「コレはモテる!」男性からほめられた40代ファッションとは【オトナの婚活コーデ】秋

「婚活って、どんな服を着ればいいの?」 40代で婚活を始めたOTONA SALONE編集長・アサミです。モテも意識せず、デートすら約6年もしていない“ご無沙汰女子”だったため、本当に何を着ていったらいいかわかりませんでした。

しかし婚活歴2年! それなりに婚活パーティも参加し、デートも繰り返してきました。40代である私なりの【オトナの婚活コーデ】のリアルをお届けしていくこの企画、第2回です!

 

デートに正解!「白トップス×チェックSK」

いきなりですが、今回はオトナの婚活コーデとして「お墨付き」なものを披露いたします!

というのもですね、最近あるショップのオープニングレセプションがあって、そこへこのコーデで出かけたんです。そしたらアパレル業界のダンディな男性からこう言われました。

「アサミさん、今日のコーデは男性からモテますよ」って!!!

あら、うれしい!

モテ服の正解がわからないなりに、自分らしい婚活コーデについて真剣に考えてきました。その努力の甲斐あってか、このコーデは「アリ」なんだそうです。ダンディな大人の男性から、しかもファッションに詳しい男性からほめられました。

トップスは少しハリのある素材の白。夜のレセプションなので、肌見せもできるようにノースリーブにしてみました。だけどリアルにはちょっと肌寒いので、移動中はネイビーのカーデを肩がけしていました。

ちょっと輝きがほしいと思って、腕には存在感のあるゴールドバングルを。だんだんツヤが失われていく世代なので、最近は大きめアクセサリーで輝きをプラスしています(苦笑)。

 

このスカートで腰回りがスッキリ!

ボトムスはAラインのロングスカート。個人的にですね、Aラインのスカートが最近好きで。40代の肉付きのある腰回りがスッキリ見える気がするんです。

同じようなロングスカートでも、私の骨格のせいなのか、ギャザースカートだと腰回りがもたっと見えるんですよね。でもこのAラインだと、腰周りがわりとキレイに見えると思うんです(※あくまでも自分比ですが)。

チェック柄は秋のトレンド。チェック柄はジャケットだとマニッシュに、パンツだとボーイッシュに転がりますが、チェック柄スカートならグッドガールな雰囲気になります。なので、オトナの婚活コーデ的にはスカートで取り入れるのがおすすめ。

ちなみにこのスカートは夏モノです。まだ暑いから着ちゃってますけど、これと同じようなシルエットのAラインスカートを秋冬モノでも買いたいなと思っています。

お地味にならないように、足元は赤パンプスで華やかさをプラスしました。ちなみに唇も赤リップでちょい盛り。40代になって、パキッとした派手色を取り入れることが増えました。それは全体がぼんやりしてきたせいでしょうか……(苦笑)。

 

ノースリーブトップス ZARA

カーディガン MACPHEE

チェックロングスカート SLOBE IENA

ポインテッドパンプス(4cmヒール) NUMBER TWENTY-ONE

バングル CELINE

 

男性からリアルにモテるとほめられたこのコーデ、よかったらご参考にしてください。私がこのコーデで婚活デートに行ったかどうか? それはご想像にお任せいたします。

というわけで、40代編集長アサミによる【オトナの婚活コーデ】、たぶんまた木曜20時にお届けする予定です!

【初回はコチラ】

#1 初めての婚活パーティは「品よく見える」を意識【オトナの婚活コーデ】

 

【40代編集長の婚活記まとめはコチラ】

 

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

まだ着ていたら痛い!? 40代が「即捨てるべき」7つのアイテム【2019春】

気温も上がってきて、そろそろワードローブも冬物から春物へと入れ替えたい時期。春の新作を買い足す上で、去年のアイテムをどれを残してどれを処分しようか悩んでいる人も…

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事