭遇するオジサン臭。そんな「いかにも」なニオイばかりか、すれ違いさまの一瞬ですら…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

髪は女の運命を決めるのか? 量産型女子ヘアvs.個性派女子ヘアの人生を考察する

「髪は女の命である」。昔からこの言葉があるように、女性にとって髪はとても大切なものです。まずは、「女らしさの象徴」。男性にくらべて長い髪は、女性性を具現化したも…

40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見え…

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?【40代からの美容道】

目尻、ほお、額……。アラフォーにもなると、そこかしこにシワができてきます。中でも最も多くのアラフォー女性が気にしているのが「ほうれい線」でしょう。ほうれい線の深さ…

丸顔も奥二重も気になるけど! 40代からのメイクは「1点突破」主義【40代からの美容道】

コンプレックスだらけの顔です。丸すぎるほど丸顔の輪郭がイヤだし、奥二重のまぶたもイヤだし、ぺちゃんこ鼻もイヤだし……あぁ、数えたらキリがないくらい出てくるわ。20代…

植松晃士 大人のエチケットです! 40代から始めたい「アレの終活」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。肌を大胆露出する時期は過ぎてしまいましたが、ちょっと気になったことがあったので、「脱毛」のお話をしたいと思います。というのも…

「ほめられる肌」になりたい。汚肌に悩んでわかった40代からのスキンケア【40代からの美容道】

40代ともなると肌の悩みは尽きません。シミ、シワ、たるみ、くすみ……昔はこんなじゃなかったのに、年齢を重ねたせいでしょう。でも! 何歳になっても「ほめられる肌」にな…

使ってよかった! 40代の「ベストコスメ2017」by編集長アサミ【40代からの美容道】 

人生において超・肌荒れ時代を経験しているOTONA SALONE編集長の浅見です。当時とても悲しい思いをしたことがあるため、肌に関しては公私ともにいろいろ研究してまいりまし…

40代50代の「たるみ毛穴」をキュッと締め上げる!化粧水・美容液・クリームはコレだった

抗老化生活を模索している中尾慧里です。今回のテーマは「たるみケア」とのことなんですが、50歳を過ぎると、すべてにおいて重力には逆らえない状態。いろいろなことを試している最中なので、何を話していいやら?と…

50代の気になる吹き出物。美容のプロが長年使っている2品とは…?

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。気になっていた、老け感を増幅させるシミがなくなって、日々快適に過ごしております(前回記事でもご報告しましたが、クリニックでレーザーを…)。シミがない素肌って…

流行りの「太眉」、40代・50代はついゴン太眉になりがちだけど…

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。3月はクリニックでの「シミとり大作戦」を決行しておりまして、ついついこちらのブログから離れておりました。その大作戦のことは、シミのビフォー&アフター写真と共…

以前より「シワが深い、シミが濃い!」と思うこと、ありませんか?

ある日ふと、鏡を見ていて「シワが深くなってる!」「シミが濃くなってる!」とか、写真を撮ったとき「横顔がたるんでる!」といったことに気づくことはありませんか?深くなる肌悩み、あなただけではありません!40…

[PR]

50歳ぺたんこ髪のハリ・コシが復活!はちみつの秘密とは…

50歳のラインを超えると、途端に「毛」そのものが弱く細くなってくる、ということを実体験している今日この頃です。前回ご紹介した時のまつ毛もそうですし、体毛すらも弱弱しくなるし。でも、やっぱり他人の目にも明…

「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

もう20年ほど前にまつエクが流行り出した頃、お仕事のおつきあいもあってさっそく最先端のまつエクをやっていました。その前はまつ毛パーマにハマっていたので、やはり20~30代はぱっちりとした印象的な目を演出した…

10年試してたどり着いた!このコンシーラーを40代のシミ肌や色ムラに

コンシーラー暦10年。試しに試してたどり着いた感激の1本!はじめまして、こんにちは。美容ライター&エディターの中尾慧里です。これから皆さまに、自分でくまなく試して、これはすばらしいと確信した美容の情報を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事