あなたは経験ありますか? 人生で初めて「痴漢にあった」かもしれない話

とっさに私がやったこと

とっさにその男性を斜めからジッと見ながら、ハッキリした声で言いました。

アサミ「アンタ、いまなにやってたの?」

男「何もやってないですよ」

私の顔を見ずにぬけぬけとそう言った男。さっきファスナー上げているのを見たのに!

アサミ「ファスナー上げてたよね?」

男「上げてません」

アサミ「見ましたよ」

男「何もしてませんよ」

そう言われると何かしていた証拠を探すしかありません。混雑で見にくいながらも、そのときはいていたロングスカートが汚れていないかチェックしたが、特に何も変化はなし。

周囲の人は誰もノーリアクション。私とその男の会話は聞こえているだろうけれど、誰もノーリアクション。男の後ろに立っていた白いイヤホンをした男性と一瞬、目が合ったけれど、サッと目を逸らされました。

 

痴漢疑惑の男の風貌

痴漢にあったという証拠は何もない。あるのはただ、私の不快な感覚とファスナーを上げる一瞬を見たということだけ。

男の腕をつかんで渋谷駅で降りようか? 恵比寿から渋谷に向かう電車内でその男を斜め前からジッと観察しながら、どうしようか考えました。

身長163cmで7㎝のハイヒールを履いていた私よりはちょっと背が高い。173cmくらいか。黒のパーカーにデニム、黒ブチのメガネ。髪はほんの少し白髪がある短髪の黒髪。年齢は30代後半から40代前半という感じ。

帰宅途中の会社員という感じではないけれど、ものすごく怪しい感じでもない。太っても痩せてもいない、中肉中背。カジュアルな服に身をつつんだ、フツーっぽい男。

 

渋谷駅に到着して

こういう男が痴漢みたいなことするんだ。そんなに体が大きいわけでもないし、とりあえず今は静かにしておいて駅に着いたところで捕まえよう、と考えました。

渋谷駅に到着。

即座に男の腕を掴んだけれど、私よりドアに近い場所にいたその男は、逃げるように振り払ってホームへ降りていきました。私も急いで追いかけたけれど、ホームに降りたときにはもう、その男の姿を見失ってしまいました。

結局、逃げられたわけです。

ただ、ホームで捕まえたとしても何の物的証拠はなかったし、第3者による目撃談もなかったわけで。

痴漢行為に対して声をあげたとしても、捕まえることも、証明が難しいことも実感しました。

スポンサーリンク

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

岩井志麻子 43歳で再婚した私が「40代の結婚」で大切だと思うこと

私の場合、最初の結婚は二十三歳、今も続く再婚は四十三歳のときだった。結婚というものは本当に人それぞれ、人の数だけ形はあると思うが、初婚のときはわりと何もかもが平…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

おひとりさまには理由がある? 40代独女の特徴「○○ない」性格

40代で未婚・独身という女性が、それほど珍しくはなくなってきている。国立社会保障・人口問題研究所の2015年の調査でも、女性の生涯未婚率が14.06%という過去最高の数字…

岩井志麻子「そろそろ閉経…」と思い始める40代女性に伝えたいこと

私自身が五十代も半ばとなり、閉経もした。少なくとも自然の状態、つまり医療行為をしない状態であれば絶対、妊娠はしない。当然、出産もない。50代になって思うこと子ども…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まっ…

「出会いがない」は言い訳。独身者が結婚しない、本当の理由

30代以上の男女が独身でいる理由の第1位は「適当な相手にめぐり会わないから」。国立社会保障・人口問題研究所が発表した第14回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

写真映え抜群! シンガポールの「最新フォトスポット」4選 2019

新しい観光スポットが続々誕生しているシンガポール。絶景スポットはつねに進化しています。自然と人工、水や光を駆使した、最新&未来的で写真に撮りたくなるシンガポールの絶景スポット4選をご紹介します!【シン…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事