「あの人、怖いオバサン…」とレッテル貼られてる!40代女性のLINE 3つの傾向

2018.09.25 LOVE

気づけば「怖いオバサン」3:断言調の文章が多い

「~してください」「~お願いします」など、断言調で言い切っている文章が目立つ女性も、読み手には「怖い人……」という印象を与えがちです。

砕けた言い回しで会話をする仲に発展していないときには、比較的使いがちな文体ながらも、断言してしまう文章がズラッと画面に並んでいると、命令調のLINEにも見えやすく、かなり危険。

私のまわりの男性たちからは「こういう女性とは、深入りしないようにしている」(30代男性)、「偉そうで嫌い」(40代男性)と、すこぶる不評な実態にありました。

偉そうに指示をしているようにも受け取られやすく、気が強そうな印象や、上から目線の自意識過剰な女性にも見えやすい典型です。

敬語で送る間柄にあれど怖いイメージを避けるならば「〜していただけますでしょうか」や「お願いしてもいいでしょうか」など、少々丁寧な言い回しに言い換えたほうが無難です。

 

自分では「怖いオバサン」になっているつもりなんて毛頭ないのに、周囲から「怖すぎ!」と思われていたら、かなりショック。

文字をやり取りするLINEでは、対面ではなんてことない表現であっても、キツく見えたり上から目線に読めたりしやすい傾向もあります。男性からの好感度を上げていきたい女性は、よろしければ気をつけてみてください。

1 2

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク