小林麻耶、電撃婚で見え隠れする「感謝するオンナ」の心の闇

タレント・小林麻耶が結婚を発表しました。結婚願望がなかった小林は、この結婚を“ミラクル”とし、その理由を「天国の妹からのプレゼント」とブログにつづりました。

 

2016年、当時レギュラーを務めていた「バイキング」(フジテレビ)の放送中に体調不良を起こして、救急車で病院に搬送。仕事をすべて降板したり、妹の麻央さんの闘病など、何かと身辺が慌ただしかった彼女ですが、麻央さんの一周忌を迎え、新しい人生を取り戻しているように見えます。

 

ぶりっ子キャラという名の貧乏くじ

小林麻耶と言えば、「恋のから騒ぎ」(日本テレビ)で人気を博し、その後TBSに女子アナとして入社しました。ぶりっ子キャラというのは男性からの人気は稼げますが、芸能活動を長くしたいタイプの女性にとっては、とても損だと思うのです。傷みやすい食べ物のことを「足が早い」といいますが、ぶりっ子キャラも相当足が早い。若いうちは「かわいい」と言われるぶりっ子キャラですが、30歳をすぎると男性はそうはいってくれないでしょうし、女性には嫌われることは目に見えているからです。

 

ちなみに日本一有名なぶりっ子と言えば松田聖子ですが、「女性ファンをふやしたい」という目的で発注されたのが8枚目のシングル「赤いスイートピー」で、実際に女性ファンが急増し、コンサートの男女比が逆転したそうです。女性に嫌われないということが、人気商売でいかに大事かを物語るエピソードだと思います。

 

少し考えれば、ぶりっ子キャラは損だとわかるのに、それでも小林がぶりっ子が今に至るまでそれを続けているのは、小林が「恋のから騒ぎ」出身だからだと思うのです。「恋のから騒ぎ」は明石家さんまとシロウトの若い女性が恋愛に関するトークを繰り広げる番組で、小林はさんま好みのルックスとぶりっ子で注目を集めます。本来なら、TBSに入社した時点で、ぶりっ子を封印したほうがよかったのでしょうが、「恋のから騒ぎ」のイメージがあまりにも強すぎるので、いきなり真面目になっても固定ファンが喜ばない。

 

キャラはあってほしいけれど、あまり濃すぎると番組の進行の妨げとなるのが、アナウンサーの難しさ。小林の上司にあたる元TBSアナウンサー・吉川美代子が「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、「彼女はタレントだったから、フリーになってよかった」とコメントしていたことがありますが、もしかしたら、会社や同僚となじめていなかったのかもしれません。

 

フリーとなった小林は、女性ウケを狙ったのでしょうが、「結婚できない自虐キャラ」に生まれ変わろうとしたようです。「バイキング」(フジテレビ系)で、花嫁修業として料理や掃除に挑戦します。料理や掃除ができなくても、小林麻耶ならいくらでも結婚できるよと言いたいところですが、ともかく「ダメな自分」を演じることにしたようです。

 

正直、女性ウケ作戦は成功したとは言えないと思いますが、彼女が精神的に不安定なことが気になりました。同じ番組の中で「言っていることが、ころころ変わる」のです。時間の経過とともに考え方が変わることはよくあることですが、人格が分裂気味というか、求められている自分を演じようとするあまり、本音がわからなくなってしまっているのではないかと思ったのです。

 

スピリチュアルにはまるのは、なぜか?

なので、小林がブログでスピリチュアルの世界に傾倒していることをうかがわせたときに、なるほどなと思いました。「すべては必然」をスピリチュアルの基本的な考えとするのなら、苦しみも“正解”です。私のようによくしゃべる人間は、苦しい苦しいどうにかしろ助けてとわめいて周囲に迷惑をかけますが、苦しみを言葉にできない、もしくは本音を言えない人は「苦しくていいんですよ」「この苦しさは、何かのメッセージなんですよ」と言われたほうが救われるだろうと思ったのです。

 

スピリチュアルという世界や、それを信じる人を否定する気は全くありませんが、ひとつ思うのは、スピリチュアルを盲信すると、自分の本当のチカラを否定することになるということ。

 

たとえば、小林はブログにスピリチュアル界で有名な外国人女性の講演会に行ったら、会いたいと願っていた心理カウンセラー・心屋仁之助氏に会えたことを“ミラクル”と書いています。スピリチュアル的に言うと「願ったことをひきよせた」ということになるのでしょう。

 

「引き寄せ」に感謝しているアナタに、次ページ

スポンサーリンク

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

滝川クリステルという生き方、「決別できるオンナ」を作ったものは何か

若いときに、知っておけばよかったと思うことはいくつかありますが、その一つは「オトコは強くない」ではないかと思うのです。今の20代のカップルは、同棲しても財布は別、男性も家事をして、食事もそれそれ一人で…

壇蜜「俺が出世しないのは妻のせい」と思いたい男のニーズを引き受ける理由

売れる芸能人というのは、世相というか時代を反映しているのではないでしょうか。現代の女性アイドルに求められる要素とは?たとえば、昭和世代の女性アイドルや女子アナは、やる気のなさを頻繁にアピールしていまし…

デヴィ夫人、大統領夫人の座を射止めた「嫉妬」の燃料化テクニック

販売のお仕事は大変だなぁと思うことがあります。新宿伊勢丹のフレグランス売り場で、30代くらいの女性が「オトコする香水が欲しい」と販売員さんに話しかけていました。売り場でよく繰り広げられるシーンなのかもし…

中森明菜、実はジャニーズに翻弄され続けてきたその人生

特定の誰がをうらんでいるわけではありませんが、オトナやそのほかの人にだまされたなぁと思うことはあります。「努力は裏切らない」とか、「結果よりも、プロセスのほうが大事」とか。しかしながら、私のような人間…

蒼井優、「しずちゃんにも内緒」に秘められた魔性のオンナのこれだけの覚悟

「いい話だ!」とネットが歓喜した、非モテを掲げてきた南海キャンディーズ・山里亮太と美人女優・蒼井優の結婚。私には「人気のお笑い芸人と人気女優の職場結婚」「紹介したのは、職場の人(山里の相方であるしずち…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事