お願いだからやめて…! 婚活中にオトコが不愉快になる「無粋なひと言」3句

「婚活しています」を公言している男性でも、プライベートにズケズケと入られるような話題は「できれば、遠慮してほしい」と思っているのも本心。

しかし“婚活”の場や、結婚を前提にした紹介話で出会った女性から心ない質問を浴びせられて「お願いだからやめて……!」と感じてしまうシーンも珍しくないようです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが不愉快な思いをしたという“40代女性の無粋なひと言”を3パターンご紹介します。

 

うっかり「図々しいオバサン」に思われるひと言1:「なんで結婚しなかったんですか?」

 

「婚活で知り合って、まだ日も浅いのに『なんで結婚しなかったんですか?』とかって聞いてくる女性、なんなんですかね?

それを聞いてどうなるのって感じもするし、そもそも“なんで”って聞かれても『縁がなかった』とか『結婚したいと思える人と出会わなかった』くらいしか答えが思いつきません。

知り合ったばかりの人に深い話をするわけでもないのに、なぜ40代の女性にはこの質問をしてくる人が多いんですかね?」(44歳男性/SE)

「婚活で知り合った女性から『なんでその歳までおひとりだったんです?』とか聞かれても、そんなのこっちが知りたいくらいです。

若い子が興味本位で聞いてくるのはテキトーにあしらえばいいけど、ガチンコで婚活として出会った40代女性に言われても『じゃあ君は?』って感じだし……。

結婚は縁やタイミングも大きいから、これを聞いたって、先の展開には参考にならないんじゃないかなって思うけど、この質問をしてくる40代女性って本当に多いです」(47歳男性/会社役員)

 

女性側の心理としては、素敵に思える男性がずっと独身だったと知ったときほど「過去に悲恋があってタイミングを逸したのかしら」「ずっと引きずっている相手がいるのかも?」、はたまた「性格に難があって、結婚したくてもできない系……?」などと頭によぎりがち。

しかし確かに、この質問に対していちいち深い自己分析のもと真摯に回答する男性は少数派だけに、単なる無粋な質問にしか聞こえない点も否めません。

 

うっかり「図々しいオバサン」に思われるひと言2:「どんな女性と付き合ってきたんですか?」

 

「婚活関係で知り合った女性とは、どうしても過去の恋愛の話も多くなりがちだと思います。

でもね、よく『これまで、どんな女性と付き合ってきたの?』って聞かれるけど、あの質問は正直、苦手。

過去の彼女のタイプも性格もバラバラだし、だいいち、昔の話を聞いたってこれから先のこととはあんまり関係ないんじゃないかなって思うんですよね。

どこまで話せばいいのかも迷うし、この質問が飛び出すと、いつも答えに困ります」(42歳男性/SE)

「気になる相手の過去を知りたいって気持ちは理解しますが、これまで交際してきた女性のことをストレートにズケズケと聞いてくる40代女性は、デリカシーなさすぎと思う。

自分にも可能性があるのかを知りたくてタイプを聞いているつもりかもしれないが、惹かれる相手なんて、そのときによって違いますからね。 

答えるのが面倒に感じる質問です」(43歳男性/地方公務員)

 

過去の恋愛話を尋ねられても、経験豊富な男性ほど、答えに詰まってしまうのも実態でしょうか。

年齢を重ねるほど、ひと言で答えるのにも困難を感じ「無粋な質問だよなぁ」と思う男性も増えがちかも?

 

うっかり「図々しいオバサン」に思われるひと言3:「モテそうなのにねー」

 

「フリーだから婚活してるのに『モテそうなのに意外』とかって言ってくる40代は、本当に失礼。

というか『モテる』ことと結婚相手を見つけることは、実際には深い関係がないことは、大人にもなれば、もうわかっていていいはず。

それなのに、社交辞令のようにこの言葉を口にする40代は軽いし、浅はかな感じがして苦手です」(47歳男性/会社経営)

「婚活で出会った女性に『モテそうに見えるのにねー』とかって言われると、その上から目線な評価の仕方にイラッとしますね。

褒めているつもりかもしれないけれど、“モテそうに見えるのに、結婚していないのはなぜ?”的な含みも感じるし、そもそも僕の何を見てそう言っているのかも謎。

安っぽい会話にも聞こえるし、図々しい系のオバチャンがよく口にしている気がします」(41歳男性/飲食店勤務)

 

婚活の場で出会った場合でも、あるいは婚活を公言している男性との雑談でも、悪気なく発した言葉が彼らの頭にネガティブな感想を抱かせることも。

口癖のように使っていた40代女性のみなさまは、ぜひご留意を。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

ズバリ!お金が貯まらない人の「ポーチの中身」ありがちな3大NG

「お金が貯まらない……」が口グセのようになっている人には、生活習慣にも共通点があると言われています。40代ともなれば、それなりに収入も安定し、趣味や遊びにかけるに十分な稼ぎがある女性も少なくありませんが「…

男に「抜け感」は伝わらない! 「不健康そう」と思われる40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

それはナシ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

これはダメ…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女のニオイ

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事