#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚活を経て、より真剣度が高いとウワサの「個室婚活」に挑むことに。

3人の男性と1:1で会話をしたものの、なんだか思うようには進まなくて……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

※最後に「婚活アンケート」があります。回答、お待ちしております!

 

個室婚活で会った3人の男性

個室ブースで男女1:1になって5分ずつ会話をする形式の「個室婚活」。婚活パーティの一種だ。私が参加した個室婚活は、8:8というものだった。

1人目のワイルドさんとは、「犬10匹と猫7匹、ウサギ5匹にハムスター5匹と一緒に暮らせる?」という問いに、自信がないことを伝えたところ、開始1分で終了。

2人目のシチサンさんとは、彼の趣味であるUFOのこと以外まったく話せないまま終了。

3人目のスクエアさんとは、とても真っ当に会話が進んだ。塾講師でバツイチ、別居中の子供が1人。求める相手は自分をサポートしてくれる家庭的な女性。生活サイクルはやや夜型で合いそうだった。

スクエアさんは、とてもちゃんとしていた。イヤな印象もなかった。けれど……。

 

あえて3人の中から選ぶなら?

最初の2人からものすごく先制パンチをいただいたせいだろうか。スクエアさん、なんか違うかも……。

今までで一番ちゃんとしているし、全然悪くない。逆に真っ当すぎて面白みがなく、スクエアさんに興味が持てなかった。ま、それ以前に彼が求めるお相手が「家庭的な女性」という点で、ハイ、私は圏外って感じなんだろうけれど(苦笑)。

ワイルドさんはほとんど話をしていないから論外だけど、スクエアさんよりはシチサンさんのほうが興味は持てる。

この「個室婚活」では、最後に自分が気になった人を3人選ばなきゃいけない。え、どうしよう。この中で3人に入れてもいい人……うーん、決められない。

そんなことを思いながら、4人目の男性を待った。

4人目は、ほぼ白髪の男性!

個室婚活、4人目の男性はどんな人なのだろう……。強烈な個性を発揮する人ばかりじゃないことは、3人目のスクエアさんでわかった。期待しよう。

「どうも、こんにちは」

気軽な感じで入ってきたのは、小柄で髪色がほとんど白髪の男性だった。パッと見、間違いなく60歳オーバーよ⁉ 言っちゃなんだが、“おじいちゃん感”が漂う。あれ、今回は40~50代中心ってあったけど……。“中心”だから、それ以外もいるってことね。便利な日本語だ。

この4人目の白髪の男性を、「シルバーさん」としよう。

シルバー「はじめまして、シルバーです。教育関係の仕事をしています」

アサミ「はじめまして。アサミと申します。出版社に勤務しています」

シルバー「あぁ、そうですか。僕は意外と出版社に知り合い多いですよ。じゃ、プロフィールカードを交換しましょうか」

アサミ「はい。よろしくお願いします」

教育関係……さっきのスクエアさんも塾講師だから教育関係だったな。今日はそっち系の職業に縁があるのかしら。しかしこの人、何してる人だろう。見た目通りの年齢なら、もう定年退職していそうな風貌だけれど。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事