眞鍋かをり、老化宣言から考えるアラフォー美醜戦争のゴールはどこだ。

タレント・眞鍋かをりが

「芸能人ってすぐ『劣化』とか言われたりするけど、この年になると「あ、知ってまーす♪どっちかっつーと老化でーす♡」と開き直って中年の権利を堂々と主張できるから、歳取るのってすき」

とツイートし、話題を呼びました。

 

劣化ではなく、老化である。こう言うあたりに、眞鍋の知性がにじんでいる気がします。ゴム製品を長く使っていると、伸びてしまって使いものにならなくなることを経年劣化というように、劣化という言葉の対象はモノであり、人ではありません。さらに言うとゴム製品が劣化するかどうかは、使用環境の問題です。ゴム製品を頻繁に使う環境では劣化は早くなるでしょうし、めったに使わない場所では長持ちします。

 

しかし、老化というのは、全生物に共通する平等な現象であり、芸能人に劣化という言葉を使う人だって日々老いているのです。劣化という言葉を使う人は、前提として「自分の外見は変わっていない」と思っていて、眞鍋は「そういうおまえだって日々老化してるんだからな」とさりげなく刺したように私には感じられたのでした。

 

ルックスを商売道具とする芸能人が見た目についていろいろ言われてしまうのは、ある程度はないことでしょう。しかし、眞鍋と同世代の男性アイドルが劣化したと話題になることはないので、やはり、女性の外見というのは特別な意味を持つのだと思うのです。

 

ヒトは好き嫌いを、外見で判断している

私が女性の外見の重要性を知ったのは、会社員の時でした。当時の私は、女性が美しいことは、勉強ができたり、スポーツができるのと同じように、「その人の一部」だと思っていました。しかし、男性にとっては「全部」なのかもしれないと思う経験をしたことがあります。

 

新入社員時代、教育係だった男性の先輩の当たりの強さに、私は悩んでいました。パソコンのモニターを指して質問をしたところ、「オレ、毛深いオンナ嫌い」と仕事に関する答えはもらえないなど、はっきりと私に対する嫌悪を示してきたから。「うちの部に仁科じゃなくて、〇〇ちゃん(美人同期)が来てくれればよかった」とか「仕事で役に立たないんだから、飲み会くらい持ってこい」と言われるなど、今の時代なら確実にセクハラだという目にあっていました。

 

つらかったのは、仕事に「嫌い」という感情を持ち込まれること。ミスをすると私は怒鳴られますが、かわいい子は「オレの説明が悪くてごめんね」と謝っている。ミスをするから評価が下がるのではなく、嫌いだから評価を低くする、その基準は外見であるというなら、自分ではどうしようもできないだけに、どうしたらいいのだと途方にくれたのです。

 

もう一つ、驚いたこと。それは同期女子が男性のブスハラにのっかることでした。20代の女性にとって、周囲はみんなライバルです。仕事の出来はもちろん、ルックスや彼氏、それとは別にごちそうしてくれるおじさんの数競争など、彼女たちは無数の闘いを繰り広げていたので、私のようなぶっちぎりのドベが面白かったのかもしれません。

 

しかしながら、私はこの先輩や同期のことを書いてデビューしたので、彼らにブスハラしてくれてありがとう!と言いたい気持ちでいっぱいです。

 

ブスを嫌うのは、オトコなのか?

それでは結婚して、恋愛市場から引退すれば、美醜の問題がなくなるのかというと、そうでもないようです。

 

私は社宅に住んでいたことがありますが、そこで子育て中のママさんから、ちょくちょく聞いたのが「美人なママと友達になりたい」なのでした。ママの世界の掟は私にはわかりませんが、ママ友とはお子さんありきの問題だと思っていたので、驚きました。おそらく、美人なママと一緒にいるほうが自分のステイタスが上がり、ブスママと一緒にいると恥ずかしいと思っているからでしょう。上述した男性の先輩と同じように、外見で好き嫌いを決めてしまう人は女性にもいるのです。

 

前述したとおり、ブスに厳しい男性はたくさんいます。しかし、いざ寝てしまえば、情がわき、それほど邪険にできないのが男性のもろさとちょろさです。となると、真の意味で美醜に厳しく、取り付く島もないほどにブスが嫌いなのは、女性のほうだと思うのです。

 

アラフォーともなると、ここに「老化競争」も加わります。彫りが深くて細身の女性は華があるので、若いころは美人と呼ばれますが、しじゅうをすぎるとシワが強く出たり、頬がコケて老けて見えてしまう。反対に薄い顔は若い時には目立ちませんが、年をとってもあまり変わらないという一種の逆転現象が起きます。老けた元美人か、老けないフツウかの仁義なき戦いが始まるのです。

 

このように、美醜戦争は長きにわたって続くもの。戦いが好きな女性は、とことん勝ち負けを追求すればいいでしょう。でも、もし、そういう戦いが不毛だと感じたらどうすればいいのでしょうか?

次ページ「究極のオンナ」を語るのはこのオトコ

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

菊池桃子よ、そのエリート官僚は「よい選択」なのか?モテ女に見るオトコ選びの謎

菊池桃子、再婚。交際報道がなかっただけに驚きましたが、もっともビックリしたのは、お相手の職業ではないでしょうか。東大卒の年上の官僚で相手は初婚。失礼ながら、クセ強めと言っていいでしょう。政治家と有名人…

飯島直子、あれだけの美人でも「不倫サレる」事態に私たちが考えるべきこととは

飯島や ああ飯島や 飯島や2009年11月12日号「週刊女性」(主婦と生活社)を読んで、芭蕉のごとく、句を詠んだ次第です。同誌は、不動産業を営む飯島の夫がガールズバー勤務の舞台女優との路チューや、女性…

安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは

子どもがいじめを苦にして自殺するとか、不登校になるというニュースは数が多すぎて、マヒしてしまった感がありますが、本当はとてもおかしなことだと思うのです。学校で命が奪われたり、教育を受ける権利を無くすこ…

石田ゆり子、イマになって「さみしい」と言い出すその背景を私が歓迎したいワケ

「天海祐希・石田ゆり子のスナック曙橋」(フジテレビ系)という番組をご存じでしょうか?その名のとおり、女優・天海祐希が場末のスナックのママ、石田ゆり子がチーママという設定で、客(ゲスト)を迎えてトークを…

広末涼子、スキャンダル女王が持つ「生まれつきのヤバい才能」とは?

今ではだいぶ下火になった感がありますが、芸能人の不倫が週刊誌を連日騒がせたことがありました。ベッキーなど人気者が続々と捕獲されていったわけですが、「あの人たち」が検挙されないことに、私はひそかに膝を打…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

注目の記事

LIFEに関する最新記事