「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」
「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください
「……」。

この言い方を失礼だととらえる人がいるということを覚えておきましょう。実際、Wordなどでも「お座りください」と打つと、言い換えを提案されます。どうして失礼な言葉とされているのでしょうか。今日はその理由と、素敵な言い換え方をお伝えします。

 

「おすわり」の語感

犬に「おすわり」と命令して座らせるしつけがありました。もちろん今でもあり、犬のしつけの基本とされています。しかし、最近はペットの犬も家族同然だとする場合が多く、犬に「おすわり!」などと命令しなくなりました。そんな中でこの「おすわりください」のうち「おすわり」と言葉が同じなので、変な気持ちになってしまうようです。

 

子どもにも「おすわりしましょうね」などと使う時がありますが、これも「すわり」に「お」をつけた同じ言葉です。そうです、この「おすわり」は主人側が、ペットや子どもなど、語弊があるかもしれませんが従属物に対して使われる言葉です。「しつけ」をする側とされる側という面もありますね。

ですから、目上の方やお客様などには使わない方が良いのです。

 

「おすわり」は失礼。では言い換えは?

さきほどの例で考えてみましょう。

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」
「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください。」

このような時には、どのような言い換えをしたら良いでしょうか。

このような場合は、「座る」を別の表現で考えるとすぐに分かります。辞書で引いてみましょう。

 

座る

  1. 膝を折り曲げて、席におちつく。また、腰掛ける。
  2. 位置・場所などを占める。
  3. 落ち着いて動じない。
  4. 印判が押される。
  5. 制止する。

(広辞苑第6版より)

辞書というのは、言葉を説明してあるものですので、まさに言い換えの宝庫です。困った時には活用しましょう。
なお、③~⑤については「据わる」の方を使います。

ここでの意味は①ですね。
ここで言い換えが書かれています。
「席におちつく」「腰掛ける」です。
これを利用しない手はありません。

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」
「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらに落ち着いてください」

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」
「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらに腰掛けてください」

このように言い換えが可能ということです。
相手に相当慌てた様子などがなければ、後者の方が一般的です。ただこのままでは、敬語的要素がありませんので、さらに丁寧に言い換えてみましょう。

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」
「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお掛けください」

このような言い換えがスマートですね。

 

「お客様をお連れしました」も失礼?

同様に、失礼に当たるとして、言い換えが推奨されるものとして「お連れしました」があります。

 

「つれ」の語感

伴われてその人と行動を共にする人のことを「連れ」と呼びます。「子連れで行く」と言えば、子どもが「連れ」ですし、先ほどの例ではありませんが「犬を連れて入れますか?」というと、犬が「連れ」です。「あら、お連れ様は?」と言えばいつも一緒に連れ立っている人のことですね。
このように「連れ」には、その人と同等、もしくはやや下の存在を表現する言葉です。
ですから、目上の方やお客様などには使わない方が良いのです。

 

「お連れしました」は失礼。では言い換えは?

この例で考えてみましょう。

「お客様をお連れしました。」

このような時には、どのような言い換えをしたら良いでしょうか。

このような場合は、「お連れする」を別の表現で考えるとすぐに分かります。今度は類義語辞典で引いてみましょう。

この場合の「連れる」は「誰かをどこかに連れて行く 導く」という意味です。
言い換えの言葉として、誘導、案内があります。
weblio類語辞典

「お客様をご誘導しました。」

「お客様をご案内しました。」

このような言い換えが可能だということが分かります。
後者の「ご案内」の方が一般的。これをさらに丁寧に表現してみましょう。

「お客様をご案内いたしました。」

となります。特に「自分が案内したんですよ!」という表現を包み隠すのであれば、お客様がいらっしゃったことを前面に出し、

「お客様がお見えになりました」

という言い換えも可能です。

 

敬語の表現がなんだかしっくりこない、なんだか失礼に聞こえる、このような場合は、言い換え可能な言葉がないか探してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

実は「違和感を感じる」は間違っていない。でも「頭痛が痛い」がNG日本語な理由

「人事異動で秘書課になったあの人、違和感ゼロだわー。もともとそこにいたみたいな感じ。」こんな日本語が、説明なしで通じる世の中になって参りました。言葉は移り変わるものですが、そもそも誤りであることを知っ…

「折り入ってご相談」が失礼に当たるタイミングって?NG敬語の言い換えは

「折り入ってご相談がございます」「微力ながらお手伝いさせていただきます」このような言葉は、ビジネスシーンではよく見られます。しかし、本来の言葉の意味を知らないと、使うタイミングを間違えたり、使うシーン…

「ますますお幸せに!」は離婚の暗示?結婚式でNGな言葉の言い換え術

メールや文書で失礼なことを書いてしまった場合、最悪謝罪をし、訂正したものを送ればいいのですが、結婚式のような大切なイベント時に失敗は避けたいもの。最近は二人のなれそめなどを文字、キャプション付きのムー…

あなたは大丈夫?「なし崩し」の正しい意味、日本人の20%しかわかっていない

「そんななし崩し的なやり方では、計画的に進まない」「良いのか悪いのか決めずに、なし崩しに動き出せば、失敗するよ」「貯金をなし崩し的に使い、あっという間になくなってしまった」こんなふうに「なし崩し」を誤…

「あなたのメールは読みにくい」と思われてる?ひらがなに直した方が良い言葉10選

毎日、私たちは様々な手段で、他社とコミュニケーションを取っています。その中で、文字によるコミュニケーション手段として、メールやSNS、文書や手紙などがありますが、圧倒的に多いのが「メール」によるコミュニ…

「今度伺わせていただきます」はNG?丁寧なつもりの「過剰敬語」が逆に無礼なワケ

どの企業でも接客の方法については新人研修などで学習済み。しかし、実際に業務が始まると、敬語以前に覚えなくてはいけないルールが山のようにあり、自分がお客さんに対して使っている敬語について、時間をとって検…

日本人の約7割が間違えている微妙な日本語!「〇〇を飛ばす」

「あの後輩、最近ちょっとたるんでいるから、檄(げき)を飛ばしてきたわ」「部長が部全体に檄(げき)を飛ばしたので、少し活気が戻ったわ」実はこの使い方NGです!「檄を飛ばす」のは、「しっかりしなさーい」と相…

「すみません」と言いがちな3つのシーンのNGは?「すいません」は論外です

「お茶をどうぞ」「すみません」「すみません、遅くなりました」「すみません、何とお呼びしたらよろしいでしょうか」このように「すみません」は大変便利な言葉です。「どうも」も同様ですが、さすがにビジネスシー…

尊敬語のつもりで「やられた」って言ってない?それ猛烈に失礼です!

「先生、〇〇ってやられたこと、ありますか? 面白いらしいですよ」「この前、〇〇をやられたっておっしゃっていましたが、どうでしたか?」このように聞かれたことがある人、言ったことがある人は結構多いのではな…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前からネット上でよく見かけた言葉で、私も、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事