レンジで3分!楽ちんなのに満足感「夏野菜のヘルシー丼」

フードスタイリストの河合真由子です。
酷暑が続く、日本列島。汗だくで帰ってきた日は、キッチンにたつのも億劫になりがち。そんなときにおすすめなのが火をつかわないでできる一品。今回は、電子レンジでつくれる夏野菜たっぷりのレンジ蒸し丼をご紹介します。

電子レンジでつくる夏野菜とサバ缶のレモン蒸し丼

【材料】1人分

茄子 1/2本
ズッキーニ 1/4本
パプリカ  1/8切れ
サバ缶(水煮) 50g
レモン 1/4個
A
酒 大さじ1/2
塩 小さじ1/2
白すりごま 大さじ1

オリーブオイル 小さじ1/2

ごはん 適量
【作り方】

1、茄子は縦に3㎜厚さに切る。ズッキー二は1㎜厚さの輪切りにする。パプリカは3㎜厚さに横に切る。サバ缶は水気を切って食べやすい大きさにほぐす。レモンは皮の白い部分を削ぎ、千切りにし、果汁を絞る。

2、耐熱容器に茄子、ズッキーニ、パプリカ、サバ、レモンの皮の千切りを入れ、Aとレモン果汁を加え入れて全体にざっくり混ぜる。

3、ふんわりとラップをし、電子レンジ(600w)で3分加熱し、1分蒸らす。

4、器にごはんを盛り、3をのせる。

 

夏におすすめ♪ 電子レンジ調理でラクに夕飯のおかずづくり

今年の夏は特に暑い!こうも暑い日々がつづくと、さすがに料理する気も失せてきてしまいますよね。そんなときにおすすめしたいのが電子レンジでぱぱっとつくれるおかずです。電子レンジは、残り物のおかずを温めるだけでなく、一から料理もできちゃうのです。

均一に火がとおるように具材の大きさを揃えてカットし、出汁や調味料類を合わせて加え、ふんわりとラップをすれば、あとは電子レンジにお任せ。じゃがいもなどの火の通りにくい具材でも薄くスライスしておくことで、電子レンジでも時短で調理が可能。しかも火をつかわないから、料理中も暑くなく、また、耐熱容器1つで料理が完結するので洗い物も少ないなどまさにいいことづくめ。
この夏はぜひ、電子レンジでラクに夕飯のおかずづくりはじめてみませんか?

電子レンジ調理で注意したいポイント

いいことづくめの電子レンジ調理ですが、手軽な分、ちょっとしたことで仕上がりに影響を及ぼすことも。特に、野菜からでる水分量が予想外に多く、仕上がりが水っぽかったり、味がいまいち決まらないことがあります。
そんなときは、以下のような方法を試してみてください。
・調味液にすりごまを加える。
・調味液に片栗粉、小麦粉を溶いて加えとろみをつける。

・春雨等の乾物を戻さずに加える。

いずれも、調理の途中に野菜からでる水分を吸収し、料理の味がしっかり決まるポイントになります。電子レンジ調理は手軽であるからこそ失敗しないコツをおさえて、手軽においしく夏の夕飯づくりができたらいいですよね。
ぜひ、お試しください。
【河合さん人気記事トップ3】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク