プロテインでダイエットするなら、朝?夜? ダイエット三原則って?

ダイエットの結果が出るまでには、落とし穴は確実に存在します。

今回は『大山式足指パッド』の結果報告のはずでしたが、肝心な結果を出す前にダイエットの落とし穴に藤井が見事はまりこみました。

しかも健康にも危険が迫っています。

待ち受けていた危機を藤井は無事に乗り切れるのでしょうか?

お楽しみください。【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.4】

前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」というポリシーのもと、
ダイエットドキュメンタリー連載を開始した藤井。
10/3の第1回では63.8㎏をマーク、第3回では『つけるだけ 歩くだけでやせる 魔法のパッド 大山式ビギナー』にトライ。

ダイエット三原則は全部重要だった!

ダイエットを成功させるには、

 

1.適度な運動 「う」

2.質の高い睡眠 「す」

3.栄養バランスの整えられた食事 「し」

 

という3つが重要ではないでしょうか。私はこの3つをまとめて「ダイエット三原則」と名付けたいです。10代から30代でまだ若さという財産がある場合は、どれか1つだけを実行すれば、ダイエットが成功することが多いのです。若さゆえに他の2つが満たされていることが多いからでしょう。

 

ところが、です。40代、それもアラフィフとなってくると、全部の原則を満たさないとやせません。正直に申し上げますと、ダイエット当事者である私は「1」だけしか実行できない状態になりまして、一時的にダイエット開始前より200g増の64キロという数値になったのですよ…。血を吐いて倒れるレベルの数値としか言えません。

 

 

fotolia_117485678_subscription_monthly_m-1

 

言い訳をしますと、原因不明の体調不良とタイトな仕事のスケジュールで「1」しか実行できなかったからです。足指パッドをつけてもなお、「2」と「3」をリカバリーできない。これがアラフィフの現実といえましょう。それだけ代謝が下がっているし、若さという財産がない分、「ダイエット三原則」すべてを実行しなきゃいけないのです。

 

足指パッドのおかげで骨格筋量は増加していますが、いまだ美脚になっておりません。たとえ「1」を満たしていても、「2」と「3」が守られていないと、太ります!また「1」と「3」を満たしていないと、「2」が満たされず、体調が回復しないので、不健康に太るという地獄に陥るわけです。

 

若さはないけど、頼れる場所はある

 

今回のリバウンド(と言っていいでしょう)で、一番大きな原因は「3」を疎かにしたことです。人間、体調悪いとやる気が起こりません。すると生活で手抜きを始めます。私の場合は料理でした。「とにかく食べればいいや」と栄養バランスをまったく考えていない食事を続けていたのです。ハイカロリーノーヘルシーフードですよ。

 

やせるわけない。体調が回復するわけもない。

 

立て込んだ仕事を片付けた瞬間、寝込む羽目になったのは当然です。しかしもっと恐ろしいことが待ち受けていました。それは肌が硬くなって、皮がむけている、という壮絶な肌荒れです。皮脂が多いはずの鼻の頭もボロボロむけている状態です。唇も当然ガサガサ…。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

HEALTHに関する最新記事