一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。

汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。

今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。

男性に「女性のニオイに関するガッカリエピソード」を伺ってみました。

CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

 

 

最悪クサイ1・冬場の悩みはこれに尽きる!ブーツ臭

「仕事関係で知り合った年上女性を、思いきってデートに誘いました。奮発して老舗の和食店。奥の個室に通された彼女がブーツを脱いだとたん、むわ~んと納豆に似た匂いが。それが吐き気をもよおすほど強烈だったんです。拷問か罰ゲームにも近い悪臭に、口説くどころか、食事も満足にできませんでした。(出版・35歳)

 

「中華レストランに、人気ホステスと同伴した際、『えっ、靴を脱ぐの?』といきなりアタフタしだした彼女。高級ブランドのブーツを脱いだら、なんと毛玉だらけの靴下をストッキングの上から穿いていたんです。『サイズ調整』と言っていたけれど、穿き古した靴下の匂いと、人気ホステスとは思えぬ装いに、ガラガラと夢は壊れ、一気に熱が冷めました。(運輸・42歳)

 

冬ならではの「ブーツあるある」ですね。デオドラントケアとともに、あらかじめ「靴を脱ぐ店か」確認する、最悪「ちょっと先にお手洗いへ」で脱ぐなり何なりするのが得策です。

 

最悪クサイ2・頭皮にはいいかもしれないけれど…湯シャンの頭皮臭

「以前から、『この人、なんか臭いな~』と思っていた事務職の40代女性が、湯シャン歴1年であることが判明。本人は「毎日湯シャンしているから、匂わないでしょう?」と笑顔で訊いてくるけれど、はっきりいって匂います。誰も言わない、言えないだけ」(食品メーカー・38歳)

 

「なぜ湯シャンをしている人は、自信満々で『湯シャンで綺麗に洗っているから、臭くないの』と言えるんだろう。髪と財布には優しいかもしれないけれど、周囲の人間には全然優しくない!」(不動産・45歳)

 

最近、耳にする、「湯シャン」は、その人の体質や食事内容、ライフスタイルによって、かなり効果が異なるようです。

一部の人には「抜け毛防止」「白髪防止」「ツヤ髪」に効いても、万人に当てはまるとは限りません。もちろん、「悪臭」だってしかり。

周りが臭いと指摘にしにくい場合もありますから、家族など身近な人に訊いてみるといいかもしれません。

 

最悪クサイ3・ダイエット中の人特有?甘酸っぱい体臭

「糖質制限しているという彼女の体から、時おり日本酒の腐ったような臭いが漂ってくるようになりました。これが噂のケトン臭?と思いつつ、デリケートな話題だけに、なかなか言い出せません」(商社・40歳)

 

イベントの多い冬に向けて、糖質制限、食事制限をしている女性も大勢いると思いますが、あまりにもハードなダイエットは口臭や体臭の原因に。

その中でも、ケトン臭と呼ばれる甘酸っぱい香りが出てきたら、危険信号。
飢餓状態になった体がSOSを出しているんですって。
匂い対策と健康のためにも、極端なダイエットは控えたほうがよさそうです。

 

 

最悪クサイ4・やりすぎ!柔軟剤、香水そしてアジアンお香

「僕の彼女は、香水に柔軟剤、髪にもフローラルのヘアオイルを愛用。様々な匂いがミックスされて、人工香料に敏感な僕は、デート中に咳き込んでしまうこともしばしばです。以前、ペットショップの前を通りかかった時「わあ、可愛いチワワ。抱っこしたーい!」と、彼女が店内に入ろうとしたため、思わず止めてしまいました。嗅覚の鋭いペットには地獄でしょうから」(旅行・36歳)

 

「アジア雑貨が好きな女友達の家に行った時のこと、ドアを開ければいきなりお香の匂いが漂ってきました。思わず「臭ッ」と言いそうになったほど。部屋に通され、しばらくしたら全身汗がダラダラと噴きだして動悸もし激しくなってしまい、早々に退散。あれはキツかった」(SE・40歳)

 

「目的地まで10時間かかる海外出張の際、隣の女性の香水がきつくて、CAに事情を話してシートチェンジしてもらいました。満席だったらと思うと、ぞっとします」(商社・43歳)

 

自分が良かれと思っている香りが、必ずしも他人にとって「いい香り」であるとは限りません。
人によっては、頭痛や息苦しさ、アレルギー反応に繋がるとか。

イベントやホームパーティも多いこれからの季節、特に気をつけたいですね。

 

 

【LOVEカテゴリーでは、この記事が読まれています!】

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】こんな40代独身女性に注意!男性ががっかりする理由3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

男のホンネ!「好きだよ」と言わなくなった男の裏に隠れた5つの理由

初めは良い雰囲気でいた二人なのに、気づけば、彼からの連絡が減っている。デート中も以前ほど盛り上がらない。――恋愛の悩み・すれ違いは、永遠のテーマですね。でも少し考えて下さい。あなたは気づかぬうちに「男を…

ついついやってない? 40代独女が「無残なくらいモテない」10のNG

今年も残すところあと4カ月。「年内には結婚相手を見つけたい!」と願う40代女性も多いことでしょう。さて、多くのモテコラムを書かせて頂いたところで、再度「モテない40代独女のNG言動」を確認してみましょ…

これはダメだわ!「モテない40代独女」がとる5つのダメ行動

40代の恋愛は、多くが「結婚」を意識したものになります。しかし現実は厳しく、とある婚活アドバイザーは「女性35歳限界説」を唱えています。よりよい子孫を残すため、男性は「若い女性との結婚を望む」という生物…

「目で見るだけでシミが増える」?意外に知らない紫外線の話

夏本番となり、気温も日差しも強まるばかり。美肌ケアにいそしむアラフォー女性には、もっとも酷な季節の到来です。美肌の秘訣は「保湿・紫外線カット」が基本ですが、今回は「美白」に対してアプローチしてみましょ…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事