「餃子のたれ」最新アレンジ!意外に美味しいレシピベスト3

ここ最近の餃子ブームにあわせて、最近は、ワインやシャンパンなどとあわせたり、パクチーやキムチ、ゴルゴンゾーラチーズ入りなど個性的な餃子を提供するお店も増えてきました。餃子といえば、餃子にあわせるタレにも個性があらわれます。醤油に酢だけでなく、実はいろいろなあわせ方があるって知ってましたか?今日は、いつもの餃子をもっと個性的に楽しめる万能だれをご紹介します。

 

意外と知られていない酢胡椒

【作り方】

酢に胡椒をふる。お好みでラー油を加える。

【おすすめの餃子】
焼き餃子、揚げ餃子

最初のタレは、酢に胡椒をふっただけのタレです。お好みでラー油を加えるのもありです。餃子自体にしっかり下味がついているため、引き算の感覚でさっぱりいただけるタレです。あわせるなら餃子は焼きか揚げがおすすめです。

 

 

香りと食感で食べるパクチーナンプラー

【作り方】

ナンプラーに倍量のおろし生姜とレモン汁を加え混ぜる。ざくぎりにしたパクチーを添える。

【おすすめの餃子】
水餃子、焼き餃子

次にご紹介するのが、ナンプラーにおろし生姜を加え、レモン汁を足したもの。お好みでパクチーと一緒にいただけば、食感と香りもよく、餃子特有の脂っこさも気になりません。おすすめは水餃子、焼き餃子です。

 

 

個性的な麻辣(マーラー)風味タレ

【作り方】

長ねぎ(1/2本)、にんにく(1/2片)はみじん切りにし、ラー油、醤油(各大さじ1)、酢、砂糖(各小さじ1/2)、花椒(適量)を加え混ぜる。

【おすすめの餃子】
水餃子、蒸し餃子

最後に少し手間隙をかけてつくる麻辣(マーラー)風味タレです。おろしにんにく、しょうが等の薬味をたっぷりいれ、仕上げに花椒をふれば一気に本格的な中華の味に早替わり。ラーメンや、鍋の薬味タレとしてもつかえるのでおススメです。おすすめは、水餃子、蒸し餃子です。

 

個性的なタレでアレンジ自在に楽しむ餃子

いつもの餃子も、簡単に準備できるタレがあれば、マンネリ化することなくおいしくいただくことができます。これからのパーティーシーズン、大勢で集まるホームパーティーには、大量につくっておける餃子はおすすめのメニューでもあります。餃子にあわせて簡単につくれるタレを複数準備しておけば、同じメニューでもアレンジを楽しみながら食べることができ、会話も弾みますね。手軽に準備できる個性的な餃子のタレで、自分流に餃子をたのしんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク