3兆円以上の効果がある?日本を動かす「オンナの宴」の実態

男子禁制の秘密の花園“女子会”。その経済効果は約3兆7000億円に上り、2020年東京オリンピックの経済効果を大きく上回ると言われています。今や日本経済を動かしている“女子会”ですが、なぜここまで著しい成長を遂げたのでしょうか。

女子会の経済効果は「〇〇女子」が大きく関係している!?

https://jp.fotolia.com/id/157485515#

10月29日放送の「新説! 所JAPAN」(フジテレビ系)では、“女子会の実態”について大特集。「女子会」と一口にいっても種類は様々で、リムジンを貸し切って行う“リムジン女子会”は1人当たり約11800円もかかるとか。

もちろん女性の所得金額が増えたわけではありません。ではなぜ女性たちは女子会にお金をかけるようになったかというと、その秘密はどうやら“女子会”というネーミングに隠されているようです。

そもそも“女子”とは女子アナウンサーや女子プロレスラーなど、「女子=働く女性・強い女性」のイメージが始まりでした。しかし2007年頃から女性誌などで「女子」という言葉が多用されるように。その背景には「大人になりたくない」と考える女性たちに、“いつまでも可愛くていいんだよ”という意味合いから「女子」が使われるようになったといいます。案の定このパワーワードは多くの女性たちの心を掴み、たちまち話題になりました。

さらに2010年には各地の飲食店で「女子会プラン」がスタートし、2013年には「女子〇〇」の呼び方が「〇〇女子」に変わり始めます。甲南女子大学准教授・米澤泉先生によると、「〇〇女子」は男性の多い分野でも女性を進出しやすくさせたとのこと。小さな言葉の変化が女性の在り方を変え、今では女性たちが日本経済を大きく動かすまでの存在になったのです。

女子会での話題ランキング第1位は…?

めちゃコミックが発表した「女子会に関するアンケート調査」によると、約8割以上の女性たちが女子会を経験しているそう。さらに約5人に2人が、2.3カ月に1回の頻度で女子会に参加。実際にネット上でも「今日は味噌カツの名店でふたり女子会!」「これから女子会ランチに行ってきます」など、女子会に意気込む声が多く見られます。

では実際に彼女たちは、女子会でどのような話題で盛り上がっているのでしょうか。同調査では、年齢ごとに「女子会での話題」についてアンケートを実施。まず40代・50代のランキング第1位には、両者とも「仕事の話題」がランクインしました。

続いて40代の第2位には「友人・知人の噂話」、第3位は「健康の話」という結果に。さらに少数派の意見には、「お金の話題」「恋愛相談」「恋人の愚痴」「嫌いな人の悪口」などがピックアップされています。

いっぽう50代の第2位には「健康の話題」がランクインし、3位以降には「友人・知人の話」「ファッション・美容」「自分の将来のこと」などが並びました。どうやら年を重ねるにつれて、女子会の話題も少しずつ変わっていくようですね。

経済効果まで巻き起こす“女子会”は、今後どのような盛り上がりを見せてくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

働く40代女性がリアルに愛用している「通勤バッグ」4選

働く女性には使いやすいバッグが必要です。条件はあれこれありますが、40代になってくると、A4サイズが入ることをあげる人が増えます。そこでリアルな働く40代女性に愛用し…

職場の人間関係がストレスな40代に!「これでちょっと改善した」働く女性の5つの知恵

なんだかんだで、オフィスの最大の悩みは、お仕事そのものではなく「人間関係」! この悩みを避けるわけにいきません。そこで、働くリアルな40代に「オフィスの人間関係を…

岩井志麻子 下品に思われる「言葉遣い」のお作法について

下品なエロ話ばっかりしているオバサンと、世間では思われている私。それはまったくもってその通りなんだけど。常に下品なエロオバサン、ではない私を全然知らない人の中に…

リアル40代のリピ買い&愛用「100均グッズ」7つ

生活用品から食品に雑貨まで、なんでもそろっている便利な100均ショップ。すでにお得に利用する知恵も常識になっています。そこでリアル40代はどんなものをリピ買いしてい…

飲み会での料理の取り分け、嬉しい?やめてほしい?40代の意見を調査したら

オトナサローネ執筆陣「オトナ組」に毎週1つずつ質問する【オトナ組アンケート】。今回は、食事や飲み会の席で起こる女性の料理の取り分け問題。実はとあるSNSでこんな投…

みんながやっている「若見えするコツ」は、今すぐできるものばかり⁉【オトナ組アンケート】

執筆陣も「40代の働く女性」なオトナサローネ。その執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】は、40代のリアルな知恵にあふれています。今回はみなさんの「…

気になる!あなたの2019年上半期の運勢は……?【今週の人気記事】

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、占い記事が人気でした!12月に入り、来年の運勢が気になってくると…

【オトナの手土産】ビジネスにも友人にもよろこばれる。老舗&名店の頼れる4品

手土産を渡すシーンが多くなるシーズンです。大切なビジネスの相手にも、いつもお世話になっているプライベートの友人にも。「これさえ選んでおけばまちがいない」と、安心…

1000円前後で選ぶ!最近リアルに贈って喜ばれたコスパな手土産6選

オトナサローネ執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】。今回は、1000円前後のコスパよし!で高評価な手土産をご紹介します。皆さんただ「ウチの近くで買…

おばさんの境目は45歳! しかし年齢だけでない“おばさんジャッジ”の要因

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。世の中には、面白いアンケート調査がいっぱい。私も仕事柄様々なアンケートに目を通すのですが、最近ではBIGLOBEが発表した「年齢に関する意識調査」が実に興味深い内…

まだほんの序章に過ぎない…?“2019年の値上がり商品”コレだけは押さえておけ!

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。2019年は早くも“変化の年”になりそうな予感。元号や消費税などあらゆるものが変わりつつありますが、中でも私が注目しているのが“物価の値上げ”。人気テーマパークから…

ブーツカットはもはや時代遅れ!? 世間から“痛い”と思われる「勘違いファッション」

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。ファッションは、女性をより輝かせるマストアイテム。しかしその着こなし方を1歩間違えると、自分の意志に反して“マイナスの効果”を生み出してしまう可能性が。「体型…

70代の親を持つアラフォー世代必見! 緊急時に大活躍する“命のバトン”って何?

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。みなさん突然ですが、「命のバトン」ってご存知ですか? 70代の親を持つ方必見のアイテムなのですが、知っている人はほんの一握り。かくいう私も、最近になって知りま…

マツコも思わず「応援してねーよ!」 ボディビル大会のかけ声が独特すぎると話題

筋肉が好きな人もそうでもない人も、見事なマッチョに目を奪われてしまった経験はありませんか。最近ではマッチョの筋肉だけでなく、マッチョを応援するための“かけ声”が話題に。今回はネット上で大きな注目を集める…

話題の漫画家・柴田亜美の極限美容に見る「51歳美女のつくりかた」

「南国少年パプワくん」(エニックス)や「自由人HERO」(集英社)など、数々のヒット作を手掛けた超人気漫画家・柴田亜美さん。10月30日放送の「ザ! 世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演し、その相変わらず…

ネコは他の動物に比べて研究が進まない…その “ネコさまらしい”理由って何?

今、世の中は空前の猫ブーム。昨年の猫の飼育数が永遠のライバル・犬を初めて上回り、SNS上では可愛い猫の画像をアップする“ニャンスタグラマー”が急増しています。そんな多くの人々を魅了し続ける猫ですが、10月11…

合コンの時代はもう終わり!? 人気急上昇中“マッチングアプリ”の実態を徹底追及!

「理想の人に出会いたい」という男女の切実な願いを叶えてくれる“マッチングアプリ”。10月10日放送の「ねほりんぱほりん」(NHK)では“マッチングアプリにハマる人”をクローズアップし、その人気の秘密と実態につい…

BMIを広めたのは保険会社の陰謀? 林先生も驚く衝撃事実

ダイエットに取り組む際、気になるのが体重と体脂肪率、そして“肥満指数”とも呼ばれる「BMI」ですよね。しかし今年10月に放送された「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)では、“BMIは金儲けのために広められた適当な…

「だめんず・うぉ~か~」作者が教える“こんな男に気をつけろ”

「だめんず・うぉ~か~」(扶桑社)で知られる漫画家の倉田真由美さんが、10月8日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。“だめんず”に騙されないための方法を教えてくれました。だめんずを見分けるプロフ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事