痛くないのに【マイナス5歳見え】! 大人がチェックすべき秋冬3大トレンドアイテムって?

アラフォーは体型の変化やお顔のシワなどが気になり始めて、ちょっと憂鬱になる世代。しかし、頑張りすぎた若作りの結果、ただの「痛い人」になってしまう危険性も……! そこで、「痛くならずに着るだけで5歳若く見える」トレンドアイテムを厳選してご紹介します。

「若く見える人」と「若作りしてる人」の違いは、自然に見えるかどうか

いくら若く見えそうだからって、ミニスカートやダメージデニム、ニーハイブーツやリボンつきニットなどを着ていたら、ただの浮いた人。周りは何も言わなくても「あー、ちょっと無理してるな」と心の中では思われてしまいます。40代が自然にマイナス5歳見えできるのは、上品かつ女性らしさを感じさせるトレンドアイテム選びを心がけることが大事!

1.優しげに見えるポケットファー付きアウター

scn_0018

部分ファーがトレンドの今季、特にオススメなのがポケットにファーがあしらわれたコートやカーディガン。ふわもこの風合いが柔らかな印象をプラスして、身につける人の優しげな表情に見せてくれるんです。色はライトグレーやベージュなどの明るめを選べば、顔映りもよく簡単に若見えを叶えてくれること間違いなし。

2.さりげに肌見せ、後ろディテールニット

scn_0020

若い時にはデコルテや鎖骨見せで女性らしさをアピールしてきたけど、40代ともなると少々あざとい印象に。ヘルシーにさりげなく肌見せができるバックデザインつきのニットなら、上品な美しさを強調できることができます。一見シンプルなニットに見せかけて、アウターを脱いだ瞬間の意外性もポイントです。

3.フェミニンなレーススカートは辛口に

scn_0019

膝下丈のタイト、プリーツにガウチョまで、デザインが豊富に揃う今季のレースボトム。レース自体がフェミニンなので、カジュアルダウンして辛口に着こなすのがマイナス5歳見えのポイント。「冬に着る白」も今シーズン注目なので、ホワイトのレーススカートを選んで着こなしに抜け感を出すとさらに鮮度がアップします。

 

 

 

マイナス5歳に見えるテクニックとしては、他にもツヤ感のあるヘアメイク、自分のパーソナルカラーを知ること、いい姿勢をキープして過ごす、いつも前向きでハッピーなマインドでいることなど様々ありますが、すぐに身につけるのはなかなか難しいのが現実。

この秋、まずは手軽に始められて即効性のある、ファッションから挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

オバサンすぎ?過剰な「絶対焼かない美白ファッション」に気をつけて【特集オトナの美白とUV】

いよいよ夏も本番! 一週間休みを取って海外リゾートへ行く予定の人も、近場の海やプール、山などで短い休暇を楽しむ人も、気になるのが紫外線問題。10代〜20代前半なら、日焼け後も思い出の一つと笑って済ませられ…

「いい具合に盛れる!」40代が買って失敗しない色&柄の夏ファッションって?

世間ではセール真っ只中。つい買い足ししたくなるけど、店頭やネットで衝動買いしてしまうと、結局着られずに後悔することも……。今回は、今買って失敗しない、夏コーデのマンネリを解消してくれる色と柄のアイテムを…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街で意外と見かけるのが、服はきちんとしてい…

恐怖の薄着シーズンがやってきた!40代でも痛くない「やせ見え服」って?

梅雨も中盤、晴れる日は真夏日になることも多い季節です。これからは、どんどん薄着になっていき、ボディラインに自信が持てないアラフォー女性にとっては恐怖の季節。かといって、いつまでも全身を覆うスタイルでは…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国家資格とネイリストの資格を取って表参道で…

40代オバサンでも全然痛くない!いざという時頼れる「夏ワンピ」5ポイント

いよいよ梅雨時期、毎日ジメジメ蒸し暑い日が続き、おしゃれする気力がなくなってきている……という人も多いのでは? コーデを考えるのも面倒な日や、忙しい朝の時短にも効くのは、やっぱりワンピース。しかし、一枚…

あなたのそばにもいるかも?「恐怖のワンピース」が 40代のオバさん感を強調

40代にもなると、途端に似合うデザインが減ってくるのがワンピース。そういえば、最近あんまり着てないな……という人も多いのではないでしょうか。なぜなら1アイテムでコーデが完成するワンピースは、服の中でも対象…

「ごめん、無理」と男にお断りされる痛コーデ。40代の残念3大ファッションって? 

以前たくさんの反響を頂いた「ごめん、無理!」と男が引く痛コーデ 40代女性閲覧注意!? 記事。年相応のファッションが分からないおしゃれ迷子や、若作りや痛いと思われたくないアラフォー女性は、思ったよりも多…

今すぐやめて! 今年やると痛い目にあう去年の流行アイテムをおさらい

ファッションのトレンドは、継続するものも数多くありますが、流行りすぎたアイテムほど次のシーズンは廃れてしまうもの。特に雑誌でトレンドの特集に数多く掲載されたものは、翌年着ているといかにも去年っぽさが目…

うわダサっ…と思ってたコレがいま再流行中!「痛くない」リバイバルトレンド4

ファッションの歴史は巡るもの、この春の流行も昔私たちが経験してきたトレンドアイテムが復活して登場しています。でも、取り入れ方を間違うと、2周目だからこそ時代を超えた痛い着こなしになってしまう可能性も大…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事