実は損してる?「保険の途中解約」失敗しない見直しポイントをチェック!

家計の見直しをするうえで、まず「保険の見直し」を検討する人は多いもの。新入社員の時に加入し、20年近く保険料を支払い続けているけど保障内容をあまり理解してないといケースはマネー相談の場でもよく見受けられます。

保険を見直したい気持ちはありつつ、「今まで続けてきた保険を途中で解約するのは損なのでは?」との質問も多々あります。保険を途中で解約すると損なのでしょうか。

 

■「掛け捨て型」なら解約しても損なし。保障内容をよく吟味してみて

掛け捨て型なのか貯蓄型なのかによって解約返戻金があるかないかが異なります。

「掛け捨て型」には、お金が貯まる仕組みがないので、満期保険金や解約返戻金などがありません。

掛け捨て型のメリットとしては、同じ保障内容の貯蓄型にくらべて、保険料の負担をおさえることができます。さらに、解約返戻金などがないため、いつの時期に解約しても損するという考えはありません。

ただし、注意したいのが保険はいつでも解約できますが、加入するには健康状態の告知が必要になること。解約後に加入したいと思っても健康状態によっては加入できない可能性もあります。

また、保険料は契約時の年齢が大きく影響するので、年齢が増すごとに保険料は高くなります。

あらためて保障内容を見直してみたところ、ここまでの保障は必要ないということであれば、解約、もしくは全部解約しなくても保険によっては保障を減額するなどの一部解約することもでき、保険料を下げることもできます。解約前にあらためて保障がいくら、いつまで必要なのかを考え、本当に解約しても大丈夫なのかどうか検討しましょう。

掛け捨て型は途中で解約しても「損」ということはないので、他の保険の見直しやすいのも掛け捨て保険の特徴です。

 

■「貯蓄型」の解約は要注意。予定利率の高いお宝保険もある

 

一方、「貯蓄型」の場合、満期前や保険料払込期間前など解約するタイミングによって、これまで支払ってきた保険料を解約返戻金が下回る事もあるので「損」する可能性があります。

加入してから経過年数が経つほど解約返戻金が増える仕組みです。また、保険に加入した時期によって予定利率が異なります。

予定利率は契約時の金利が適用され、予定利率が高いほど満期保険金や解約返戻金も高くなります。過去に販売されていた保険で今では期待できないような予定利率が高いお宝保険に加入している人は慎重に検討しましょう。たとえば新卒当時の1995年頃の保険ならば、予定利率3%などというものもあります。

今は銀行に預けていても低金利で推移しているので、予定利率が高い保険であればお金を貯める目的としては活用したいところです。本来、保険とはリスクが生じた場合に経済的な損失をカバーするのが目的ではありますが、無理なく保険料が支払えるのであれば解約する前には十分検討しましょう。

とはいえ、保険料の支払いが困難な場合は無理して続けることは厳しいです。その場合は、払い済み保険にして保障は残し保険料の支払いをストップするなど解約しなくても保険をキープできるかどうかについて、加入している保険会社に相談してみるとよいでしょう。

 

■まとめ

 

掛け捨て型は、いつ解約しても「損」ということはありません。貯蓄型は、解約するタイミングによって支払った保険料が解約返戻金を下回る可能生が高いので、解約するタイミングによっては「損」することもあります。いずれにしても、保障として必要がないのか、減額、払い済みなどの方法なども考慮し、解約する前にはきちんと検討しましょう。

 

★お金の相談、してみませんか?こちらまで!

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

お金が貯まる人のお財布は?今すぐやるべきお財布断捨離

お金が貯まっている人のお財布はどんなお財布を使っているのでしょうか?外出時は肌身離さず持ち歩くお財布は、その人のお金に対する想いがつまっているといっても過言じゃありません。お金が貯まる人のお財布はどん…

お金が貯められない人が、今すぐやめるべき3つの行動

毎月、贅沢をしているわけでもないのになかなかお金が貯まらないという人は少なくありません。お金を貯められないと気になっている人は、「お金を貯めたい!」と願っているのですから、今こそ行動を変えてお金を貯め…

40代女性の平均年収、正社員と非正規雇用ではどのくらい違う?

今40代の人達が卒業した頃は正社員で就職するのが当たり前の時代でしたが、現在は働き方も多様化し、パートや派遣者社員といった非正規雇用を選ぶ人も増えています。働く時間の自由度を求めて非正規雇用を選ぶようで…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー相談で急に増えるのが、老後の生活費、定年…

40代独身女性の平均年収は?お金はどのくらい貯めていますか?

20代の新入社員の頃は、正直、給与も横並び。初任給の話やボーナスや貯蓄額など友人とお金の話をしやすかったけれど、年齢が上がるにつれお金の話はタブーになりつつあります。40代ともなるとポジションや業種の違い…

40代の「3ステップ自動貯金術」で、がんばらなくても家計がなんとなく管理できるように…?

「家計管理」という文字を見ると、反射で「苦手」「めんどう」という気持ちになりますよね。20代、30代のうちは、家計管理ができなくても、まだ現役として仕事をする未来が長い分だけそれほど焦りはありませんでした…

ほったらかしでも気づけばお金が貯まる!自動貯金の仕組みづくりキホンのキ

お金が貯められる人は、「きちんとお金の管理ができて、無駄遣いをしない生活をおくっている」とうイメージがあるかもしれません。もちろんそういう人もいますが、お金のことを細かく考えず、ほったらかしでもお金を…

つらい節約生活にサヨナラ!疲れずに無理なく貯める5つの方法

お金を貯めるために日々、節約をしていても、節約生活をつらいと感じているのならば長くは続きません。また、つらい節約生活をしているつもりでも、思ったよりお金が貯まってないという人も少なくありません。つらい…

40代が家を買うなら。住宅ローンはいくらまで?オリンピック後がいい?

これまで住宅ローンの負担もなく、引越しも気軽にできる身軽な賃貸がいいと思って過ごしてきた30代。40代になると老後のことも頭をよぎりはじめると思います。家を買いたくなってきたけど、住宅ローンはいくらまで組…

美白をコストで考えると「手前」ほどコスパがいい!

いわゆる「美人」をイメージすると、一番に思い浮かぶのが「美しい白肌」。若い時には日焼けが気にならなかったけれど、40代になりますます年齢を重ねるごとに夏の日差しがつらくなります。日焼けすると「シミ」がで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事