#109 ご無沙汰な独女が「個室婚活でマッチング」した相手とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。

知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男性と1:1での会話が終了し、いよいよセレクションタイム、マッチングタイムへ……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

私が選んだ男性の1人は

個室婚活のセレクションタイムで8人の男性との会話や印象をひと通り思い出してみた。自分なりに「また会ってみたい、もう少し話をしてみたい」と思う男性を選んだ。

用紙に記入したのは2人。

1人はシルバーさん。68歳の大学教授で、奥様と死別した男性。髪がほぼ真っ白のおじいちゃん感が漂う外見だし、22歳も年上だし、第一印象は「ナシだわ」と思っていた。でも5分程度の話をしただけで、その印象は変わった。

 

短時間でも1:1の会話で印象は変わる

理由は、話が面白かったからだ。何しろ、初対面の私に対して

「結婚する気……あります?」とか

「人にはそれぞれ“ふさわしい場所”があって、なんとなくアサミさんは婚活パーティのような形式的なものには合わない気がするんです」とか

「結婚はステキなことだし、それによって得ることはたくさんあります。でも、結婚していないからこそ得ることもたくさんあります」とか……。

とても洞察力に優れていて知識が豊富、語り口調が穏やか。婚活相手に「あなたは婚活パーティじゃないほうがいいですよ」と言ってしまうオトナの余裕。そこに魅力を感じた。

私は、何かに秀でていて尊敬できる/穏やかな口調の男性が好き、ということがよくわかった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事