「すみません」と言いがちな3つのシーンのNGは?「すいません」は論外です

「お茶をどうぞ」「すみません」

「すみません、遅くなりました」

「すみません、何とお呼びしたらよろしいでしょうか」

このように「すみません」は大変便利な言葉です。「どうも」も同様ですが、さすがにビジネスシーンで「どうも」は耳にしません。ところがこの「すみません」は結構な頻度で聞くことの多い言葉ですよね。

 

3つの「すみません」のどれを言っているのか

この場合の「済む」は「気が済む」の「済む」です。その打消しですから、「このままでは気が済みません。お礼をさせてください。お詫びをさせてください。」そういう気持ちの言葉となるわけです。

先ほどの例でも、最後の例を除いて

「お茶をどうぞ」「すみません」の「すみません」は「このままでは気が済みません。お礼をさせてください」の「すみません」に属します。
また「すみません、遅くなりました」の「すみません」は「このままでは気が済みません。お詫びをさせてください」の「すみません」に属します。
ですから、もともと何の意味で言っているのかに注目し、元の言葉を敬語に直せば、仕事の場面でも、雑ではなくきちんとした言葉になります。

 

1・お礼の意味で言っていたら「ありがとうございます」に

「お茶をどうぞ」「すみません」の「すみません」はお礼の意味があります。お礼を言うときは何と言いますか?
そうですね「ありがとう」です。ですからそれを敬語にすればいいのです。
お茶程度でしたら「ありがとうございます」でOKです。
それ以上のことでしたら「感謝申し上げます」のように熟語に直すと形式ばった感じになりますし、「ご親切にありがとうございます」などのように理由を添えると伝わりやすくなります。

  • 「書類はこちらです」
    ×「すみません」
    〇「ありがとうございます」
  • 「控室をご用意しました」
    ×「すみません」
    〇「ありがとうございます。一息つくことができます。感謝申し上げます。」
  • 「今日の資料はメールでもお送りいたします」
    ×「すみません」
    〇「ご丁寧に、ありがとうございます」

 

2・お詫びの意味で言っているなら「申し訳ございません」に

さて、「すみません」はこちらの意味で使う人が多いのではないでしょうか。お詫びです。
まずは早いタイミングでのお詫び、真摯な態度なども必要ですが、言葉の上でも注意がいります。

「すみません、遅くなりました」
前述しましたが、この「すみません」は「このままでは気が済みません。お詫びをさせてください」の「すみません」に属します。
他に
「このたびは、すみませんでした。」
「すみません、私が間違えました。」
「こんなことになってしまい、本当にすみませんでした。」
など、使用頻度の高い言葉ですよね。

これらはすべて「お詫び」の言葉です。ですから、お詫びの言葉に置き換えるのがよいでしょう。
「このたびは、申し訳ございませんでした。」
失礼いたしました、私が間違えました。」
「こんなことになってしまい、お詫びの言葉も見つかりません。」

このように、便利な「すみません」を使わず、きちんと「お詫び」だとわかる文言に直すことが大切です。

 

3・呼びかけの意味で言っているなら「恐れ入りますが」に

実は「すみません」にはもう一つ意味があります。それは呼びかけです。

  • 「すみません、お手洗いはどちらですか」
  • 「すみません、よく聞こえないのですが」
  • 「すみません、〇〇様でいらっしゃいますか?」

ピンとこない人はこんな例はどうでしょう?

  • 「すみませーん。注文いいですか?」

このような「すみません」は呼びかけの意味で言っていますよね。
この場合も、他に言い換える言葉があります。「恐れ入りますが」です。

  • 「すみません、お手洗いはどちらですか」
  • 「すみません、よく聞こえないのですが」
  • 「すみません、〇〇様でいらっしゃいますか?」

これらの「すみません」はすべて「恐れ入ります」に置き換え可能です。

  • 「恐れ入りますが、お手洗いはどちらですか」
  • 「恐れ入ります。よく聞こえないのですが」
  • 「恐れ入りますが、〇〇様でいらっしゃいますか?」

このフレーズは、メールなどの書き言葉でも有効です。

× すみませんが、もう一度送ってくださいますよう、お願い申し上げます。
〇 恐れ入りますが、もう一度送ってくださいますよう、お願い申し上げます。

× すみませんが、10分前までに会場にお越しくださいますようご案内申し上げます。
〇 恐れ入りますが、10分前までに会場にお越しくださいますようご案内申し上げます。

「すみませーん。注文いいですか?」

これはさすがにラフな例で、ビジネスシーンには無関係なように思いますが、会食などの場面では使うこともあるでしょう。
その場合は、目くばせでウエイターを呼び、「恐れ入ります。注文をお願いします」というように利用できます。

 

「すいません」は論外

「すいません」は「すみません」の簡略版です。簡略語は敬語になりませんので、ビジネスシーンでは使わない方が賢明です。

 

お礼、お詫び、呼びかけ。どれで言っている?

このように「お礼」「お詫び」「呼びかけ」の意味がある「すみません」。自分がどの意味で言おうとしているのか、きちんと自分の頭で考えて、丁寧にほかの言葉に置き換え、しっかり口にすることが大事です。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

「極めつけ」「極めつき」どっちが正しい?うろ覚えだと恥ずかしい言葉10選

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。今日はそんな「うろ覚え」な言い回しを10個選んでみました。どうして覚え間違いをしているの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事