将来が不安なときこそ「ポジティブ妄想」をどんどん言葉にしていこう!

忙しい毎日を過ごしていると、心地よい夢を見ることすら、なんだか億劫な気持ちになることがありませんか。

 

夢から醒めたあとの現実は、あまりにかけ離れているものだから。

 

『夢』のカードを引くと、解説の文章にこう書いてあります。

 

あなたには夢があります。

まだ自分でも気づいていないかもしれませんが。

当面の持ち場を丁寧にこなすことによって、

夢の方からあなたに声をかけて来るようになるはずです。

 

現実逃避のようなことばかり妄想しちゃって、夢から醒めたあと、そんな都合のいいこと起きるわけないよね、なんて冷静になってしまう。

夢を叶えると言っても、何からはじめればいいのか、よく分からない。

 

簡単に叶えられる夢なら、こんなに億劫な気持ちにもならないし。

 

それでも、カードによると、ポジティブな妄想力を継続していると
夢のほうからやってきてくれるそう。

 

本当かしら。

 

まあでも、心地よい妄想を鮮明なイメージにしていく作業は
思いのほか難しい。それでいて、けっこう楽しい。

 

気持ちのプラスとマイナスを操作するのはなかなか大変だけれど、
自分でひいたカードの言葉にしたがって、未知なるうれしい変化がやってくること、もう少し信じて歩いてみようかな、と思いました。

 

そんなこんなで、今回の覚 和歌子さんのエッセイテーマは『夢』。

 

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』で知られる、詩人の覚 和歌子さんのタロットカード「ポエタロ」(ポエム+タロット)から、毎話1テーマずつメッセージをお届けします。

 

いつもより明るく素直な気持ちで明日が過ごせたら、何かいいこと起きるかな。

 

【夢】迷わず光の射す方へ

よく眠る方だ。
寝る子は育つと言うけれど、
いまさらわたしに何が育っているのかと思うとちょっとコワイ。

 

「夢」と「イマジネーション」とは同じ意味だ。
「妄想力」とも言うけれど、
うまく使わないと要らぬストレスを抱えてしまったりもする。

 

たとえばほめられたとき。
ほめられなかったことの方に焦点を合わせてしまい、
「ほめるところを必死で見つけてくれようとしているんだわ」だの
「ほめたところ以外は良くなかったという意味なのね」だの、
”ネガティブ妄想”をたくましくしてしまう。
なんと、もったいない。

 

素直に喜べないひとが
本当は賞賛と承認がほしくてたまらなくていることはみんな知っている。

 

ほめられたら素直に喜べばいいのだ。
そうするだけでほめられることは不思議とふえていく。

 

ところで「夢は言語化すると実現する」と言われている。

 

言霊との付き合いを生業にしている詩人が言うのだから間違いない。
特に日本語という言語はエネルギーが強い。

 

日本語の語彙の数は英語の十倍である。
物事を細かい目盛りで表現できる、
つまりポテンシャルが高い言語だということだ。
日本語を母語とする私たちは、
できるだけ明るくて力強いことだけ口に出したいものである。

 

実現させたいこと、やるべき使命が明確になっている人ほど
なぜか頻繁に引き当てるのがこの「夢」のカード。

 

みんなこのカードをお守りみたいに携えて、
光の射す方へ迷わず歩き出していく。

***

 

覚 和歌子

©FUKAHORI mizuho

詩人・作詞家

山梨県生れ/千葉県育ち。早大一文卒。平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。01年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『はじまりはひとつのことば』(港の人)、『2馬力』(ナナロク社)など。エッセイ、絵本、翻訳など著作多数。映画監督、脚本、舞台演出、朗読、自らのバンドを率いてのソロライブ、米国ミドルベリー大学日本語学特別講師など。詩作を軸足にマルチな活動を展開。

***

 

「ポエタロ」とは?

「ポエムタロットカード」を縮めた名前、『ポエタロ』。

47枚のカードにはそれぞれ、美しくやわらかい日本語の詩と、かわいらしくも不思議な魅力のあるイラストが描かれています。

使い方はいたって簡単。シャッフルしたカードの中から、その時の直感で1枚、あなた自身のためにカードを引いてみてください。1日のはじまりにその日の指針を得てもいいし、なにか大きなチャレンジの前や、なかなか超えられない壁に直面しているときに。

そのときの気持ちや環境にリンクした、やさしい詩とメッセージが、次の1歩を踏み出す勇気や確信を与えてくれる不思議なカードです。あなたの心強い味方になってくれるはず

 

Amazonはこちらから

『ポエタロ  いのちの車輪をまわす言葉』

覚 和歌子・著 石川 勇一(相模女子教授)・監修 大野 舞(Denali)・画 カード47枚 ガイドブック付き 3,780円(税込)/地湧社

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

「本来の自分らしく」生きたい人に。今あなたが見落としていることは

つい、明日の仕事のことや遠い将来のことをぐるぐる考えてしまって、ふと頭によぎる、ささやかな興味や関心は後回しにしていませんか?なんなら、そのまま忘れてしまったりして。『種』のカードを引くと、解説の文章…

歌うことが好きならば「責任を取れる」のかもしれない【タロット】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。今回のワンテーマエッセイは「歌」です。【歌】あなた自身を響きとしてふるわせよう子どもの頃からずっと歌ってきた。小学校…

どうか、「ありのままの自分の声」を出して。このカードを引く人の内面は

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。あなただけの言葉があり、あなたにしか歌えない歌がある。ありのままの自分に気づくためには、あなたの「声」は。【声】声は…

このカードを引くひとは「土」に引きよせられている【覚 和歌子エッセイ】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。彼女が手がけたオラクルカード『ポエタロ』の、各カードのテーマに沿って執筆されたプチエッセイです。第2回目のテーマは「…

迷い悩み、立ち止まる私たちに「ことば」はいつも寄り添う【覚 和歌子エッセイ】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞でも知られる、詩人の覚 和歌子(かく わかこ)さん。彼女があるとき偶然の出会いを得て作り上げたのが、「ポエム」+「タロット」の「ポエタロ」です。空から…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事