あなたは経験ありますか? 人生で初めて「痴漢にあった」かもしれない話

あなたは痴漢にあったことがあるでしょうか? 私は46年間の人生で幸いなことにその被害経験がありませんでした……今までは。

でも、本当に腹立たしく悔しいことに、人生で初めて痴漢にあったかもしれないのです。

 

2017年に発生した痴漢件数

電車での痴漢行為は、ほぼ迷惑防止条例違反にあたります。警視庁の調査によると、平成29年(2017年)中、東京都内での痴漢(迷惑防止条例違反)は約1,750件発生したとあります。

発生の時間帯は、7時~9時の通勤通学時間帯に約30%が集中し、次いで18時~19時の帰宅時間帯。また、痴漢の発生は電車内が51.3%なのだそうです。

私が痴漢にあったであろう件は、帰宅時間帯の電車内でした。

 

金曜日の19時過ぎ、山手線

それはある金曜日、打ち合わせが終わった後のこと。同僚と別れ、19時ごろ目黒から新宿方面のJR山手線に乗車しました。

帰宅ラッシュの時間帯のため、ものすごい混雑ぶり。目黒を発車するときは混雑が激しいドアの付近に立っていました。

恵比寿駅で降りる人もいましたが、乗客はさらに増加。しかも「後続の電車が遅れているため運転間隔の調整で停車します」となり、よりいっそう車内はすし詰め状態に陥ったのです。

私は一番混雑しているドア付近から、少しは混み具合がマシな座席前に移動し、つり革につかまり立っていました。乗客がどんどん乗ってきたため、その位置でさえも大混雑。そして電車は渋谷にむかって発車しました。

 

「点」で密着する何か

左右の乗客とは体が密着、後ろの乗客とは恐らくカバンであろうものが密着。帰宅ラッシュの時間だから仕方ないと思って、その状態のまま電車に揺られていました。

けれど、右斜め後ろの太ももあたりに何か違う密着するものを感じたのです。体やカバンと密着する感じとは違う何か。体やカバンは「面」で密着しているのだが、右斜め後ろからは「点」で密着している感じ。

何かおかしい……。

そう思って動かしにくいながらも体をひねって、右斜め後ろを見ました。その瞬間、そこにいた男がデニムのファスナーをサッと上げるのを目撃したのです。

つまり、さっきまでファスナーを下ろしてたってこと? 痴漢、だよね⁉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク