ほうれい線は片目ウインクで消える?40代のたるみをあっさり解消する3つのエクササイズ

40代の友人たちに「体のたるみで気になるのはどこ?」とアンケートしたところ、挙がったのは「顔、二の腕、お腹」でした。

いわく、バストやヒップのたるみも気になるけど、補正下着や服装でなんとか隠せます。

でも、もったりした顔のフェイスラインやほうれい線はもう隠せません。

幸い秋になりましたが、夏の間は鏡に映る自分を「ちょっと斜めから」見るたび二の腕のたるみが気になっていたし、お腹のたるみは鏡を見るたびげんなりします。

そこで、ヨガ講師の私から、こうした身体のたるみを内側から解消するエクササイズをお伝えしましょう。

50代60代と取り返しがつかなくなる前に、忙しくてもできる簡単で1日5分のエクササイズを習慣にしてください。

 

深いところからグイッと引き締めたい

単純に言うと、体は肌という一枚のボディースーツに包まれ、中身は肉と水と骨です。いたってシンプルな素材でできています。体表を覆っている皮膚をめくれば、骨をつなぐ関節や筋肉、お腹の中には内臓各種がテトリスのように上手くはめ込まれています。

 

たるみは、これまで浴びてきた紫外線ダメージが大きな原因。肌のハリが失われ、それがたるみを引き起こす一因となっています。肌のハリを化粧品などで保つことはたるみの予防対策として大切です。

 

しかし表面だけ繕っても内部がボロボロでは、まるで春先に雪が解け雪崩が起きるように、いずれたるみが起きてしまいます。体の中から皮膚を支えるように筋肉からたるみ対策をしましょう。

 

たるみを奥から支えるのは筋力です。

 

40年以上も使い続けてきた体がほころび始めるのは自然の摂理。筋力が低下しては、体を支えきれなくなります。また、水分の血液やリンパ液が滞って冷えれば、血流が悪くなり、結果的に疲れ溜まりたるみが顔に出ます。

 

けれど、諦めたくない!そこはグイッと重力に逆らっていきましょう。

 

筋力たるみの原因は大きく2つ。筋肉そのものの材質のたるみ、それと脱力している時に筋肉が伸びる事で起きるたるみ。

 

40代ともなると、筋肉の弾力性が低下します。材質的な皮膚のクオリティーの衰えは避けられないので、2つ目の脱力した際に筋肉が伸びる事で起きるたるみにフォーカスして、筋肉を縮めて力を入れることでたるみをサポートします。

 

表皮の下にある筋肉や筋膜をこまめに動かしてほぐしつつ、1日5分でできる簡単な3つのセルフケアを実行してください。まずは見えるところからたるみ対策を。結果がはっきり出ますから励みになり、忙しい日常生活の中でも余裕で続けられそうです。

 

ほうれい線はウインクが効く!3つのたるみにカンタンケア

その1:ほうれい線には「口角をあげてウインク」が効く!

自然で明るい笑顔は美人に見え、頬やアゴにたるみがなく口角が上がった表情は幸せに見えますよね。

この顔ウインクエクササイズの後には、続けて首まわしを左右数回行って、首のコリをほぐしてください。

首や肩がこった人は、猫背や悪姿勢などで顔が前に突き出しがちで、ほうれい線が出やすいもの。でも、首回しや肩回しで顔の周りの筋肉をほぐすと、お局的なコワい笑顔から自然な笑顔に変身します!

 

①まず、片目でぎゅっとウインクします。

②ウインクした側の頬と口角を上げ、目尻と口角をぐっと近づけます。

③そのまま約10秒間キープ。大頬骨筋、口角挙筋を意識します。

④反対側も同様に行います。交互に3回繰り返します。

 

両サイドの頬を上げるため、頬と口角を片側ずつ順に交互にあげるのです。

 

その2:二の腕のたるみには「肩を寄せる腕立て」が効く!

腕立て伏せのポーズをキープして、上腕三頭筋を引き締めます。二の腕に効かせるには上腕を外旋させてプランク。同時に腹筋や背筋、体幹も鍛えられます。

 

①腕立て伏せのポーズをします。肩の真下に手の平を着け、肘を伸ばします。

②お尻が下がったり、上がり過ぎたりしないよう、背中や腰、足をまっすぐに。

③両肩を後ろへ引くようにします。肩甲骨同士を近づけるイメージです。二の腕全体と脇の下近くがプルプルしてきたら効いているので、約10秒間キープ。

以前の記事「通勤の5分で差がつく!「たぷたぷ二の腕」をつり革ストレッチで撃退」(https://otonasalone.jp/61055/)も参考にしてみて下さいね。

 

その3: お腹のたるみには「寝たまま息を吐くだけ」呼吸が効く!

腰痛持ちの人でも、息を吐くだけで腹筋を鍛えられるのはご存知でしたか? 通称コルセット筋と呼ばれるウエスト痩身に欠かせない腹横筋、体の最深層部にある筋肉に効かせてお腹のたるみを内側から解消します。寝たまま行えるので運動不足や腰痛の方も取り入れやすいです。

 

①あおむけになり、両膝を立てます。腰が床から浮いている場合は骨盤を後傾にして腰を安定させます。

②口から息を吐きながらお腹を凹ませます。おヘソが背骨に近づくように意識。

③息を吐ききったら、お腹を引っ込めたまま約10秒キープ。

④鼻から息を吸って、数回繰り返します。骨盤の上部少し内側の筋肉が効いているのを感じます。手で触ってみてもOK。

 

顔、腕、お腹の3大たるみを1日5分続けるだけ。デスクワークの合間に顔のエクササイズを1分間、二の腕とお腹のエクササイズは就寝前に行なって、効率の良い時間の使い方で体の3大たるみをエクササイズ。引き締まった感覚が出て来るとワクワクしますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク