「病院に行くほどでもない体調不良」みんな正直どう治してる?【40代アンケート】

気になるけれど大丈夫な気もする曖昧な軽い体調不良ってありますよね。そんなときのセルフケアの方法を40代のみなさんに聞いてみました。するとつらくなる前に回復するための基本的な3つの回答が返ってきました。

季節の変わり目は体調を崩しやすいものです。まだその不調が軽いうちに回復できてしまえば問題ありません。だからこそ軽い不調のうちに治めてしまいましょう。もちろん予防も忘れずに!

 

1・やっぱり頼れるのは「買い置きの薬」

家に常備している市販薬に頼ります。

ちょっとくらいの不調で長時間病院で待つのが嫌だからです。

具合がもっと悪くなっちゃいそうじゃないですか……。

健康保険を考えると病院のほうが安くなることも多いけれど、待つ時間がかかりすぎるし、待つのが嫌いだからこれでいいと思います。

(40歳・独身・団体職員)

 

ドラッグストアで薬剤師さんに相談して買ってきた薬を飲みます。

ちなみに薬剤師さんに相談する理由は種類が多過ぎて自分では選べないからです。

いっぱいありますから、どれを選んだら効くかはわかりません。

だからプロに選んでもらいます。

肩こりも、頭痛も、風邪も、このほうが早く治るし、大丈夫ですよ。

(42歳・独身・会社員)

 

2・やっぱり休養がいちばん。とにかく休む!

病院に行くほどではない場合は寝ることにしています。

睡眠というよりも休養です。

横になっているだけでも、意外と回復します。

家族はウチのネコ(名前は「ふむちゃん」っていいます)と同じだね、といいますけど真似しているんです。

そのネコは私が寝転んでいると、お腹のあたりで丸くなってくれるので、心も回復します。

ネコの愛情と体温とモフモフのほうが効果があるかも、思うこともしばしばあります。

すごーく幸せな気分に浸れますからね。

(45歳・既婚・会社員)

 

本格的な不調になる前に、ぬるめのお風呂でリラックスします。

身体がほぐれていくせいなのか、これだけで結構治ってくれますよ。

なお回復のためのお風呂の場合はシャンプーなどは省きます。

本当にお湯に浸かっているだけ。

効果があるアロマオイルを入れると、もっといいんでしょうけどね。

今度はそうしてみようと思いつつ、まだ試したことはありません。

やってみたいんですが、アロマオイルを探す余裕がないままなんです。

いいアロマオイルがあれば知りたいです。

(42歳・独身・会社員)

 

不調を感じたときに「具合が悪い場所は専門家でなければ治せないところかどうか」から考えます。

でもだいたい不調って頭痛や体のだるさですから、休憩するだけで済んでますね。

水分補給と休憩で回復できてますから、私には合っているんだと思いますよ。

(44歳・既婚・教員)

 

3・熱以外の不調なら、ちょっと動いたほうが治る場合も?

予防と回復にいろんなハーブティーを飲んでいたんですが、今はストレッチをしています。

パソコンで細かい修正をしながら絵を描いていますから、頭ばっかり使ってるから不調になるんじゃないかって思ったからです。

単純に身体も使っておくとバランスがいいかもってだけで試したんですが、効果がありました。

ストレッチをするようになってから、不調になりにくいし、なっても回復が早いです。

なんとなくやってるストレッチが、いいタイミングで休憩や頭のクールダウンになっているんじゃないでしょうか。

気を付けていますが、体調って崩すときは崩れますよね。

だから最近は不調になる前にストレッチで身体をほぐしています。

ハーブティーは味が好きなものだけは飲んでいます。

ミントとカモミールは今も欠かせないものなんです。

(41歳・独身・フリーランス)

 

つらくて仕方ない不調でない限りは、軽く身体を動かすことにしています。

最近だと身体を動かす方法に散歩を選んでいます。

これがつらいと思う場合は、病院にかかるべきだとすぐに判断もできて便利です。

いい気分転換にもなりますし、ほどよく身体もほぐしながらリセットできます。

散歩の時間は「なんとなく大丈夫だな」と感じるまで続けるので、あんまり考えたことがありません。

仕事中の場合は外に行くわけにいかないので、社内を歩いています。

トイレに行くふりをすると面倒なので、さりげなくコピー機の用紙を確認したりとか仕事に必要だけど面倒ってところ目をつけて歩きます。

周りにサボっていると思われてるでしょうけどね。

(47歳・独身・会社員)

 

4・「自己判断」は危ないケースも。特に痛みや腫れは注意して

軽い不調というとわきの下に腫れものがあったんですが、別に気にしてませんでした。

それを放置し続けて15年くらいだったんですが、最近になって疲れがたまると腫れて痛くなってくるようになってしまったんです。

こうなると気になるよりも、腕が上がりにくいしキーボードも打ちにくいんですよ。

さすがに怖くなってきて、先に皮膚科に相談に行ったら粉瘤というものでした。

深刻なものではなかったんですが、部分麻酔で切開して……とメンタルがやられそうな治療で、自宅でのケアも面倒でした。

こういうことを体験すると、あまり「軽いから大丈夫」は良くないんじゃないかと今は思ってます。

(49歳・独身・フリーランス)

 

会社員時代だから30代の終わりかそのくらいの話です。

生理前と生理中の不調がひどかったから、鎮痛剤を必ず用意して、なんとか避けてました。

でも毎月つらいことを会社の先輩に相談したら、早めに診察受けたほうがいいとしつこく勧められました。

それに病院も紹介されたので仕方なく行ったんですよ。

会社って先輩の顔を立てる必要がありますからね。

紹介された病院の先生が良い方で良かったんですが、そこで診察を受けたら深刻な病気の発見がありました。

もう少し発見が遅かったら、と思うと怖かったですね。

今もあの先輩には感謝です。

この経験があるので、軽い不調を甘く見ないようにしています。

更年期もあるので、私は軽くても病院に行きます!

(48歳・既婚・飲食店経営)

 

■次に読まれているのは■

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント

ダイエットに「カンタン白湯」。冷えも不調も撃退した私のコツは 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク