実は損してる?「保険の途中解約」失敗しない見直しポイントをチェック!

家計の見直しをするうえで、まず「保険の見直し」を検討する人は多いもの。新入社員の時に加入し、20年近く保険料を支払い続けているけど保障内容をあまり理解してないといケースはマネー相談の場でもよく見受けられます。

保険を見直したい気持ちはありつつ、「今まで続けてきた保険を途中で解約するのは損なのでは?」との質問も多々あります。保険を途中で解約すると損なのでしょうか。

 

■「掛け捨て型」なら解約しても損なし。保障内容をよく吟味してみて

掛け捨て型なのか貯蓄型なのかによって解約返戻金があるかないかが異なります。

「掛け捨て型」には、お金が貯まる仕組みがないので、満期保険金や解約返戻金などがありません。

掛け捨て型のメリットとしては、同じ保障内容の貯蓄型にくらべて、保険料の負担をおさえることができます。さらに、解約返戻金などがないため、いつの時期に解約しても損するという考えはありません。

ただし、注意したいのが保険はいつでも解約できますが、加入するには健康状態の告知が必要になること。解約後に加入したいと思っても健康状態によっては加入できない可能性もあります。

また、保険料は契約時の年齢が大きく影響するので、年齢が増すごとに保険料は高くなります。

あらためて保障内容を見直してみたところ、ここまでの保障は必要ないということであれば、解約、もしくは全部解約しなくても保険によっては保障を減額するなどの一部解約することもでき、保険料を下げることもできます。解約前にあらためて保障がいくら、いつまで必要なのかを考え、本当に解約しても大丈夫なのかどうか検討しましょう。

掛け捨て型は途中で解約しても「損」ということはないので、他の保険の見直しやすいのも掛け捨て保険の特徴です。

 

■「貯蓄型」の解約は要注意。予定利率の高いお宝保険もある

 

一方、「貯蓄型」の場合、満期前や保険料払込期間前など解約するタイミングによって、これまで支払ってきた保険料を解約返戻金が下回る事もあるので「損」する可能性があります。

加入してから経過年数が経つほど解約返戻金が増える仕組みです。また、保険に加入した時期によって予定利率が異なります。

予定利率は契約時の金利が適用され、予定利率が高いほど満期保険金や解約返戻金も高くなります。過去に販売されていた保険で今では期待できないような予定利率が高いお宝保険に加入している人は慎重に検討しましょう。たとえば新卒当時の1995年頃の保険ならば、予定利率3%などというものもあります。

今は銀行に預けていても低金利で推移しているので、予定利率が高い保険であればお金を貯める目的としては活用したいところです。本来、保険とはリスクが生じた場合に経済的な損失をカバーするのが目的ではありますが、無理なく保険料が支払えるのであれば解約する前には十分検討しましょう。

とはいえ、保険料の支払いが困難な場合は無理して続けることは厳しいです。その場合は、払い済み保険にして保障は残し保険料の支払いをストップするなど解約しなくても保険をキープできるかどうかについて、加入している保険会社に相談してみるとよいでしょう。

 

■まとめ

 

掛け捨て型は、いつ解約しても「損」ということはありません。貯蓄型は、解約するタイミングによって支払った保険料が解約返戻金を下回る可能生が高いので、解約するタイミングによっては「損」することもあります。いずれにしても、保障として必要がないのか、減額、払い済みなどの方法なども考慮し、解約する前にはきちんと検討しましょう。

 

★お金の相談、してみませんか?こちらまで!

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

お金が貯まらないのはなんで?チェック10項目で原因を知ろう

無駄遣いしているつもりはないけど、なかなかお金が貯められないという声をよく耳にします。お金を使いすぎているのか、それとも単にお金の貯め下手なのでしょうか。無駄遣いしているつもりはなくても無意識にお金を…

40代独女の【老後資金】はどう準備する? 初めての「資産形成」の基礎の基礎 

老後資金は年金だけでは、2000万円が不足するというニュースを見たり、耳にしたりすると「私の老後大丈夫かしら?」と不安になっていませんか。もう40代になり、老後の生活がチラつきだし、そろそろ本気で「資産形成…

年収は関係ない!?【お金が貯まる人】の超意外な5つの共通点

お金が貯まる人は、日々お金のことばかり考えているわけではありません、無理しなくても気づいたら貯まっていたという人もいます。お金が貯まらないという人からすれば、無理せず貯められるなんてことなんて信じがた…

【節約】おひとり様だからこそできる!ストレスフリーな「節約術」

厚生労働省によると平成29年(2017年)の女性の平均寿命は87.26歳となっており、平均寿命は年々のびていっています。40代にさしかかると老後の長い生活に少しずつ夢や不安をいだくようになってくるのではないでしょ…

【◯◯しないだけでOK!】貯蓄できる人が「やらない」5つの習慣

貯蓄ができる人と貯蓄ができない人では、日々の習慣にも違いがあります。貯蓄が思うようにできないという人は、自分の行動を振り返ってみませんか。今回は、貯蓄できる人はやらない5つの習慣をご紹介します。安い時…

【ラクにお金がたまる!】お金をためられる人がやっていること5選

お金を貯められない人が急に貯めようとすると、節約するために極端にお金を使わなくなったり、無理のある貯蓄目標額を設定したりするため、半年もたたずにギブアップしてしまうという人は少なくありません。お金を貯…

【40代の平均】老後?旅行?リアル40代は「何のために、いくら貯蓄をしている」?

友人や同僚と仕事や恋愛の相談はするけれど、具体的に聞きづらいのがお金の話。これまで、何となく将来に備えて貯蓄はしてきたという人も少なくないでしょう。ところでみんな何のために貯蓄をしているのか気になりま…

お金にも4つのパーソナルタイプがある?言われてみれば当たり前な「私がたまらない原因」

貯蓄がなくて不安、お金を貯めた方がいいとわかっていながら、お金が貯められないという人は少なくないでしょう。お金を貯めたい気持ちはあるのに貯められないのはどうしでしょう。そこには、心理的な要素がひそんで…

わからない!年収400万、ごくごく初歩の「投資」の前に知っておきたいことは

投資に興味はあるものの、「リスクが不安」、「難しそう」、「投資するほどの大金もない」など、なかなか投資に踏み出せない人は少なくありません。実は投資の基本を知ることで、こういった不安は軽減されるのです。…

春からはじめる!お金が貯まる3つの「生活改善」って?

年明けから早4ヶ月弱たち、気が付けば1年の1/3が過ぎ去ろうとしています。今年こそ、お金を貯める!と決意していたのに、計画通り貯蓄ができてない人も少なくないでしょう。今回は、なかなか貯められない人の原因…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事