「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

2018.08.20 WELLNESS

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹? むっちりヒップ?

いえいえ、実は違うんです!

「オバさん体型」に見えるダメポイント

オバさん体型に見える原因、それは姿勢です。

昭和のドラマ『スチュワーデス物語』を覚えているでしょうか? あのドラマの中でスチュワーデス役(いまはキャビンアテンダントと言いますね)の堀ちえみが頭の上に本を乗せて、姿勢正しく歩行と立位の練習をしていました。今でもやってみると、背筋がスッと通ります。

身体は日々積み重ね次第で、良くも悪くも姿勢は出来上がるので、油断している時など下腹ぽっこりのオバサン姿勢になっていませんか?実年齢より老けて見えるのは立ち姿勢のせいかも?ここは基本をもう一度、正しい立ち姿勢を再確認してみましょう。

 

脱オバサン姿勢するには

疲れてくると崩れやすい姿勢は、一気に老け印象です。

最近よく見かける姿勢は、スマホを片手にダラダラと立っている人の姿勢なのですが、スマホを持つ手の肘をよこっ腹で支え、お尻は垂れて骨盤は後傾、下腹ぽっこり、首が前に倒れてストレートネックで猫背、頭が下がって二重アゴ、挙げ句の果てに眉間にシワを寄せてスマホを睨んでいる……

近づきがたいマイナスな老け姿勢を、タクシーや電車を待つ間に見かけます。ふとした無意識の時に訪れるオバサン姿勢は、本人に自覚がないのが怖いですね。

運動不足だったり、身体の動きが鈍く感じたら基本に立ち戻ってみましょう。意外にも片足荷重だったり机に肘をつくなど、身体の動かし方にパターンや癖がついていて、長年の歪みが生じ心身の不調を招いている場合もあるかもしれません。

 

姿勢っていう感じは、姿の勢い。自然体でその場にいるだけでイキイキとした勢いを感じる姿なのですね。それは若々しい姿ということなのかもしれませんね。

 

オバ体型を防ぐ、立ち姿勢3つのポイント

鏡の前で立ち姿勢をチェックしてみましょう。

肩の力を抜いて、両足を腰幅に開いて立ちます。

 

①肩の高さは水平ですか?

②骨盤の左右の高さは水平ですか?

③横から見て、 骨盤が後傾していたり、前傾(反り腰)していたりしませんか?

 

鏡の前で正しい立ち姿勢を身体の感覚で覚えましょう。

日常で姿勢が崩れた時や、ここぞ!という時のために、正しい立ち姿勢の3つのポイントをおさらいし習慣化させておくとデキる大人の女性に見えますね。

 

さらに細かく美脚、美姿勢チェック

凛としてスッキリとして見える女性は、やはり姿勢が良く呼吸が穏やかです。何をするにも基本は大切なので、細かく立ち姿勢を確認して見ましょう。

 

・美脚な立ち方をチェック

両足を揃えて前から見てチェック。

O脚やX脚はくるぶし、ふくらはぎの内側、膝、内腿の4点がくっついていれば、足のバランスは真っ直ぐです。さらに膝が正面に向いていて、足先も正面に向いているのも美しい足の条件です。

 

・美姿勢をチェック

壁に背中を付けるようにして立位チェック。

横から見て、壁に触れている部分は、踵、ふくらはぎ、肩、後頭部の4点がついている状態で、自然な呼吸が続けられますか?頭頂は天井へ真っ直ぐ向けます。

 

横から見た姿勢も正面から見た姿勢もくまなくチェックしてみると、それだけで3歳くらい若返った気がします。

きちんと立つだけでも程よいトレーニングになり、動きやすく疲れにくい身体になります。正しい姿勢を意識して過ごすと内臓の働き、身体の中心軸バランス、精神的にも安定し健康的になります。

定期的に立ち姿勢のチェックしてみてくださいね。

 

安藤さんの個人ワークショップに参加するなら!
神奈川県 葉山港 鐙摺
詳細は、https://kokucheese.com/event/index/527338/

スポンサーリンク