ヤバいオバサンにしか見えない! 男もドン引き「やりすぎ注意」な秋の流行メイク3選

メイクに季節感を意識している女性ほど、そろそろ秋メイクへのアップデートも完了する頃合いですよね。

この頃は、夏までのナチュラルテイストを引き継ぎつつも、やや色で遊ぶメイクにも、リアルに人気が集まり始めています。

「これまでしばらく地味なメイクが多かったし、この秋は少し冒険してみようかな」とお考えの40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

メイクは、トレンドばかりに走りすぎると、ときとして男ウケを逃すことがあるとはよく言われます。今年の秋の流行においても、“やりすぎ”になった途端に、男性たちに「ん?」と感じさせやすいテイストもチラホラ。

そこで今回は、“男ウケ”に注目して「やりすぎ注意」な秋メイクの特徴のお話です。

 

やりすぎた途端に「ヤバいオバサン!?」 1:ブラウンすぎるリップ

 

秋の始まりから、すでにリアルトレンド入りしている「ブラウンリップ」。

塗るだけで季節感のあるメイクにチェンジできるとあって、40代でも手に取りやすく、プチプラブランドからもたくさんの種類が出ているので、デイリーメイクに“ちょい足し”しやすいのも魅力です。

ところが「ブラウン」とひと口に言っても、その色合いはさまざま。

そして、40代女性の唇が、あまりにも“真っ茶色”だと、それだけでギョッとしている男性も多数……。

先日、とある“お食事会”に集った40代女性の口もとは、見事に全員がブラウン系リップでキメていたのですが、そんな様子に「ハロウィンメイクみたいで、怖い」「とって食われそうな集団!(笑)」「顔色悪い人、いたよね」などと、三次会でお酒も深まった頃に、男性たちが思わず本音をぽろっと口にしたのが印象的でした。

ベージュ寄りの薄づきブラウンだと、不健康に見えやすいデメリットも否めません。

ブラウンは知的かつ優雅な印象を与えてくれるカラーだけれど、あまりにも主張が強すぎる色を選んでしまうと、男ウケが狙えず、「怖い」と思われるリスクに注意です。

 

やりすぎた途端に「ヤバいオバサン!?」 2:ラメが大粒すぎるor光りすぎているグリッターメイク

 

2ヶ月後にはホリデーシーズンを控え、この秋は徐々に、グリッター系のコスメも充実の兆し。

普段使っている色みでも、ラメ感や光沢が入るだけで華やかな装いに変わるので、40代でも積極的にトライしたい流行のひとつです。

ところが先日、私がとある新製品をまぶたに塗っていたところ「ギラギラしちゃって、どうしたの!」「ゴミがついてない?」などと、その日に会った男性陣からは、容赦ない言葉を浴びせられる結果に(涙)。

と同時に、その日は「元気そうだね」と言われる機会も多かったので、どうやら40代の華やかグリッターメイクは「健康そうには見えるものの、ギラつき感が違和感を呼ぶ」のも間違いない模様です。

ところで、男性たちから不評だったのは、粒感が大きく光沢が強いグリッターアイシャドウをつけていたタイミングのみ。静かなきらめきが主張しているグリッターメイクの日には、逆に「なんかセクシーな感じ」とおおむね好評だったので、40代のグリッターメイクでは“キラキラ”までは許されても「“ギラギラ”になると、ヤバいオバサン感が出る」と心得ておくとよさそうです。

 

男ウケも悪いあの懐かしいメイクって……?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事