婚活のつもりが“ひと夏の恋”に…40代女性が「やらないほうがいい」夏のモテテク3選

連日の酷暑にくじけそうになりながらも「秋までには、婚活を前進させたい」と、自分を奮い立たせながら、恋愛に意欲的な行動を心がけている40代女性も少なくない時期ではないでしょうか。

そして暑い季節には、気分も解放的になりがちだけに、恋のチャンスが普段より多いように感じる方もいらっしゃるはずです。

しかし、それなりの大人になったからには「ひと夏の恋」よりも、秋、そして冬まで続く「本物の恋」を求めたいと考えている40代女性のほうが多いのも実態なはず。

実は、夏にほど40代が“やらかし”がちなモテテクながら、男性からはすこぶる不評な行動もあるので、婚活を意識している方ほど心しておいて損はありません。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、モテを狙っているつもりが逆効果になりやすいことから、“40代女性は避けたほうがいいモテテク”に迫ります。

 

やらないほうがいい夏のモテテク1:TPOを考えずに、普通のデートで浴衣を着る

 

色っぽい女性の姿にグッとくる男性は多いことから「夏のデート」と聞けば「浴衣を着て行こうかしら」と頭をよぎる女性も少なくないと思います。

着物よりも手軽に着られますし、洋装のときとは異なる魅力をアピールするのにもひと役買ってくれる装いなので、“夏のモテ”を意識したい40代女性にほど“勝負服”でもあるかもしれません。

しかし、夏祭りや花火大会などのイベントごとでもない“街中での普通のデート”や“海水浴”などTPOがそぐわない場に、いきなり浴衣を着てくる40代女性には、思いのほか辛辣な感想を抱く男性も少なくないのです。

「デートプランを伝えているんだから、空気を読んでほしいよね」という声や「自意識過剰っぽくて、イヤ」などの評価が、私の周囲にいる男性たちからはチラチラ聞こえてきます。

40代女性の恋のお相手には、同世代やそれ以上の年代の男性も多いだけに、20代の頃のように「おっ!浴衣いいね!」と単純な話にはなりにくく、並んで歩いたときにバランスがとれない服装をしてきたことに“過剰な自己アピール”を感じてしまう男性もいることは、心しておいて損はありません。

 

やらないほうがいい夏のモテテク2:やたら露出の多い水着を着る

 

夏のデートでは、プールや海など、“水”にまつわる外出先も増えます。

そして、普段は体型を隠したファッションを好んでいる40代女性でも、そんなシーンでは「ここぞとばかりに」水着を着て、愛しの彼を悩殺させようとモテテクを企みがちでもあるかもしれません。

実際、なんとなく「男性はみんな、水着姿の女性が好き」的なイメージもありますから、解放的な気分も手伝って、普段より大胆な水着を選びやすいシチュエーションでもあります。

ところが、女性から「見て見て!」と言わんばかりの積極的な露出には、喜ぶどころか嫌悪感を示す男性も少なくないのが傾向です。

特に40代女性が「ここぞとばかり」に、露出をしている姿には「年甲斐もなく下品な女」「見ているこっちが、恥ずかしい」などのシビアな感想を口にする人も、決して珍しくない実情にあります。

意中の彼からモテようと思って選んだせっかくの水着姿でも、これではイメージダウンを招くネガティブ作用のほうが強くなってしまい、思ったような結果は得にくくなってしまいがち。

水着を着用する際には、“年齢なりの落ち着き”を意識したデザインのほうが、男性ウケを狙える傾向も強いです。

 

やらないほうがいい夏のモテテク3:大胆な言葉をやたらに口にする

 

暑い時期に特有の開放感から、普段よりも恋愛に大胆になれる女性が増えているシーズンです。

しかしだからと言って、普段は口にしないような大胆な言葉を口にしすぎてしまうと、こちらもモテるどころか男性が引く引き金に。

その場では喜んだような顔をしてくれる男性が多かったとしても、あまりにも大胆すぎる言葉の数々を出してしまえば、“ひと夏の恋”要員として不名誉なリストアップをされてしまうリスクのほうが大きくなります。

今の季節は、女性同様に男性も解放的になっているシーズンですから、“長続きする恋”ではなく“その場限りの盛り上がり”的な男女関係のワナもたくさん。

そんな季節に、開放感に任せてキャラを変え、その場の盛り上がりを狙うよりも、秋から冬にかけても穏やかな関係を築けるようなキャラに徹したほうが、本物の“モテ”を狙えるはずです。

特に、お酒が入って解放的な気分になりやすい女性ほど、この季節にはくれぐれもご注意を!

 

モテを狙っての行動であっても、男性から見て嫌悪感を抱くような振る舞いになってしまえば、本物のモテは遠ざかります。

「秋まで続く恋を、手にしたい」と思っていらっしゃる40代女性のみなさまは、モテテクの誤用で“ひと夏の恋”要員にされないよう、お気をつけください。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の視線】うわぁオバサン…40代・50代女性のシワ・声、姿勢、ココを重点注意して

40代・50代は肉体的な変化が訪れるとき。トレーニングなど頑張っている女性も多いと思います。気をつけているつもりでも、男性の視線はシビアに女性の「老化」を見つけてし…

はいアウト!これが年下男子の避けたがる40代・50代独女の「オバサンな生活」

40代・50代になってくると、年下の男性といっても同じミドル世代が多くなりますね。ビジネスでも肩を並べる機会の多い彼らですが、年上の女性はそれでも意識する存在。ちょ…

「それは確実にオバサンだわ」周囲がこっそり萎えてるLINEはコレ

最近は、ちょっとした業務連絡なら、LINEで済ませる人も増えています。そんな背景もあって、自分の部下や後輩とLINEアカウントを交換する40代・50代の女性も一般的に。とこ…

独女注意!40代が「思わずオバサンに見えた」3つの男目線

気をつけていても、ちょっとした気の緩みから出てしまう老けた仕草。何気ない瞬間でも、目ざとくチェックしている男性は多いものです。特に気をつけたいのはひとりのとき。…

#68 男の本音って…。モテない独女が合コンで痛感したこと【40代編集長の婚活記】

結婚できないどころか、恋愛すらできない40代独女、OTONA SALONE編集長アサミ。婚活を始めて1年になるが誰ともうまくいかない。周囲から「婚活してるけど、実は結婚する気…

モテ服のつもりでも僕らガッカリ…40代女性「勝負服」への男性のホンネがパンパない

40代になってガチンコの婚活を始めた女性ほど、ファッションでも「男性ウケ」や「男性からの好感」を意識しながら日々のコーディネートを選びたくなりがち。これまでは洋服…

「うわぁ、オバサン…」と思われる?40代独女のイタい告白シチュ3つ

恋は受け身になってばかりでは始まりません。思い切って告白しようと思うアラフォーの女性は多いでしょう。男性の気持ちをしっかり射止めるために、告白のシチュエーション…

やりがち? 秋旅デートで「お育ちが悪いオバサン」認定された40代女性の振る舞い

秋と聞けば「食欲の秋」が思い浮かぶほど、花より団子が本音な40代女性も少なくはないことでしょう。かくいう私もそんなひとりで毎年、秋が訪れるたびに“美味しいもの”を求…

送るだけで一発老け見え…!? デート前夜に男がガックリする40代女性のオバLINE3パターン

デート前夜にリマインダーを兼ねて相手にLINEをする女性は珍しくないけれど、そのLINEのテンションによっては、翌日のデートが楽しみにもなれば「やっぱり、面倒かも」を感…

まだ40代なのに…「ものすごくオバサンくさい」と男に感じさせる自虐ネタLINE3選

ちょっとしたネタ、あるいは謙遜の意を込めて送ったLINEのせいで「なんともオバサンくさい女性だなぁ」と男性に感じさせてしまうのは、40代女性にとってあまり嬉しい話では…

手をかけていても残念賞…!? 男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だけどこのニオイは…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女って

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事